Sounds

String Quartet

制作: Spitfire Audio

ピチカートの繊細な響きから、ふくよかで活き活きとしたレイヤーまで、リアルな音色とテクスチャーをパッケージ。バイオリン2台、ビオラ、チェロによる弦楽四重奏の音源が、 Spitfire Audioとの共同制作により誕生しました。

USD 49

Live 11の新機能

弦楽器の豊かな表現性をマルチサンプリングでとらえたString Quartetは、 近距離録音で臨場感あふれる音色をとらえました。自然に澄みわたる弦楽器の音源としてだけでなく、独創的な音作りの素材としても活躍します。

収録サンプルは、跳ねるスピッカート、柔らかく繊細なスル・タスト、倍音に富むサル・ポンティチェロ、緊張の高まるトレモロなど、さまざまな弓奏法と音の長さで用意しています。 個別に使い分けられることはもちろん、便利なプリセットを使って複数のサンプルを組み合わせることもできます。

収録のMax for Liveデバイスを使えば、丁寧に調整したクロスフェード曲線を音源に適用して、さらなるリアリティの追求が可能。 面倒なマッピング作業を省略できるMPEプリセットも搭載しているので、気軽にMPEキーボードを演奏して1音1音を個別に変化させられます。

制作のきっかけになるアイデアや、いろいろなことを試すフレーズが欲しいときは、異なるメロディースタイルとコード進行を厳選したMIDIクリップがおすすめ。

Spitfire Audioのウェブサイトには、String Quartetのデモ動画や詳細な説明書も用意されています。

Spitfire Audioについて

Spitfire Audioは、マルチサンプリングによる楽器録音で世界を代表する企業です。設立者自身の制作で使用する弦楽器の音源集を録音するところからスタートした同社は、これまでに60種類以上のサンプルライブラリを発表してきました。その音は、ハリウッドの主要な映画音楽やヒット曲で耳にすることができます。

収録内容

オールインワン・プリセット × 2
個別の演奏テクニック用プリセット × 9
MPEのプリセット × 9
MIDIクリップ × 50
Max for Liveデバイス × 3

Live 11の新機能

USD 49