Artists

KOMPAKTにフォーカス:Saschienne(サチエンヌ)

voices-of-kompakt-saschienne.jpg

Kompaktレーベルのもっと最近のサクセスストーリーのひとつは、デュオのサチエンヌ(サーシャ・フンケとジュリエンヌ・デサンジュ)です。警戒心を解きほぐすような人懐っこさと社交性があり、結婚しているカップルらしくステージ上で見つめ合い、仲良くこちらがほっこりするようなトークをします。サチエンヌとしてのデビューアルバムUnknown, も親密な雰囲気が前面に出ています。アコースティック楽器が醸し出すアンティークな雰囲気、ジュリエンヌとサーシャのデリケートなボーカル、各トラックに煙のように緩やかにに入り込むビートのどれをとっても Unknownは時空を完全に包み込む極上のアルバムです。Kompaktの宇宙を構成するアーティストを特集するシリーズの一貫として、サーシャとジュリエンヌを招き、私生活そして仕事上でも一体となることUnknownの制作、そして自分たちの音楽をステージ上で表現することの難しさについて話し合いました。

 

最初からお聞かせください、ふたりが出会ったきっかけは。

サーシャ・フンケ:ジュリエンヌがロンドンのクラブで働いていた4年前に出会いました。その後、2010年5月にジュリエンヌがベルリンに引っ越し、2010年10月には音楽プロジェクトを計画していました。出会った瞬間からただひたすら音楽を演奏して、それ以外は何もしませんでした。元々私たちは同じルーツでないのに、仕事を一緒にすると気がぴったり合うのには驚きました。そしてある日、「自分たちだけじゃなく他の人のためにも音楽をしよう、アルバムを制作しよう」と決めたのです。ここまで来るにはそれほど時間は掛かりませんでした。

ジュリエンヌ・デサンジュ:ちょっと早すぎたかも。

それからジュリエンヌ、貴方の音楽の経験はクラシック楽器のほうが多いですか。

ジュリエンヌ:そうとも言えますし、そうでないとも言えます。というのは、私はいろいろなジャンルの音楽が好きなので、このジャンル、あのジャンルとは言いがたいのです。ですからいろんな音楽を聴きますし、勿論クラブの経験もあります。グラスゴーにあるSomaや、ロンドンのFabricでも働いていました。そうです、クラブ経験がもありますし、この頃からKompaktの熱烈なファンでした。

私の受けたトレーニングはよりクラシックの学術的なピアノで、あまり面白くはありませんでしたが、現代音楽もよく聴いていました。フィリップ・グラスがお気に入りで、私達の音楽に共通点があります。ですから、ジャンルを問いません。私にとっては単に音楽だからです。

サーシャ、貴方は多くのテクノ系とハウス系レコードをリリースしてきました。貴方もアコースティック楽器の経験があるのですか、それとも電子楽器から始めたのですか。

サーシャ:私は子供の頃80年代のポップ・ミュージックをよく聴いていました。電子音楽を聴き始めたのは1992年です。他の音楽の存在を忘れたわけではありませんが、シンセサイザーやサンプラー、その他のテクノで学んだ機器以外を使って練習しませんでした。

Kompaktレーベルを知るようになったきっかけは。

サーシャ:ベルリンでKompakt DJが演奏している時はいつも観に行きました。最初にマイケル・メイヤー、トビアス・トーマス、スーパーピッチャーと知り合いました。1991年にはデモCDをレーベルに出したところ、幸運なことに幾つかの曲が選ばれ、それが私の初めてのシングルとしてリリースされました。

Kompaktで始めてから15年になろうとしています。1999年から2013年の間に何が変わりましたか。

サーシャ:レーベルの哲学は今も昔も変わりません。ユニークな性格を持つ個人的な音楽を探すアプローチは今も変わっていません。また、Kompaktで初日から働いている従業員の多くは今でも事務所で働いています。音楽に関する同じ考えやチャレンジを共有できる継続性があります。音楽シーンは絶えず変化してきましたし、今後も変わり続けるでしょうが、Kompaktの変化は絶えず独自のパス見つけます。

ジュリエンヌ、貴方はサチエンヌを始める前に音楽業界のビジネスサイドで仕事をしていました。Kompaktを知るようになったきっかけは。

ジュリエンヌ:私は十代の頃Kompaktに出会い、それ以来レーベルのファンです。私の中でずっと変わらないお気に入りの曲を沢山リリースしています。数年後には、私が働いていたFabricにマイケル・メイヤーがよく来て演奏していたので、彼とはその頃に出会いました。毎週世界中のアーティストがやってきていましたが、その中でもマイケル・メイヤーのセットは私にとっては格別なものでした。その当時、事務所のスタッフと出会って一緒に仕事をする機会にも恵まれました。Kompaktは事務所では本当にドリームチームが仕事をしているようで、みんなが音楽に情熱を持ち中で自分の仕事にひたすら打ち込んでいます。これがレーベルを特別な存在にする一つの要因です。

 Unknownを聞いていると共通した雰囲気があります。特定の場所や時間のように感じたのですがレコードで表現されていると思うその時期に、何か特別なフィーリングはありましたか。

ジュリエンヌ:はい、勿論です。それがアルバムを面白いものにしていると思います。またそれがアルバムの限界でもあるかもしれません。私達がレコーディングを開始した2010年10月、11月、その時と場所に密接に結び付いています。フランスで小さなファームハウスのような家を借りました。その当時はアルバムなどを作る計画は全くありませんでした。いくつかの楽器があって、手元にあった古いシンセサイザーを持ち込みました。楽器があって、その場所で音楽を録音するのがただ楽しかったのです。。アルバムはその時間に結びついていると思います。都会から離れたインターネットも何もない農場の真ん中に二人で暮らす環境は外界から完全に遮断されていました。私達の他にいたのは牛ぐらいですかね。

サーシャ:携帯の電波もなかなか届きませんでした。。

ジュリエンヌ:ただ音楽を演奏し、ワインを飲んで過ごしていました。

その話に続きますが、サチエンヌの通常のスタジオプロセスについて説明していただけますないか。お互いに異なったアイデアを持ち寄るのですか、それともまず一緒に机に向かうのですか。

サーシャ:ジュリエンヌがこれを担当して、私はこれを担当する、というようなことは一度もありません。ある時点でお気に入りの楽器があってそれを使いたいということはあるかもしれませんが、最初のアイデアはふたりで出し合います。わたしはアルバムを念頭に置いて考えますが、ジュリエンヌは私をはるかに超えるアイディアを持っていたと思います。今はそれが変わりつつあります。

ジュリエンヌ:そうです、パターンというものはありません。以前、アルバムを作成した時は、サーシャがパーカッションとビートを担当することが多く、メロディーに関するアイデアは私が多く担当していました。Liveを使うのは初めてだったで私にとっては初の体験でしたが、このソフトウェアの素晴らしい点はとても使いやすくて自分のしたいことをとてもすばやく簡単にできるということです。それから、数カ月後には私がビートとベースをやり始め、サーシャが全てのメロディーを担当したぐらいですから、何かを始める前に担当が決まっているわけではないのです。

 サチエンヌのライブセットを説明して頂けますか。

サーシャ:私がクリップを押し、シーンを選択します。ジュリエンヌは絶えずMoogを演奏しています。

ジュリエンヌ:ですから、シンセサイザーを演奏するのは私だけで、Abletonも使っています。エフェクトやプラグインを利用するのでわたしのサウンドMoogはコンピュータを通じて出力されます。

サーシャ:ジュリエンヌはAbeltonをミキサーとして使っています。どのサウンドも独自のチャンネルとエフェクトがあります。

ジュリエンヌ:そしてサウンドを簡単にトリガーできます。サーシャがシーンを演奏していて…

サーシャ:ちょっとテクニカルな話になりますが、サウンドはたくさんあって、ある時は私の画面上に15のサウンドがあり、15のクリップが再生されます。それがこのハードウェアを使えない理由です。通常は8曲に制限されているからです。

ジュリエンヌ:サウンドには多くのレイヤーがありますから…他の人のライブ演奏みたいにチャンネルを8個にして、本当に簡素化しようとしたのですが管理できませんでした。今振り返ってみると、最初はこれがすごいストレスでした。「何か間違ったことをしているのでは」と思ったものです。他のみんながこのシンプルなのを使っているのに、私たちセットだけとても複雑に見えましたから。ただこれが私たちを特別にした理由だと思います。

サーシャ:ジュリエンヌがいつもライブで演奏しているのは大きなプラスです。彼女は生で演奏をいますが、普通一人でシーンを再生しながら確実に演奏するのは不可能に近いのです。ですから、私がやっているそれほどクレージーでないエフェクトは、丁度良かったのです。というのは、注目はMoogに向けられますし、ライブの醍醐味はMoogから生まれているのですから。