Abletonが提案する専門学校/大学向け音楽教育

todo

クリエイティブな表現の指導には、学生が技術を身に付け、独自の芸術性を開拓できるよう、インスピレーションを与えることのできるツールが必要です。

Ableton Liveの直感的で操作性に優れたインターフェースにより、学生は総合的なデジタルオーディオワークステーション(DAW)に触れることができ、独自のノンリニアなワークフローとカスタマイズ性により、実験的な手法を後押しします。

Liveを使用するメリット

汎用性と機能性に優れた制作環境のLiveを使うことで、作曲と演奏の基本を幅広く指導することが可能になります。 学生の即興性と実験性を促すLive特有の操作画面“セッションビュー”を搭載しているほか、 独創性を拡張するプログラミング環境“Max for Live”は、自在にカスタマイズできる創作の場として、プログラミング言語、芸術、テクノロジー、音楽のつながりを指導するために利用することができます。

Liveで制作する意義

柔軟性に優れたLiveは、音楽制作の基本教育から複数の分野をまたぐ高度な芸術の実践まで、幅広いカリキュラムに応える指導ツールとして確固たる地位を確立しています。

ミュージシャン、パフォーマー、プロデューサーによる制作だけでなく、美術館や劇場のインスタレーションや、映画、テレビ、広告など、さまざまな分野でも、Liveの技術によって実現している音声作品が数えきれないほど存在します。 そうしたLiveを習得することにより、学生はクリエイティブ業界のキャリアを歩んでいくうえで基盤となる知識を身につけることができます。

Liveの詳細を見る

Liveの“演奏”を可能にするPush

AbletonのハードウェアPushを使用すれば、Liveを楽器のように演奏しながらデジタル作曲の基本を学ぶことができます。 リズム、音色、楽曲構成をノブやパッドで操作し、独特のアプローチでメロディーとハーモニーを奏でることで、音楽制作に必要な知識や技術を学生に提供します。

Pushの詳細を見る

専門学校/大学向け割引価格

教育機関で使用するLiveのマルチシート·ライセンスには、大幅な割引を適用しています。 Pushも割引価格で利用することができます。

適用される割引価格については、お気軽にお問い合わせください。

見積もりを依頼する

学生/教職員向け割引

学生個人や教職員個人を対象にして、最大40%の割引を実施しています。

詳細をショップページで確認する

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ:edu@ableton.com

サポート窓口に電話で問い合わせる

Liveのインストールと導入

複数の利用者がいる教育機関でも、Liveは簡単に導入することができます。 Sassafrasを用いたライセンスサーバー技術に対応し、ネットワーク上でLiveの起動数を状況に応じて管理します。リソースの管理や整合性の確保も容易です。

また、教育機関ですでにお使いのソフトウェアやハードウェアと連動してLiveを使用することも可能です。Liveの導入や設置にあたっては、Abletonの経験豊富な専任スタッフによるリアルタイム·サポートもご用意しています。