音楽制作とパフォーマンスのためのユニークなソフトウェアおよびハードウェア、Liveおよび Pushのメーカーです。 これらの製品を活用し、ユーザーコミュニティは優れた作品を制作しています。

Abletonは1999年に設立され、2001年に初代バージョンのLiveをリリースしました。Ableton製品は、世界各国のミュージシャン、サウンド・デザイナー、アーティスト・コミュニティに使用されています。

音楽を作るということは簡単ではありません。 時間も、労力も、知識も要します。しかし、ひとたび波に乗れば、これ以上ない満足感を得られます。

私たちは、Ableton製品の開発についても同じように感じています。Abletonを突き動かす原動力は、ものづくりへの情熱、そして製品を使用するユーザーなのです。

Abletonを選んだ理由 - Juanpe Bolivar

Abletonチームは、28カ国、200名を超えるスタッフから構成されており、ベルリン本社とロサンゼルス支社に分かれて業務に携わっています。 そのほとんどは、ミュージシャン、プロデューサー、DJとしても活動しており、多くがLiveとPushをに日常的に使用しています。

スタッフの文化や専門分野のバックグラウンドは多種多様です。博士号も持つ者、実地で経験を積んだ者、その中間とさまざまです。私たちをつなぐのは、スタッフひとりひとりのスキルや知識を持ち寄り、音楽という文化の未来の形成に役立てたいという信念です。

それには、真に優れたインストゥルメントを生み出すことに集中して取り組むことが必要であると私たちは考えます。 Abletonは、厳選された製品を開発し、製品の機能向上に尽力しています。

ひとつですべてをまかなうといったプロセスではなく、それぞれのユーザーが独自の才能を開花し発揮するのに必要なものを提供したいと考えています。最高の結果は、多様性豊かなチームを構築し、問題をより幅広い視点から検証することから得られるということを、私たちは経験から学びました。常に相容れるわけではありませんが、さまざまな意見や議論を評価し、オープンに奨励しています。

Abletonで働くということ - Amaury Groc

私たちの情熱が向かう先は製品だけではありません。スタッフは皆、自己研鑽にも熱心です。 Abletonは、それぞれが個人そして職業人として向上し、互いに学びの機会を与え合うことのできる環境づくりに取り組んでいます。

社内トレーニング・プログラムに並行して、スタッフの新知識やスキル獲得を積極的に支援し、日々の業務に学んだ知識を応用できるよう指導を行っています。また、スタッフ企画による開発および音楽関連イベントは、新技術、制作テクニック、ベストプラクティスについて語り合う機会を提供しています。

Abletonは、スタッフ全員が生き生きと働ける職場を目指しています。 秀でた才能を持つ人材を世界各国に求めているAbletonは、採用者が新しい環境にできるだけスムーズに順応できるよう、さまざまな支援を行っています。

ベルリン本社勤務の場合、引っ越しや事務処理について支援を提供します。また、ドイツ語および英語のクラスも無償で提供しています。さらに、ドイツ法に準じた健康保険および育児休暇(父母とも)も完備しています。勤務時間はフレックス制で、年間を通じて社員旅行やチーム旅行、各種イベントやアクティビティも実施しています。

これまでの歴史に誇りを感じつつ、邁進を続けるAbleton。あなたも一緒に働きませんか。

採用情報を見る