Artists

Francesco Tristano: ピアノのパイオニア

Francesco Tristanoは、幼少期から情熱を持って音楽にみを投じていました。5歳でピアノのレッスンを開始し、13歳で初舞台を踏み、名門ジュリアード学院で学んだ彼は、最近ツアーとアルバムを発表し、批評家から絶賛を得ています。 クラシックにおいてこのような優れた経歴を持つFrancescoの音楽への興味は、やがてテクノやエレクトロニック音楽など現代的な音楽への取り込みへと進みました。 現在、そのプロジェクトは、クラシックと独自の楽曲によるフュージョンからグランドピアノのサウンドマニピュレーション、Carl Craig、Murcof、Moritz von Oswaldなどのアーティストとのコラボレーションと多岐にわたっています。

FrancescoはCarl Craigを介してAbleton Liveについて知りました。「2007年にCarlがLiveを見せてくれたすぐ後、アルバム『Not for Piano』(2007年)のツアーで、グランドピアノのサウンドをマニピュレートしたり、他の異なるサウンドを付け加えたりするのにLiveを使ったんだ。 Liveに出会えて本当に良かったよ。 これを使い始めてからというものの、ステージで一人ぼっちという気分にならなくて済む。 バンドと一緒に演奏してるみたいに思えるんだ」

francesco_tristano_full_banner2.jpg

Francesco Tristano

「スタジオでは、Liveを使ってアイデアを展開させていくんだ。何か録音してみて、ループさせてどんどん発展させていく。 なんといっても、何でも自由に、直感的にできるのがいいね。 アルバム『Auricle Bio On』(2008年)では、グランドピアノの録音をLiveのセッションビューでカットして、クリップエンベロープ内でボリュームとパノラマセクションを追加して、Beat Repeatなんかのエフェクトを加えてみた。 このトラックはこんな感じに仕上がったよ」

アルバム『bachCage』(2011年)のソロツアーで、Francescoはグランドピアノのサウンドの編集にLiveを使用しました。「完璧なパフォーマンスは退屈だ。 ステージは自由な空間なんだ。 グランドピアノにエフェクトをかければ、新しいサウンドが生まれてくる。  こういう直感的な要素がとても好きなんだ。Liveなら、演奏したいと思わせてくれるし、想像しなかったようなサウンドで驚かせてくれる」

 これは、『bachCage』のコンサートで使用したLiveセットだ。AbletonエフェクトのChorus、Grain Delay、Filter Delayと、Lexiconプラグインを2つ使用している。 他のリターンにある他のエフェクトへのセンドでエフェクトチェーンを発展させていく。 グランドピアノはそれぞれ異なるハイトーンで構成されていてエフェクト内でそのサウンドを進化させていく。 ステージでは、使用したいな、演奏したいなと思う好みのサウンドが生まれてくるまでパラメーターをいじってみるんだ」

francesco_tristano_full_banner4.jpg

Francesco Tristano Screenshot

上:FrancescoのLiveセットのスクリーンショット。リターンのエフェクトのネットワークに注目

 

 Francesco Tristanoについて詳しくは次のリンクからご覧ください:

公式ウェブサイト
Facebook