36. Liveのキーボードショートカット

36.1 ビューの表示と非表示

Windows

Macintosh

フルスクリーンモードに切り替える

F11

CTRL-CMD-F

セカンドウィンドウに切り替える

CTRL-Shift-W

CMD-Shift-W

セッション/アレンジメントビューに切り替える

Tab

Tab

デバイス/クリップビューに切り替える

Shift-TabまたはF12

Shift-TabまたはCTRL-F12

詳細ビューを表示/非表示

CTRL-ALT-LまたはShift-F12

CMD-ALT-LまたはCTRL-Shift-F12

ホットスワップモードに切り替える

Q

Q

ドラムラック/直前に選択したパッドの間で切り替える

D

D

インフォビューを表示/非表示

Shift-?

Shift-?

ビデオウィンドウを表示/非表示

CTRL-ALT-V

CTRL-ALT-V

ブラウザーを表示/非表示

CTRL-ALT-B

CMD-ALT-B

オーバービューを表示/非表示

CTRL-ALT-O

CMD-ALT-O

入力/出力を表示/非表示

CTRL-ALT-I

CMD-ALT-I

センドを表示/非表示

CTRL-ALT-S

CMD-ALT-S

ミキサーを表示/非表示

CTRL-ALT-M

CMD-ALT-M

環境設定を開く

CTRL-,

CMD-,

ウィンドウ/ダイアログを閉じる

ESC

ESC

36.2 メニューの選択

Windowsでは、Altキーとメニュー名の最初のアルファベットを押してメニューにアクセスすることができます(たとえば、[ファイル]メニューへのアクセスにはAlt+Fキーを押します)。メニューが開いている場合、以下のキーを使用できます。

  • 上下矢印キーでメニュー項目を選択
  • 左右矢印キーで隣のメニューを開く
  • Enterキーでメニュー項目を選択

macOSでは、Cmd+?を押してメニュー項目に個別にアクセスできます。検索フィールドが開き、入力するに従って予想されるメニュー項目が表示されます。オプションを選択するには、上下矢印キーを押してオプションを選択してからEnterキーを押します。

36.3 数値の調整

Windows

Macintosh

デクリメント/インクリメント

上下矢印キー

上下矢印キー

ドラッグする際の解像度を上げる

Shift

Shift

デフォルトに戻る

Delete

Delete

数値で入力

0...9

0...9

次のフィールドへ移動する(小節.拍.16分音符)

.-,

.-,

数値入力を中止

ESC

ESC

数値入力を承認

Enter

Enter

36.4 ブラウズ

ブラウザーでは、ここに紹介されたショートカットに加え、編集ショートカットを使用することもできます。

Windows

Macintosh

上/下にスクロール

上下矢印キー

上下矢印キー

フォルダーを開く/閉じる

左右矢印キー

左右矢印キー

選択したアイテムをブラウザーからロード

Enter

Enter

選択したファイルをプレビュー

Shift-Enter

Shift-Enter

ブラウザ内を検索

CTRL-F

CMD-F

検索結果へジャンプ

下矢印キーまたはEnter

下矢印キーまたはEnter

選択されているブラウザー項目に色を割り当てる

1...7

1...7

選択されているブラウザー項目に割り当てられた色をリセットする

0

0

36.5 トランスポート

Windows

Macintosh

スタートマーカーから再生/停止

Space

Space

停止位置から再生を再開

Shift-Space

Shift-Space

アレンジメントビューの選択範囲を再生

Space

Space

挿入マーカーを最初に移動

Home

Function左矢印キー

録音

F9

F9

アレンジメントに戻る

F10

F10

トラック1-8を有効/無効にする

F1...F8

F1...F8

36.6 編集

Windows

Macintosh

カット

CTRL-X

CMD-X

コピー

CTRL-C

CMD-C

ペースト

CTRL-V

CMD-V

複製

CTRL-D

CMD-D

削除

Delete

Delete

取り消し

CTRL-Z

CMD-Z

やり直し

CTRL-Y

CMD-Y

名称変更

CTRL-R

CMD-R

すべてを選択

CTRL-A

CMD-A

ショートカットキーを押しながら操作すると、以上のコマンドを以下の操作にも使用することができます。

Windows

Macintosh

すべてのトラックのクリップとスロット

Shift

Shift

すべてのトラックのタイム

Shift

Shift

エンベロープの選択部分

ALT

ALT

Tabキーは、名称変更の際にトラックまたはシーンを順に移動するのに使用できます。

36.7 ループブレースとスタート/エンドマーカー

ループブレースとスタート/エンドマーカーが選択されると、以下のコマンドを選択できるようになります。

Windows

Macintosh

スタートマーカーを位置に移動

Shift-クリック

Shift-クリック

ループを左/右にナッジ

左右矢印キー

左右矢印キー

ループをループ長単位で移動

上下矢印キー

上下矢印キー

ループ長さを半分に/2倍に

[Ctrl]上下矢印キー

[Cmd]上下矢印キー

ループを短縮/伸張

[Ctrl]左右矢印キー

[Cmd]左右矢印キー

ループ内の素材を選択

CTRL-Shift-L

CMD-Shift-L

36.8 セッションビューのコマンド

編集コマンドもご参照ください。

Windows

Macintosh

選択したクリップ/スロットをローンチ

Enter

Enter

隣のクリップ/スロットを選択

矢印キー

矢印キー

すべてのクリップ/スロットを選択

CTRL-A

CMD-A

クリップをコピー

[Ctrl]ドラッグ

Altドラッグ

停止ボタンを追加/削除

CTRL-E

CMD-E

MIDIクリップを挿入

CTRL-Shift-M

CMD-Shift-M

シーンを挿入

CTRL-I

CMD-I

キャプチャーしたシーンを挿入

CTRL-Shift-I

CMD-Shift-I

隣り合わないシーンをそのままの位置関係で移動

[Ctrl]上下矢印キー

[Cmd]上下矢印キー

ブラウザークリップをシーンとしてドロップ

CTRL

CMD

選択されているクリップを無効化

0

0

36.9 アレンジメントビューのコマンド

ズーム、スナップ/描画、ループ/リージョン設定のショートカットは、アレンジメントビューでも使用できます。編集コマンドもご参照ください。

Windows

Macintosh

クリップを選択範囲で分割

CTRL-E

CMD-E

選択部分をクリップとしてコンソリデート

CTRL-J

CMD-J

フェード/クロスフェードを作成

CTRL-ALT-F

CMD-ALT-F

ループ選択を切り替え

CTRL-L

CMD-L

無音を挿入

CTRL-I

CMD-I

選択範囲の左/右にパン

CTRL-ALT

CMD-ALT

選択した複数のトラックを展開

U

U

すべてのトラックを展開

ALT-U

ALT-U

選択されているトラックの高さを調整

ALT-+およびALT--

ALT-+およびALT--

再生に合わせてディスプレイをスクロール

CTRL-Shift-F

CMD-Shift-F

アレンジメント高さを最適化

H

H

アレンジメント幅を最適化

W

W

選択を解除

0

0

選択範囲を左/右にナッジ

左右矢印キー

左右矢印キー

オーディオクリップ選択を反転

R

R

アレンジメント時間選択肢にズーム

Z

Z

アレンジメント時間選択肢からズームバック

X

X

選択されているクリップの挿入マーカーから再生

ALT-Space

ALT-Space

36.10 トラックのコマンド

編集コマンドもご参照ください。

Windows

Macintosh

オーディオトラックを挿入

CTRL-T

CMD-T

MIDIトラックを挿入

CTRL-Shift-T

CMD-Shift-T

リターントラックを挿入

CTRL-ALT-T

CMD-ALT-T

選択したトラックの名前を変更

CTRL-R

CMD-R

名称変更の際、次のトラックに移動

Tab

Tab

選択した複数のトラックをグループ化

CTRL-G

CMD-G

トラックをグループ解除

CTRL-Shift-G

CMD-Shift-G

グループ化されたトラックの表示

+

+

グループ化されたトラックを隠す

-

-

隣り合わないトラックをそのままの位置関係で移動

[Ctrl]矢印キー

[Cmd]矢印キー

複数のトラックをアーム/ソロ

[Ctrl]クリック

CMDクリック

選択した複数のトラックをソロ

S

S

デバイスをブラウザーから追加

Enter

Enter

選択されているトラックを無効化

0

0

36.11 ブレークポイントエンベロープのコマンド

ズーム、スナップ/描画、ループ/リージョン設定のショートカットは、エンベロープエディターとアレンジメントビューでも使用できます。編集コマンドもご参照ください。

Windows

Macintosh

オートメーションモードを切り替え

A

A

ドラッグする際の解像度を上げる

Shift

Shift

曲線オートメーション部分を作成

ALT

ALT

フェードコントロールを一時的に切り替え

F

F

オートメーションを削除/エンベロープをクリア

CTRL-Backspace

CMD-Backspace

36.12 キー/MIDIマップモードとコンピューターMIDIキーボード

Windows

Macintosh

MIDIマップモードに切り替える

CTRL-M

CMD-M

キーマップモードに切り替える

CTRL-K

CMD-K

コンピューターMIDIキーボード

M

M

コンピューターMIDIキーボードオクターブ範囲を上/下に調整

X/Z

X/Z

コンピューターMIDIキーボード着信ノートベロシティを上/下に調整

C/V

C/V

36.13 ズーム、ディスプレイ、選択

Windows

Macintosh

ズームイン

+

+

縮小表示

-

-

ドラッグ/クリックして選択範囲に追加

Shift

Shift

隣り合うクリップ/トラック/シーンをクリックしてマルチ選択に追加する

Shift

Shift

隣り合わないクリップ/トラック/シーンをクリックしてマルチ選択に追加する

CTRL

CMD

自動スクロール

CTRL-Shift-F

CMD-Shift-K

選択範囲の左/右にパン

CTRL-ALT

CMD-ALT

36.14 クリップビューのサンプルディスプレイ

ズームとループ/リージョン設定のショートカットは、サンプルディスプレイでも使用できます。

Windows

Macintosh

クオンタイズ

CTRL-U

CMD-U

クオンタイズ設定...

CTRL-Shift-U

CMD-Shift-U

選択したワープマーカーを移動

左右矢印キー

左右矢印キー

ワープマーカーを選択

CTRL左右矢印キー

CMD左右矢印キー

再生に合わせてディスプレイをスクロール

CTRL-Shift-F

CMD-Shift-F

クリップリージョンをスタートマーカーを使用して移動

Shift左右矢印キー

Shift左右矢印キー

クリップ選択肢にズーム

Z

Z

クリップ選択肢からズームバック

X

X

36.15 クリップビューのMIDIエディター

ズーム、スナップ/描画、ループ/リージョン設定のショートカットは、MIDIエディターでも使用できます。

Windows

Macintosh

クオンタイズ

CTRL-U

CMD-U

クオンタイズ設定...

CTRL-Shift-U

CMD-Shift-U

エディターを垂直にスクロール

Page Up/Page Downキー

Page Up/Page Downキー

エディターを水平にスクロール

[Ctrl]Page Up/Page Downキー

Shift-Page Up/Page Downキー

ノートをコピー

[Ctrl]ドラッグ

Altドラッグ

ベロシティをノートエディターから変更

Altドラッグ

CMDドラッグ

挿入マーカーを最初に移動

Home

Function左矢印キー

挿入マーカーを最後に移動

End

End

再生に合わせてディスプレイをスクロール

CTRL-Shift-F

CMD-Shift-F

クリップリージョンをスタートマーカーを使用して移動

Shift左右矢印キー

Shift左右矢印キー

クリップ選択肢にズーム

Z

Z

クリップ選択肢からズームバック

X

X

36.16 グリッドへのスナップと描画

Windows

Macintosh

ドローモードに切り替える

B

B

グリッドを狭める

CTRL-1

CMD-1

グリッドを広げる

CTRL-2

CMD-2

3連符グリッド

CTRL-3

CMD-3

グリッドに吸着

CTRL-4

CMD-4

固定グリッド/ズーム倍率に応じたグリッド

CTRL-5

CMD-5

ドラッグ中のスナップ動作を一時的に無効にする

ALT

CMD

36.17 グローバルクオンタイズ

Windows

Macintosh

16分音符でクオンタイズ

CTRL-6

CMD-6

8分音符でクオンタイズ

CTRL-7

CMD-7

4分音符でクオンタイズ

CTRL-8

CMD-8

1小節でクオンタイズ

CTRL-9

CMD-9

クオンタイズ オフ

CTRL-0

CMD-0

36.18 セットとプログラムの操作

Windows

Macintosh

新規Liveセットを作成

CTRL-N

CMD-N

Liveセットを開く

CTRL-O

CMD-O

Liveセットを保存

CTRL-S

CMD-S

Liveセットを別名で保存...

CTRL-Shift-S

CMD-Shift-S

Liveを終了

CTRL-Q

CMD-Q

Liveを隠す

CMD-H

オーディオ/ビデオをエクスポート

CTRL-Shift-R

CMD-Shift-R

MIDIファイルをエクスポート

CTRL-Shift-E

CMD-Shift-E

36.19 プラグインとデバイスの操作

Windows

Macintosh

プラグインウィンドウを表示/非表示

CTRL-ALT-P

CMD-ALT-P

プラグインウィンドウを表示/非表示ボタンで2番目/複数のウィンドウを開く

CTRL

CMD

デバイスをグループ化/グループ解除

CTRL-G

CMD-G

グループ内のすべてのデバイスを有効/無効にする

ALTデバイスアクティベーター

ALTデバイスアクティベーター

複数のデバイスをクリックして選択したデバイスに追加

Shift

Shift

選択したデバイスをブラウザーからロード

Enter

Enter

36.20 コンテキストメニューの使用

コンテキストメニューを使えば、Liveでひんぱんに使用されるメニューに素早くアクセスすることができます。コンテキストメニューにアクセスするには、インターフェース上のコマンドを実行したい部分で右クリック(PC)/Ctrl-クリック(Mac)を押します。Liveのコンテキストメニューには、環境設定の設定項目と重複するものもあります。これらのオプションを変更すると、現在選択している部分だけでなくプログラム全体の設定が変更されることがありますので、変更を行う場合は十分に注意して下さい。

コマンドには、コンテキストメニューでしか実行できないものもあります。コンテキストメニューに限定されるのは以下のコマンドです。ブラウザー(5.1) 、オートワープを設定するグリッドマーカー関連コマンド(9.2.3) 、ズーム適応および固定グリッドライン幅の詳細オプション(6.9) 、Operatorのエンベロープおよびオシレーターのコピー&ペースト(26.6) 、デバイス固有のコマンド。

Live 11マニュアル(PDF)をダウンロード

English, Deutsch, 日本語, Español, Français, Italiano简体中文