Sounds

Skiddaw Stones

作成者 Soniccouture

Skiddaw Stonesは、Soniccoutureがサンプリングしたインストゥルメントのうち、最も珍しく、最も古い楽器です。 リソフォン(「リソ」とは石、「フォン」とは音を意味し、石琴とも呼ばれる)の歴史は1840年までさかのぼります。Skiddaw Stonesは音階順に並べた61の加工石からなり、イギリス・カンブリアのフォルンフェルスの石が使用されています。

USD 79

Skiddaw Stonesは、Soniccoutureがサンプリングしたインストゥルメントのうち、最も珍しく、最も古い楽器です。 リソフォン(「リソ」とは石、「フォン」とは音を意味し、石琴とも呼ばれる)の歴史は1840年までさかのぼります。Skiddaw Stonesは音階順に並べた61の加工石からなり、イギリス・カンブリアのフォルンフェルスの石が使用されています。 フォルンフェルスは、一般的な粘板岩に比べ、音色に優れ、響きが長いことで知られています。

石工で音楽家であるJoseph Richardsonにより、約13年の年月を費やして製作されました。8オクターブにわたるホルンフェルス石が収集されています。 この楽器を構築するために、Josephは全財産を費やし、家族を困窮させることとなりました。 楽器が完成すると、Richardsonと彼の息子は「The Rock, Bell and Steel Band」としてヨーロッパツアーを行い、ビクトリア女王の求めによりバッキンガム宮殿でも演奏しました。

この楽器は、現在Keswick博物館に所蔵されています。幸運にも、楽器をスタジオへと運搬して録音する許可を博物館から得ることができました。 石には35万ポンドの保険がかけられていることもあり、簡単な作業ではありませんでした。 スタジオでは、幅広いベロシティをとらえるために2種類のマレットが使用されました。また、木製マレットの先端が石の表面をこするときのアーティキュレー ションも録音されました。心に残るすばらしい響きを奏でます。 太古を思わせる魅惑的な楽器となっています。 非常に個性的な「ロック」ミュージックです。

 

USD 79