Live 9.1の新機能:メロディのステップシーケンスビートのパラメーターステップシーケンス

Ableton Push

Pushは、「ゼロからのソング作成」という問題を解決する、新しいインストゥルメントです。 メロディ、ハーモニー、ビート、サウンド、曲構成のすべてにハンズオンコントロールを提供するPushなら、音楽制作に必須の要素すべてを指先ひとつで操作できます。また、ラップトップとともに携帯可能なコンパクトサイズです。

ビートをプレイ/シーケンス。 64のパッドでビートを多彩に作成。ループの再生、ステップシーケンス、調整がすべて同時に操作可能です。

Live 9.1の新機能:ノートとパラメーターのステップシーケンス

Pushの幅広いビートメイキング機能を見る
  • Akai Professional製作のベロシティセンシティブパッドで、ビートをライブに操作。タッチセンシティブのエンドレスエンコーダーでのプレイ中にサウンドやキットを調整できます。パッドを押してトラックに合わせてノートをリピートさせ、リピート周期を調整し、リアルタイムでスウィングさせます。
  • ステップシーケンスでは、正確なコントロールが可能なパッドを使用してビートを生成できます。ステップを選択し、タイミング、ベロシティ、パラメーター値をセルごとに個別に微調整できます。各ステップのベロシティとアクセントはPushのパッドに表示されます。
  • シーケンスしたいループの小節を選択したり、ループの長さを調整したりできます。
  • Play
  • ステップシーケンス
  • 調整

ノートやコードを新しい方法で再生。 同一のフィンガーパターンを使用して、各キーでプレイ。ボタンをタッチしてキー間を移動。ステップシーケンスしてノートとパラメーターの両方を編集。

Live 9.1の新機能:ノートとパラメーターのステップシーケンス

Pushのノートエントリレイアウトがもたらすインスピレーションについて見る
  • インストゥルメントの再生中、Pushのパッドは1キーボード分のノートを64のパッドにうまく当てはめます。中心音、調に含まれるその他のノート、すでに録音されているノートが、それぞれ別々の色で表示されます。集約され対象配置されたPushのパッドグリッドにより、広い範囲を簡単に操作でき、メロディやコードパターンをどのキーでも同じ指使いで再生できます。ピッチベンドにはPushのタッチスライダーを使用します。
  • キーとスケールをタッチで選択すると、パッドが点灯してその音階のノートを表示。他のノートは消灯します。全音階の場合は、すべてのノートを非表示にすることもできます。
  • メロディやハーモニーをステップシーケンス。ノートを編集・削除し、間違いを修正したり、バリエーションを作成できます。和音やそれぞれのノートをナッジして、タイミングを細かく修正したり、ノートの長さやベロシティを調整できます。
  • ステップを押したままエンコーダーを操作すると、そのステップのパラメーターの値だけが記録されます。ループ内の特定のノートにロックされたパラメーター変更を作成できます。

サウンドが付属。 インストゥルメントとエフェクトを満載したスタジオで音楽制作。Pushなら、すべてをコントロールできます。

Pushはコンピューターで動作するAbleton Liveのパワーを利用するため、Liveのインストゥルメントやエフェクトの豊富なコレクションを活用できます。

サウンドはすべて、再生、微調整、パーソナライズが可能な状態で提供されます。Pushのタッチセンシティブエンコーダーを使用してインストゥルメントやエフェクトのパラメーターを調整しながら、Pushのディスプレイで結果を確認できます。

Pushでのサウンド操作について詳しく見る
  • 3つのインストゥルメントと700を超えるサウンドを含むLive 9 IntroとPushで音楽制作をスタートしましょう。
  • Intro Core Library
  • Electronic Drums
  • またはLive 9 Suiteでさらにパワフルな音楽制作を: 9つのインストゥルメント、41のエフェクト、3,000を超えるサウンド、Max for Liveが付属
  • ドラム
  • Max for Live
  • シンセサイザー
  • 選択されているインストゥルメントやエフェクトを調整
  • ライブラリをブラウズしてサウンド、プリセット、デバイスを検索
  • すべてのトラックのボリュームを調整、1つのトラックの複数のパラメーターを詳細にミックス
  • 選択されているクリップまたはループを調整

ソング構成を自在にアドリブ・再生。 アイデアを残らずキャプチャー。複製してバリエーションを作成。トリガー、再アレンジで新たなコンビネーションを作成。

Pushのユニークなレコーディングワークフローで、再生中にすべてをキャプチャー。ボタン操作で、新しいノートをオーバーダブ録音したり、フレーズのバリエーションを作成したり、ソング素材間をすばやく移動したりできます。アイデアが作成できたら、別のモードに切り替え、さまざまなコンビネーションを試すことができます。

アレンジ、詳細編集、完成したソングをエクスポートする準備が整ったら、Pushからコンピューターへと操作を切り替えるだけ。Ableton Liveには、作成されたソングが表示されています。これも、PushとAbleton Liveの完全統合がなせるもの。Pushは、制作初期段階においてインスピレーションの源となるハンズオンコントロール用ハードウェアと、後期段階での微調整に能力を発揮するフル機能を搭載した音楽制作ソフトウェアとの両方の利点をユーザーにもたらします。

PushとLiveで、アイデアを録音し、バリエーションを作成し、ソング構成を構築する方法について詳しく見る

デザインをAbletonが、 エンジニアリングをAkai Professionalがそれぞれ担当。

Pushは、パフォーマーとプロデューサーのためのパッドコントローラー開発におけるAkai Professionalの数十年にわたる歴史と経験が存分に発揮された製品です。Pushのパッドは、ニュアンスあるインストゥルメントプレイを可能にする優れた感度と、ビートメイキングに対するディープかつ安定した操作感の両方をもたらします。

  • Pushは、音楽制作におけるAbletonのビジョンとインストゥルメント開発におけるAkai Professionalの実績が融合した製品です。

  • Pushは、64のベロシティセンシティブ/プレッシャーセンシティブのRGB(マルチカラー)パッドを搭載しています。パッドのレイアウトは選択されているトラックに合わせて変更されます。

  • 24のLEDを搭載したタッチストリップで、ピッチベンドやドラムラックをナビゲートできます。

  • 11のタッチセンシティブエンドレスエンコーダーも搭載。4列のLCDディスプレイには、操作中の重要なパラメーターが表示されます。

  • USB、フットスイッチ、追加電源

  • Push
  • パッド
  • タッチストリップ
  • エンコーダーーとディスプレイ
  • 接続

すでにLiveに慣れている方なら、Pushがその知識をさらに強化してくれます。 Liveはバックグラウンドで動作し、ユーザーがPushで作成するクリップやシーンをセットに追加します。

ソングが完成形に近づいたら、PushからLiveに切り替えるだけ。Liveのセッションビューにすべてのソング素材が表示されます。

Pushはまた、パッドをクリップローンチのグリッドとして使用することで、演奏用のコントローラーとしても実力を発揮します。LiveとMax for Liveとのタイトな統合により、独自の操作スタイルに合わせてPushをカスタマイズしたり、新機能やワークフローを追加するよう再プログラムすることができます。

PushはAbleton Live 9と連動します。
LiveはMacまたはPC上で動作し、マルチトラックレコーディング、インストゥルメント、エフェクトなど、音楽制作に必要なあらゆる機能を提供します。

Pushを使用するにはLive 9が必要です。Live 1-8をご所有の場合、 ログインして最もお得なアップグレードをご確認いただけます。

Push

Live 9 Suite

  • 全機能
  • 3,000を超えるサウンド(54GB)
    Session Drums、Latin Percussion、Orchestral Instrument Collectionなどを含みます。
  • 9つのインストゥルメント
    + Analog, Collision, Electric, Operator, Sampler, Tension

    Drum Rack、Impulse、Simpler

    External Instrumentデバイスも付属

  • 40のエフェクト
    + Amp, Cabinet, Corpus

    Arpeggiator, Auto Filter, Auto Pan, Beat Repeat, Chord, Chorus, Compressor, Corpus, Dynamic Tube, EQ Eight, EQ Three, Erosion, External Audio Effect, Filter Delay, Flanger, Frequency Shifter, Gate, Glue, Grain Delay, Limiter, Looper, Multi-band Dynamics, Note Length, Overdrive, Phaser, Ping Pong Delay, Pitch, Random, Redux, Resonators, Reverb, Saturator, Scale, Simple Delay, Spectrum, Utility, Velocity, Vinyl Distortion, Vocoder

    External Audio Effectデバイスも付属

  • Max for Live
    デバイスの作成とLiveのカスタマイズに無限大の可能性を提供

    Convolution Reverb、Convolution Reverb Pro、Mono Sequencer、Buffer Shuffler 2、Drum Synth (13デバイス)、LFO、Envelope Follower、XY Pad、Multimap、Device Randomizer、Control Device MIDI、Envelope MIDI、LFO MIDIが付属

USD 1348USD 1198

Push

  • 64のベロシティセンシティブ/プレッシャーセンシティブなパッド
  • 8つのタッチセンシティブエンコーダー
  • LCDディスプレイ
  • バスパワー対応
  • Live 9 Introが付属
    3つのインストゥルメント、26のエフェクト、700を超えるサウンド(4GB)

USD 698USD 599

Push

Live 9 Standard

  • 全機能
  • 1,100を超えるサウンド(11GB)
  • 3つのインストゥルメント
    Drum Rack、Impulse、Simpler

    External Instrumentデバイスも付属

  • 37のエフェクト
    + Dynamic Tube, EQ Eight, Filter Delay, Frequency Shifter, Glue, Multi-band Dynamics, Overdrive, Resonators, Spectrum, Vinyl Distortion, Vocoder

    Arpeggiator, Auto Filter, Auto Pan, Beat Repeat, Chord, Chorus, Compressor, EQ Three, Erosion, Flanger, Gate, Grain Delay, Limiter, Looper, Note Length, Phaser, Ping Pong Delay, Pitch, Random, Redux, Reverb, Saturator, Scale, Simple, Delay, Utility, Velocity

    External Audio Effectデバイスも付属

USD 1048USD 948

機能比較 Suite、Standard、Intro

上記はLive 9と付属の全Packのダウンロード版の価格です。パッケージは別売です。