exercitationem

Push from above, with the pads illuminated and Wavetable shown on the screen.

Push shown from the side, with hands playing the pads
Push shown from the side, with hands playing the pads

Push

表現力豊かなスタンドアロン・インストゥルメント

感じたままが音楽に

Pushを使えば、コンピュータから独立して、音楽と完全に一体化できるようになります。機材を接続したり、音を彫刻のように創り出したり、自分だけのスタイルで演奏できます。Pushは後からアップグレードができ、部品が交換可能。Ableton Liveとの連携が常に進化し続けるPushは、今後何年にもわたってセットアップの中心となるよう、設計されています。

MPE対応パッド

指のわずかな動きに反応するパッドで微細なサウンドの生成が行えます。ベンドやスライドをはじめ、異なるノートやサウンド、アーティキュレーション間での変化を生み出せます。

スタンドアロンで演奏に集中

コンピュータを使うことなく使用できるため、目の前の音楽自体に集中できます。また、LiveセットをPushに転送すればPush上でそのセットを編集でき、あとからLiveに戻すことも可能です。

内蔵オーディオインターフェース

Pushの内蔵オーディオインターフェースに楽器を接続すれば、セットに直接録音することが可能です。また、CVやゲート信号をモジュラーシンセに送信することもできます。

指先から生まれる豊かな表現

MPE対応パッドにより、Pushがさらに表現力豊かな楽器として生まれ変わりました。パッドを押さえる指先の動きに繊細に反応することで、あらゆる角度からのサウンドデザインが行え、自分だけの演奏スタイルを確立できます。

多方向性パッド

A person playing Push’s pads expressively with two hands. They slide between pads, change the pressure they apply, and move their fingers around within the pads to alter the sound.
Pushに搭載されている64のXYセンシティブパッドは、指の置き方や圧力の微妙な変化に反応します。パッドに触れながら、演奏中にサウンドを自在に変化させることができます。

動きと表現力

A person playing Push with a slide guitar sound selected. They slide and bend notes, and add vibrato.
フレットレス・ストリングスを模したベンドやスライド、テルミンスタイルのシンセサイザー、流動的に変化するコードなど、音符単位での演奏が可能です。弦楽器の弓の奏法を変化させたり、管楽器のパートをダイナミックに演奏するのも、パッドから手を離すことなく行えます。

フィルターとエフェクト

A person playing Push, using a textured synth sound. They move fluidly between notes, and as they change the pressure and positioning of their fingers a tremolo effect is added, and the rate and depth modulated.
コードの一部の音だけにトレモロやワウを加えることで、演奏に正確な色をつけることができます。指先でサウンドをフィルタリングし、独自の楽器のハイブリッドを作成して、まったく異なるサウンド間を流れるよう、変化させましょう。

リアルなドラムも想像上の演奏も

A person finger drumming on Push. Each pad features multiple articulations and timbres of a percussive element depending on where and how they touch the pad.
アコースティックやエレクトロニックなドラムサウンドも、自然のドラムヘッドのような音色を持つフィンガードラムで演奏することができます。また、ヒットやロール、ハイハットのオープンやクローズ、スティックやブラシなど、パッド内で異なるパーカッションのアーティキュレーションを演奏することもできます。

表情豊かなサウンドコレクション

A person demonstrates some of the expressive sound content available on Push. They slide between notes, add vibrato, and filter sounds with their fingers.
Pushの表現力豊かなパッド操作を最大限に活用するためにデザインされた、ニュアンスに富んだサウンドライブラリを演奏してみましょう。Spitfire AudioのExpressive Choir Packを使えば、アコースティック楽器やアンサンブル、シンセサイザーサウンドを自在に操ることができ、移り変わる雲のような合唱音を作り出すことができます。

セットアップの中心に

レコードのサンプリングからモジュラーシンセの制御、バンドのリハーサルのマルチトラック録音まで、Pushは柔軟なクリエイティブ・ハブとして機能します。ライブセッションやギグ間での頻繁な移動に耐えられるよう堅牢に設計されている上、長期間使い慣れた古い機材や最新の機材とも一緒に使えるように設計されているため、セットアップや表現したいサウンド、使用するシチュエーションが変化しても柔軟に対応します。

.

Pushの進化

堅牢なハードウェア、そしてLiveと共に発展し続けるソフトウェアによって、各世代のPushは永く使っていただけるよう設計されています。Push 3では、交換可能な部品が採用されているため、後から自分でアップグレードすることが可能です。これにより、Pushの寿命がさらに永くなりました。Pushの開発に込められた信念を覗いてみましょう。

直感的なデザイン

Pushは、目の前の作業に集中できるようなナビゲーションを目指して設計されています。ライブラリからサウンドやデバイスにスムーズにアクセスでき、ジョグホイールを使えばMIDIノートも素早く編集が可能です。また、大型LCDディスプレイでセッションを一目で確認できるほか、デバイスの詳細も確認できます。

 

全仕様を確認する

Push from above, with the pads illuminated and Wavetable shown on the screen.
Detail shot of the top left corner of Push, highlighting the Sets button, the learn button and the volume encoder.
  • laudantium - 新しいセットの作成や保存した他のセットを見つけることができます。
  • animi - Pushの機能やオンライン学習リソースへのリンクを表示します。
  • quas - Pushの出力/マスタートラック/キューボリュームを調整できます。
Detail photo of Push’s learn button.

新しいセットの作成や保存した他のセットを見つけることができます。

Detail photo of Push’s Sets button.

Pushの機能やオンライン学習リソースへのリンクを表示します。

Detail photo of Push’s volume encoder.

Pushの出力/マスタートラック/キューボリュームを調整できます。

Detail shot of the top left corner of Push, highlighting the Session Screen Mode button.
  • a - セッションビューを表示し、パッドを演奏しながら画面上でシーンやクリップをトリガーします。
Detail photo of Push’s Session View button.

セッションビューを表示し、パッドを演奏しながら画面上でシーンやクリップをトリガーします。

  • et - ジョグホイールを使ってMIDIノートの編集やPushライブラリをブラウズします。

ジョグホイールを使ってMIDIノートの編集やPushライブラリをブラウズします。

  • in - クリップの停止、ミュート、またはソロ機能をロックすることで、トラックの操作を素早く正確に行えるようにします。
  • magnam - 演奏時に録音ボタンを押し忘れたMIDIパートをキャプチャします。
  • voluptatem - XYセンサーを搭載した64のパッドを指で操作して、サウンドをデザインします。
Detail photo of Push’s lock button.

クリップの停止、ミュート、またはソロ機能をロックすることで、トラックの操作を素早く正確に行えるようにします。

Detail photo of Push’s pads.

演奏時に録音ボタンを押し忘れたMIDIパートをキャプチャします。

Detail photo of Push’s capture button.

XYセンサーを搭載した64のパッドを指で操作して、サウンドをデザインします。

Detail shot of the right side of Push showing the side arrows, Note Mode button and Session View Mode button.
  • sed - セッションモードで上矢印を使用して、セッションビューを移動し、シーンをトリガーします。
  • reiciendis - ノートモードでは、パッドを使用して選択したトラックでMIDIノートを演奏します。
  • obcaecati - セッションパッドモードでは、パッドを使ってクリップやシーンをトリガーします。
Detail photo of Push’s side arrows.

セッションモードで上矢印を使用して、セッションビューを移動し、シーンをトリガーします。

Detail photo of Push’s Note Mode button.

ノートモードでは、パッドを使用して選択したトラックでMIDIノートを演奏します。

Detail photo of Push’s Session Pad Mode button.

セッションパッドモードでは、パッドを使ってクリップやシーンをトリガーします。

ひとつのPush、2種類のモデル

自身の予算や音楽制作のニーズによって、最適なPushのモデルを選択できます。プロセッサー、バッテリー、ハードディスクを搭載したスタンドアロンのPushと、これらのパーツを含まないPushの2種類が用意され、後者はコンピュータに接続することで使用できるほか、アップグレードキットを使用すれば後から部品を追加することでスタンドアロンにすることが可能です。さらに、テクノロジーの進歩にあわせて、プロセッサー、バッテリー、ハードディスクを交換することもできます。

 

各モデルの仕様比較を見る

 上方から撮影した何も接続されていないPush。 画面にはシンセのDriftが表示されています。

Push(スタンドアロン)

  • Pushをスタンドアロンの楽器として使用する
  • 64の表現力豊かなパッド
  • 内蔵オーディオインターフェース
  • Intel 11th Gen Core™ i3-1115G4 プロセッサー(8GBのRAM搭載)
  • 内蔵リチウム電池(最大2.5時間稼働)
  • 内蔵256GB SSDハードドライブ
USD 1999
購入する
上方から撮影したラップトップの隣に置かれているPush。 画面にはセッションビューが表示されています。

Push

  • Pushをコンピュータと接続して使用する
  • 64の表現力豊かなパッド
  • 内蔵オーディオインターフェース
USD 999
購入する
Lorem ipsum

Upgrade Kit

スタンドアロン非対応のモデルを購入後にスタンドアロンの楽器として使用したくなった場合でも、Upgrade Kitを使用すれば自分で簡単にアップグレードすることができます。各Upgrade Kitには、プロセッサー、ハードドライブ、バッテリー、ヒートシンクなど、組み立てに必要なすべてのツールが含まれています。

Upgrade Kitの価格はUSD 1049.00です。

詳細を見る