Artists

Taylor Kuffner: Gamelatron

「人類の文化遺産の恒久的遺物」

インドネシアでの生活の様子を語るAaron Taylor Kuffnerの話を聞けば、ガムランの演奏がいかに大変なものなのかが分かるでしょう。 「食べて、寝て、起きてはガムラン伝統楽器と演奏形態を研究する毎日を2年以上続けました」週40時間以上を演奏に費やしていたインドネシアでの生活について、彼はこう語っています。

インドネシアから米国へと戻った後、彼はガムラン奏者を使用しないでガムラン・アンサンブルを披露する方法を模索し、悶々とした日々を送っていました。 「ガムランのレコードは、フィールド録音であろうとスタジオ録音であろうと、どれも精彩に欠けているように思えました」Taylorはこう説明します。 「もともとこの楽器は、実際に楽器を目の前にして演奏を楽しむようデザインされているのです」 そこで彼は、LEMUR(League of Electronic Musical Urban Robots)のアーティスト・イン・レジデンス活動中、Ableton Liveを使用して最大170ものロボットを操り、本来複数の演奏者により行われるこの楽器の単独演奏に成功したのです。

Gamelatronと2011年のパフォーマンスについて、詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.gamelatron.com