ベースラインに合う和音のメロディを作成する ― Ben MonoとProducertechによるチュートリアル

Tutorials

ベースラインに合う和音のメロディを作成する ― Ben MonoとProducertechによるチュートリアル

トラックでの作業中、優れたベースラインが出来上がっているのに、いいメロディが生まれてこない場合は?ベースのグルーヴに合うメロディが必要な場合、同じシーケンスを使用するのはいかがでしょう。Producertechの新しいチュートリアルビデオでは、ベルリンを拠点に活動するBen Monoが、ベースのシーケンスとLiveのChordとScaleのMIDIエフェクトを使用してハウスなメロディを作成する方法を実演説明します。 Producertechのその他のLiveチュートリアルを見る

Hiawatha Blue:James Patrickと生徒たちによるコラボレーティブ・アルバム

Artists

Hiawatha Blue:James Patrickと生徒たちによるコラボレーティブ・アルバム

長年にわたって、認定トレーナーJames Patrickは「ブルー・ライン」として知られるミネアポリスのハイアワサ・ライトレール・ラインを利用してきました。Institute of Production and Recording(IPR)の生徒とともに、Jamesは、ブルー・ラインのさまざまな駅で録られたフィールド録音をベースとするコラボレーティブ・アルバム「Hiawatha Blue」を構想しました。このアルバムは、現在無償でダウンロード可能です。Abletonは、この意欲的なプロジェクトについてJamesに話を聞きました。 「Hiawatha Blue」は、初めから生徒たちとのコラボレーティブなプロジェクトとして生まれたものだったのでしょうか? はい。中間試験の期間中、変化をもたらすにはどうしたらよいか考えていて、思いつきました。近々IPRを去ることが決まっていたので、在任の記念となる足跡を残したいと思いました。また、生徒たちからはとてつもないポジティブなエネルギーをいつも感じていました。このエネルギーこそが私の推進力と動力です。彼らのサウンドへの愛、それがエネルギーです。 フィールド録音で特に印象に残ったものはありますか? もちろんあります。ダウンタウンのファーマーズ・マーケットでは、口の悪い生粋の市民の議論する声や、彼らの腕の中で大声で泣いている子供たちの声を録音しました。バスや電車にいるドラッグ中毒者たちの目には、ブームマイクを担いで歩き回る19歳が奇妙に映ったことでしょう。ほとんど凍り付いた滝をよじ登って、端からほとばしる滴のサウンドを捉えたことや、テンポ変更やハーモニー間の遷移用に、アンビエントなメヌエットを構築したのも印象的でした。風や自然は、無調でありながら美しいソノリティにぴったりです。 アルバムの作曲プロセスにおけるあなたの役割はどのようなものでしたか? プロジェクトの全体的なコンセプトを生徒の手を借りながら構築しました。その後、実際の「アルバム」に含める重要なファクターを検討していきました。まず、私たちが着目したい、サウンドと音楽の世界における変化について考えることから始めました。私にとって、大きな不満は「アルバムの死」です。皆も賛成してくれたので、まとまりとしてアルバムという形態を採ろうということになりました。(ピンク・フロイドの)「狂気」といったアルバムに、私たちは皆、心を動かされたものでした。個々のトラックだけでは、あのような音楽体験を得ることはできなかったでしょう。そこで、この問題を解決しようと考えたのです。まず、各人の音楽スタイルとアーティストとしての方向性を挙げました。その後、それらを並び替え、このコンセプト・アルバムの全体的なイメージについて考えました。心をつかむアーク(物語の横糸)を構築し、ライト・レール・システムのマップに沿って並べていきました。そして、各生徒に駅を割り当て、カメラ、フィールド・レコーダーなど必要な機材を提供しました。 次に、プロジェクトの残り6週間の計画を立てました。ある生徒がこんなことを言ったのを覚えています。「1曲に6週間も?退屈!」私は笑ってしまいました。この彼の名誉のために話しておくと、最終的に彼は2作品とウェブサイトを作成し、プロジェクトのアシスタント・プロデューサーにもなりました。 それから、私はSSL 4000G+と最高のミックス/マスタリング・エンジニアBrian Jacobyをブッキングしました。結局、2週間を作曲と制作に、1週間を最終的な調整とグループ内のフィードバックに、1週間をミキシングに、1週間をマスタリングに、そして最後の週をA/Vパフォーマンスの組立に割り当てました。 公共の交通機関で移動中に聴いているお気に入りの音楽があれば教えていただけますか?「Hiawatha Blue」以外で何かありますか? そうですね。 アコースティックなら、 エリック・サティの「ジムノペディ」、ヤン・ティルセンの「アメリ」サウンドトラック。 エレクトロニックなら、 Rain Dogの「Two Words」、ISHOMEのすべての作品です。 Hiawatha Blueについての詳細とダウンロード

e-instruments Studio Bass:Liveでクラシックなベース・ギターを

News

e-instruments Studio Bass:Liveでクラシックなベース・ギターを

ピック、タップ、ミュート ― あらゆる種類の音楽にはそれに適したベースの奏法があります。さまざまなケースで、エレクトリック・ベースはグルーヴに豊かな重みや深みを付加できます。 新登場のStudio Bass Live Packで、e-instrumentsはFender Precisionエレクトリック・ベースの特性を詳細に捉えました。ラウンドワウンドとフラットワウンドの両方の弦を使用し、ピックとフィンガーの両方で演奏したStudio Bassは、4種類のセットアップで提供されます。もちろん、数々のアーティキュレーションで収録。 Studio Bassは下から試聴できます。 PackストアでStudio Bassを見る

Winterparkの無償Rackとチュートリアル

Downloads

Winterparkの無償Rackとチュートリアル

Winterpark名義で活躍するミュージシャンMatt Ridgwayは、発掘したたくさんのチュートリアルと無償Packのダウンロードを彼のサイトで紹介しています。(ギターやPushを含む)数々の楽器を操るエレクトロニック・ミュージシャンであるMattのチュートリアルでは、Liveを使用したギター処理などの役立つトピックをカバーしています。 また、Mattのダウンロードには、MIDIコード・エフェクト、サンプル・インストゥルメントなどが含まれています。(シューゲイザーやドリーム・ポップで聞かれるような)美しくみずみずしいサウンドがお好みなら、Mattの作品をお楽しみいただけるに違いありません。 Winterparkサイトでさらに詳しく

Tutorials

Liveでピッチビルド・エフェクトを作成 ― Lenny Kiserによる新チュートリアル

最も汎用で意外なサウンドほど、エフェクトを「誤った」方法で使用することから生まれることがよくあります。Liveのディレイ・エフェクトはすべてデジタルですが、[RePitch]モードを使用してディレイタイムを調整することで、アナログスタイルのサウンドを得ることができます。DJ Tech Toolsの新チュートリアルでは、認定トレーナーのLenny Kiserがこのエフェクトを使用してピッチビルドを作成する方法を説明します。 ビデオで使用されているLiveセットをDJ Tech Toolsからダウンロード Lenny Kiserのレッスン受講をご希望の方は、2月8日からサンフランシスコにて次回コースが開講されます。

Input/Output: Holly Herndon

Artists

Input/Output: Holly Herndon

これからお届けする新シリーズInput/Outputの第一弾として、私たちが大好きなアーティストの一人に、彼女の最新プロダクションに寄与したインスピレーション、テクニック、テクノロジーについて話を聞きました。 私たちは、2012年のデビュー・アルバム発表時から、Holly Herndonの様々な活動に注目してきました。『Movement』は、挑戦的なヴォーカルのテクスチャーと力強く官能的なリズムを、丁寧に紡ぎ合わせ、緻密でいながらフレッシュなサウンドに仕上げた作品です。過去2年間に渡り、Hollyは数えきれないライブをこなし、管弦楽団、ロボット・バレエ、電気自動車のための作曲をしながら、スタンフォード大学にてコンピューター音楽の博士号を取得すべく研究を続けてきました。これらの活動については、今後追って詳しく紹介していきますが、ここでは私たちをわくわくさせてくれた、彼女の最新作「Chorus」をご紹介します。下のリンクからビデオをご覧の上、この作品についての彼女との簡単なインタビューをお楽しみ下さい。 デビュー・アルバム『Movement』で、あなたは既にヴォーカルをとても巧みに使用していましたが、この新作においてもヴォーカルが中心的な役割を果たしています。まず、「Chorus」で使用されている声は全てあなた自身のものですか?そうだとしたら、それらは全て同じような状況で録音されたのでしょうか? 「Chorus」に使用されている声は、いくつかの異なるソースから取得したものです。オンライン・ブラウジング、合成、自分の声を加工したもの、サンプルなどで、全て私のラップトップを通して録音されています。私が使用したシステムは、サンフランシスコのアーティストMat Dryhurstがデザインしたもので、彼とはよくコラボレーションもしています。私のオンライン・ブラウジングをスパイするように設計されていて、その音源をサンプルし、混ぜ合わせるんです。要するに、私のブラウザーを通して取得される音源の最高振幅を分析し、それによって様々な音源間の意外な相互作用をトリガーするのです。これをヴォーカルだけでなく、ほとんどのサウンド・デザインに使用しました。 「Chorus」はかなりのエディットとアレンジを要したかと思いますが、その制作手法を説明してもらえますか? この曲は、恐らく私が今まで作ったものの中でも最も凝ったエディットを施した作品でしょう。私は何時間にも及ぶブラウジングを録音し、加工を施し、それを録音し直し、作曲するようにエディットしていきました。結局使わなかった音源が、まだ山のようにあります。 トラックの骨格部分 ― 合唱部分のコード進行、ベースライン、そしてコーラス自体 ― は2012年の夏に作ったものです。これを、『Movement』のツアーを回っていた際のライブセットでダンス・ジャム・トラックとして、ヴォーカル・シンセのパートを、私のラップトップ・プロセッサーより発生された電気フィードバックにマッピングしたジェスチャーコントロールによって生演奏しました。たくさんの人に、この曲はいつリリースされるのかと聞かれたので、曲として仕上げることにしました。 私はMax for Liveを使用して、ハードドライブ上にマイクの振幅エンベロープをマッピングしています。これは、楽器、エフェクトなど、あらゆるものマッピングに使用することが出来ます。私はスタジオでもときどき使用しています。Conrad Shawcrossとのコラボレーション、Ada Projectでのサウンド・デザインのレコーディングにも使用しました。 それとは対照的に、12インチのB面収録の「Solo Voice」は、所定のパラメータの範囲で突発的かつ即興的に作られた印象を受けます。この曲はどのように制作されたのですか? この曲は、Daniel Pearlの追悼式のために作曲しました。この式では、Verdiの『四季』の楽章のひとつの間に”微気候”を演奏して欲しいと言われたんですが、このような行事で何をすればいいのか、全く分かりませんでした。故人の家族も参列していて、会場は美しい大聖堂でした。私はひとつの声から派生するプロセスによって構成される曲、「Breathe」と似たアプローチの曲を作りたいと思い、それを声ではなくひとつの音色でやってみたものです。 これが、私のライブ・パフォーマンスの導入としてぴったりだということに気づき、ライブセットに組み込むことにしました。最初にこの曲を演奏することによって、私がどんなことをやるのか、それをもっとも削ぎ落とした形で表現しているので、お客さんに理解してもらい易いと思います。 この曲は、Mark Pistellと共にスタジオに入り、ワンテイクで録音されました。ですから、そうですね、この二曲の制作方法は大きく異なります。実はこの曲のパフォーマンスに使用するシステムを開発するのにはとても長い時間がかかったのですが、パフォーマンスそのものはかなりシンプルです。 「Chorus」のビデオは、ラップトップを中心に置いた、あなたのデスクトップが焦点となっています。デジタル音楽やデザイン、執筆といった仕事に携わっているたくさんの人たちには馴染み深い光景です。こうした日常的な光景が抽象化されていく映像のイメージと、人の声が加工され極めて人工的な音響空間に配置されている楽曲との間には、重なる部分があるのでしょうか? はい、重なります。私はラップトップとの親密性をひとつの問題意識として扱ってきており、それは間違いなく『Movement』のテーマのひとつでした。『Movement』では、私はデジタル音楽の中に肉体的なものを見出すべく、人の声を使用したわけですが、「Chorus」では自分のツール/環境としての、デジタルとの親密性にフォーカスしました。特に、最近のNSA(米国国家安全保障局)の活動と個人のプライバシーの問題を考えると、さらに示唆的であるといえるでしょう。私はときどき、「私のラップトップは私以上に私のことを知っている」と言っているんですが、それを誰かが監視していると考えるとちょっと恐ろしいですよね。 Hollyについてさらに詳しく 「Chorus」についてさらに詳しく

Operatorで「Look At Me Now」 ー Dubspotの新チュートリアル

Tutorials

Operatorで「Look At Me Now」 ー Dubspotの新チュートリアル

パーフェクトなタイミングのクラップ、ディープなベースライン、バスタ・ライムスの熱いバース ― これらすべての要素が絡み合い、「Look At Me Now」を魅力的なシングルにしています。しかしビートはいきいきとしたリード・シンセでなければなりません。それがトラックでDiploとFree SchoolとコラボレートしたAfrojackの手のかかったビートの特徴です。Dubspotの新チュートリアルでは、Adam PartridgeがOperatorを使用してこのシンセを(ピッチモジュレーションの細部に至るまで)再現します。 チュートリアルセットをDubspotからダウンロード

Minilogue:スタジオ・ジャム

Artists

Minilogue:スタジオ・ジャム

スタジオでのMinilogue Abletonはスウェーデン人デュオMinilogueのクリエイティブ・ プロセスとスタジオ・ セットアップを紹介する特集記事を掲載しました。マルメ郊外の手つかずの自然に囲まれたスタジオにMinilogueを訪ねた際、彼らは「The Island of If」と、「swansong」 EP ( Cocoon)のスタジオ制作中でした。下のビデオでは、スタジオ・セッションから生まれた未収録の23分にわたるジャミング風景をご覧いただけます。 このビデオを取りあげていただいたFACT Magazineのスタッフの皆様ありがとうございました。 次のドキュメンタリー特集で、Minilogueについてさらに詳しく: Minilogue: 限りなくヒューマン Minilogue: セットアップ

Buffer Shufflerを使ってみよう - AskAudioの新チュートリアル

Tutorials

Buffer Shufflerを使ってみよう - AskAudioの新チュートリアル

Buffer Shuffler Max for Liveに付属するオリジナル・エフェクトのひとつ、Buffer Shufflerは、Live 9でより便利でパワフルになりました。オーディオの再編成、スタッターのシーケンシング、乱れたピッチや周波数シフトのプログラミングなどが可能です。これらの効果は難しそうに聞こえますが、Buffer Shufflerなら驚くほど簡単です。この新記事では、AskAudio MagazineのGary Hiebnerがその機能を詳細に説明しています。 AskAudioでさらに詳しく Liveのさまざまなスタッターとピッチ・エフェクトに興味のある方は、Beat Repeatをお試しください。

Quantize CoursesのBeat Repeatガイド

Tutorials

Quantize CoursesのBeat Repeatガイド

LiveのBeat Repeat Beat Repeatは極めてパワフルなエフェクトです。長いループ、短いスタッター、面白いピッチ・エフェクトなどを扱えます。認定トレーナーのKeith MillsによるQuantize Coursesのチュートリアルでは、Beat Repeatのさまざまな機能が総合的に説明されています。下のビデオを見て、スタッター、ロール、ラッシュをマスターしましょう。 ループ、スタッター、ピッチ・エフェクトを違った形で使用するヒントをお探しですか?Max for LiveのBuffer Shufflerについてさらに詳しく

Live 9でビートをプログラミング - Yeuda Ben-AtarとLyndaの新チュートリアル

Tutorials

Live 9でビートをプログラミング - Yeuda Ben-AtarとLyndaの新チュートリアル

優れたビートとは心で感じるもの―踊ったり、リズムに合わせて頭を振ったり、魅力的なタムのフィルに没頭したり。聴けばそれと分かっても、いいビートを作成するとなると難しいものです。lynda.comの最新チュートリアルでは、認定トレーナーのYeuda Ben-Atarがビートメイキングに関する総合的な知識を披露しています。ベーシックなリズム理論から、伝統的なスタイルや現在主流のスタイル(ハウス、ダブステップ、ジューク/フットワークなど)、ビートのミックス方法まで、リズムのマスタークラスともいえる豊富な内容となっています。 下では、チュートリアルのサンプルをいくつかご覧いただけます。まずは、ドラムンベースのビートを紹介したものです。 次は、トラップのビート用の軽快なハイハットの作成方法を学びましょう。 その他のビデオをlynda.comで見る

Downloads

Holy Scale - 8bitbanditによるコード進行ラック

LiveのChordエフェクトは、複雑なコードをノートひとつで簡単に作成できます。8bitbanditの新しいMIDI Effect Rack、Holy Scaleはその進化形ともいえるもので、さまざまなキーのコード進行をカスタム作成できます。Holy Scaleをダウンロードし、好みのキーでロードし、いろんなノートでそのコードが再生されるか確認しましょう。 Holy Scaleをダウンロード

Minilogue:セットアップ

Artists

Minilogue:セットアップ

Minilogueにとって、エモーショナルかつ精神的な秩序は、作曲プロセスにおいて欠かせない役割を果たしています。スウェーデン・マルメ郊外の穏やかな自然に囲まれたスタジオで、Sebastian MullaertとMarkus Henrikssonからなるデュオは、みずみずしく進化するテクノをさまざまなハードウェアとソフトウェアを駆使して作曲していますが、そのセットアップの中心をなすのがLiveです。下のビデオでは、SebastianがMinilogueのテクノロジーについて簡単に説明しています。 Minilogueについてさらに詳しく知りたいなら、Minilogueのクリエイティブ・プロセスや影響について詳しく説明したビデオをご覧ください。 スタジオ・テクノロジーの拡張をお考えですか?Pushについて詳しくはこちらから。 この記事をFacebookでシェア

Minilogue:限りなくヒューマン

Artists

Minilogue:限りなくヒューマン

Minilogueの音楽は、エモーションと目的に突き動かされている ― 最新アルバム「Blomma」のリスナーは、美しくダイナミックなディレクションの贅沢な時間(なかには45分を越えるトラックも!)に遭遇することになるでしょう。スウェーデン・マルメの郊外にあるSebastian MullaertとMarkus Henrikssonのスタジオに招かれたAbletonは、彼らのコラボレーションとスタジオでの制作の様子をうかがい知ることができました。リリース作品が生まれるスタジオでのジャミングの状態に入る前に、2名のアーティストがそれぞれの思考と感情に対峙する方法を下のビデオからご覧いただけます。 Minilogueのスタジオセットアップについてさらに詳しく知りたいなら、SebastianによるMinilogueのハードウェアとソフトウェアに関する詳細な説明をご覧ください。 Liveを初めてご使用ですか?簡単な説明を読んだら、さっそく始めましょう。 この記事をFacebookでシェア

K-Popマッシュアップと詳細リミックス・ブレイクダウン ― Rishhabh Rajanのビデオ

Tutorials

K-Popマッシュアップと詳細リミックス・ブレイクダウン ― Rishhabh Rajanのビデオ

認定トレーナーRishabh Rajanは、Froyaの「Fries and Cream」のリミックスでのプロセスを記録し、コミュニティに公開しています。全6回からなるビデオ・シリーズの初回で、Rishabhはリミックス用のドラムの微調整とシーケンシングの方法について概要を説明しています。下からビデオをご覧ください。 シリーズの他のチュートリアルを見る Rishabhは、K-Popソングのマッシュアップも公開しています。YouTubeユーザーTakによる話題沸騰のビデオ「K-Pop Culture」に触発された作品です。RishabhがPushとLEAP Motionコントローラーを使用してこのマッシュアップを作成していく様子をご覧ください。