Artists

Minilogue:限りなくヒューマン

minilogue_ahap.jpg

Minilogueの音楽は、エモーションと目的に突き動かされている ― 最新アルバム「Blomma」のリスナーは、美しくダイナミックなディレクションの贅沢な時間(なかには45分を越えるトラックも!)に遭遇することになるでしょう。スウェーデン・マルメの郊外にあるSebastian MullaertとMarkus Henrikssonのスタジオに招かれたAbletonは、彼らのコラボレーションとスタジオでの制作の様子をうかがい知ることができました。リリース作品が生まれるスタジオでのジャミングの状態に入る前に、2名のアーティストがそれぞれの思考と感情に対峙する方法を下のビデオからご覧いただけます。

Minilogueのスタジオセットアップについてさらに詳しく知りたいなら、SebastianによるMinilogueのハードウェアとソフトウェアに関する詳細な説明をご覧ください。

Liveを初めてご使用ですか?簡単な説明を読んだらさっそく始めましょう

この記事をFacebookでシェア