Liveを体験

90日間の無償体験版ではLive 11 Suiteの全機能を使用できます。

モバイル端末をお使いですか? Liveは、高速で柔軟な音楽ソフトウェアです。MacかWindowsでご利用ください。

Ableton Liveとは?

Ableton Liveなら、シングルウィンドウの直感的なインターフェースを使用し、作曲、音楽制作、演奏が簡単に行えます。Liveではすべての同期を保ちながらリアルタイムで作業することが可能なため、クリエイティビティの流れを妨げることなく、音楽のアイデアを再生・変更できます。

Liveには、あらゆる種類の音楽を作成できるインストゥルメント、サウンド、キット、ループのコレクションが付属しており、サウンドの微調整や処理を可能にするエフェクトセットを提供します。

Ableton Live 11 Suiteに含まれるもの

  • 17種類のインストゥルメント(Wavetable、Operator、Simpler、Analogなど)。
  • 74種類のオーディオエフェクト/MIDIエフェクト(Hybrid Reverb、Spectral Resonator、Spectral Time、PitchLoop89、Echoなど)。
  • マッピング設定。キーボードやコントローラを接続してすぐにLiveを操作できます。
  • Max for Live。さらに豊富なインストゥルメントやエフェクトのほか、ユーザーによってカスタマイズされたデバイスを利用できます。自らLiveをカスタマイズすることも可能。

Windows PCでのインストール

ファイルを解凍します。setup.msiを実行します。Liveを開いて手順に従います。 試用版をアンインストールしたい場合、こちらをご覧ください

以前のバージョンのLiveをお使いの場合

以前のバージョンのLiveをお使いの場合でも、無償体験版をインストールすることができます。現在のライブラリが上書き/変更されることはありません。

Live 11システム要件

Windows

  • Windows 10(Build 1909以降)
  • Intel® Core™ i5プロセッサー/AMDマルチコア・プロセッサー.
  • 8GB RAM
  • 1366x768ディスプレイ解像度
  • ASIO互換オーディオハードウェア(Link使用時に必要|最適なオーディオパフォーマンスの実現に推奨)
  • Liveの起動時とオーソライズ時に使用するインターネット接続(追加コンテンツのダウンロード時とLiveのアップデート時には高速インターネット接続を推奨)
  • システムドライブの空き容量:約3 GB(基本インストールに必要|8 GBの空きディスク容量を推奨)
  • システムドライブの空き容量:最大76 GB(追加可能なサウンドコンテンツのインストールに必要)

macOS

  • macOS 10.13以降 (macOS “Big Sur”との対応について)
  • Intel® Core™ i5プロセッサー (Appleシリコン/M1との対応について)
  • 8GB RAM
  • 1280x800のディスプレイ解像度
  • Core Audio準拠のオーディオインターフェイスを推奨
  • Liveの起動時とオーソライズ時に使用するインターネット接続(追加コンテンツのダウンロード時とLiveのアップデート時には高速インターネット接続を推奨)
  • システムドライブの空き容量:約3 GB(基本インストールに必要|8 GBの空きディスク容量を推奨)
  • システムドライブの空き容量:最大76 GB(追加可能なサウンドコンテンツのインストールに必要)