Artists

Machinedrum:周波数の深淵へ

machinedrum.jpeg

Machinedrum

これまで10年にわたり、Machinedrum名義で活躍するTravis Stewartは、ヒップホップ、ジューク、ジャングル、ハウスのインストゥルメンタルフュージョンである自身のサウンドをより洗練されたものへと磨き上げてきました。また、複雑な作品をダンスフロア用に加工する手法を理解している冒険的なプロデューサーとしても高い評価を得ています。2011年、彼はPlanet Muからリリースしたアルバム「Room(s)」で賞賛を浴びました。その後ベルリンへと居を移し、Machinedrum名義のソロとして、またはSepalcureのメンバーとしてめまぐるしいツアースケジュールをこなしながら、ベースに比重を置いたサウンドを探求するいくつかのシングル、EP、ミックスをリリースしています。このインタビューでTravisは、インスピレーション、フラストレーション、自らに課す制約について話を聞かせてくれています。さらにTravisは、「Room(s)」の1作品をダウンロード可能なLiveセットとして提供してくれました。このLiveセットには、制作に使用されたすべてのサウンドとエフェクトが含まれており、インタビューで自身の制作テクニックとアプローチについて説明しています。

音楽を始めたきっかけは?

早い時期にピアノとギターを演奏するようになりました。5、6歳の頃だったと思います。レッスンのようなものを受けたことはありません。耳で覚えたという感じです。お気に入りのバンドを聴いて、そこから演奏する方法を学んでいました。家族も皆、音楽好きなんです。母がピアノを弾いていたので、私は小さなグランドピアノがある家で育ちました。祖父はカントリーバンドでペダルスティールを演奏していましたし(今も演奏しています!)、いとこはギターを演奏するシンガーソングライターで、父は楽器を集めるのが趣味でした。だから、家族の影響かもしれませんね。

最初に手にとったマシンは何でしたか?また、現在はどのような機材を使用していますか?

エレクトロニック音楽を始めたばかりの頃は、Cakewalk、Impulse Tracker、Rebirthなどのソフトウェアと、入手可能なフリーウェアを主に使用していました。初めて購入したハードウェアはYamaha CS1xとBoss Dr. Sample 202、そしていくつかのFXペダルでした。裕福というわけではなかったので、限られた予算でやりくりしなければなりませんでした。このことが、今の音楽制作のアプローチにつながっているような気がします。現在のセットアップは、Macbook ProとAbleton Live、そしていくつかのMIDIコントローラーと、比較的シンプルなものです。頼りになるMichael NorrisのSoundMagic SpectralプラグインとNative InstrumentsのReactor + Massiveのほかは、プラグインもそれほど多用していません。ほとんどの場合、Abletonの内蔵プラグインで満足しています。

音楽技術は、あなたにどんなインスピレーションとフラストレーションを与えていますか?

音楽技術のおかげで、とても恵まれた環境になっていると思います。賛同しない人もいるでしょうが、こんなに簡単に作曲したりレコーディングしたりできるというのは、やはりすばらしい状況だと思うんです。録音技術がなければ、たくさんの才能あるアーティストが世に知られることのないままになってしまいます。それを考えると、その重要さは計り知れません。耳で音楽を勉強した者、つまり、音楽理論を学んだことがなく、作曲にアバンギャルドで抽象的なアプローチを採るアーティストにとって、次世代のみならず同世代にも自分の音楽を伝えることは不可能に近いことでした。

音楽技術における唯一の問題点、「フラストレーション」といえば、ソフトウェア、プラグイン、シンセと選択肢に限りがないことです。本来は、技能を磨き、独自のサウンドを作り上げることに力をいれるべきなのに、最高の機材を手に入れることに躍起になって、核心を見失っている人が多いような気がします。独自のクリエイティブなスペースとワークフローを見つけるためには、自分なりの制約を作ることがとても重要だと思います。そうでないと、個性のない陳腐なサウンドになってしまいます。かつては自分も、すべての楽曲に同じシンセを使用するアーティストをけなしていたものですが、間違いだったと気づきました!セットアップをころころ変えていたら、リスナーはアーティストを識別することはできないでしょう?

Machinedrumサウンドの構成を説明するため、制作の裏側を少しだけ見せてもらえないかとTravisに依頼したところ、親切にも、Travisは最新アルバム「Room(s)」の「Sacred Frequency」をシェアし、制作に使用したLiveセットを使用されたサウンドとインストゥルメントを含めて公開してくれました。

インタビューの後半部分では、「Sacred Frequency」での制作テクニックとアイデアについて話を聞いています。詳しい内容に触れるインタビューとなっていますので、読み進める前にLiveセットをダウンロードして開いておくことをおすすめします。

こちらからMachinedrumのLive Packをダウンロード

フル機能を利用するにはAbleton Live 8またはSuite 8が必要です。Live IntroおよびLive Liteではデモモードで使用できます。

このトラック(「Sacred Frequency」)はどこからスタートしたのですか?作業を開始した最初の要素、その次の要素を決めた方法などについて教えてください。

昔録音したサンプル「sacredfreq」から作業を開始しました。テープディレイとスプリングリバーブにつないだギターのフィードバックを録音したものです。面白いことに、完成したトラックでは結局このサンプルは使用されていないんです。でも、歌詞とタイトルのインスピレーションになりました。このサンプルを見限って、コンピューター上にあったマーチングバンドのビデオ録画のサンプリングを始めました。このグレインディレイシンセサウンドをノイズゲートしてドラムトラックに入れました、あとはご存じのとおりです。

「Sacred Frequency」のトラックに、水の流れる音と子供の声のフィールド録音のようなサウンドが使用されていますね。こういったサウンドをテクスチャーとして作品に使用することはよくあるのですか?また、水のサンプルはドラムに合わせてうまく強調されていますが、ここで使用されているテクニックについて教えてください。

そうですね、フィールド録音をレイヤーとしてチューンの背景によく使用します。こうすることで、環境というか、楽曲が存在する空間を楽曲に与え、よりビジュアルなリスニング体験を実現できる気がするんです。ドラムと一緒に聞こえる水の音にはノイズゲートを使用しています。ドラムに新しいテクスチャーを与え、楽曲のサウンドがよりオーガニックなものになっていると思います。

メインのキーボードは、長めのオーディオクリップから派生した短いフラグメントから作成されていますね。使用するセグメントを決める要因はどのようなものですか?

Ableton Liveに移行するまでの約12年間、音楽制作にImpulse Trackerを使用していました。Impulse Trackerはサンプルベースのシーケンサーで、もともとDOSをベースとしていましたが、その後WindowsとMacにもエミュレートされました。Impulse TrackerにはMIDIやVSTインストゥルメントはないので、サンプルに頼るしかありません。長い録音をサンプリングして内容を確認し、パーフェクトなサウンドを探すというこの手法は、今でもよく使用します。ある意味、もう第2の天性となったといえるでしょう。Liveでは、ピンと来るものが見つかるまで、クリップ内で再生マーカーをドラッグします。「Sacred Frequency」ではオーディオクリップを使用しましたが、今では見つけたサウンドをSimplerかImpulseにロードするのが常です。最近制作した作品のほとんどは、ほぼ100%MIDIトラックだけを使用しています。

EQの重要性とはどのようなものでしょうか?また、ミックスでサウンドの「座り」を良くするためにどれくらいの時間をかけていらっしゃいますか?

確かに、トラックにはかなりのフィルターを使用することが多いですね。トラック、音のまとまり、フェードアウト、テンションなどに動きを与えるためです。ミキシングは、エレクトロニック音楽においてはクリエイティブなプロセスの一部だと考えています。ですから、トラックでの作業中、他の要素を録音したり追加したりする前に、優れたミックスを見つけることが重要となります。2、3のインストゥルメントだけの状態でパーフェクトなミックスが見つかれば、もうそれ以上何も追加する必要がないと気づくことすらあります。ダイナミクスは、それ自体インストゥルメントのようなものだと思っています。

-

Machinedrumの最新リリースはLuckyMeのSXLND 12"です。TravisのDJミックスと最新ライブ情報については、Machinedrumウェブサイトをご覧ください

Sacred FrequencyのLiveセットは教育上の目的で公開されるものであり、コンテンツの著作権はMachinedrumに帰属します。リミックスは歓迎します。remix@machinedrum.netまで作品をご送付ください。