Tutorials

Analogでノイズベースのハイハットを作成

クラシックなアナログドラムマシンのハイハットサウンドは、エンベロープとフィルターによりシェイプされたホワイトノイズから生成されています。Future Music誌の新チュートリアルでは、Ableton LiveのAnalogシンセサイザーとSaturatorエフェクトを使用し、さまざまなノイズベースのハイハットを作成する方法を説明しています。作成されたサウンドをこちらからお聞きいただけます。

Loop – Ableton’s summit for music makers. 詳しくはこちらから