Tutorials

Max for Liveデバイスを構築する:Point Blankの初心者向けチュートリアル

Synth building in Max for Live

Max for Liveでのシンセ構築

ここでは、シンプルで基本的なモジュレーション・エフェクトから先進的なシーケンサーやビデオ・エディターまで、さまざまなMax for Liveデバイスを紹介してきました。独自のデバイスの作成に興味がわいてきましたか?それなら、お気に入りの既製デバイスに加工を加えてみるのも一考です。初めはとっつきにくく思えるかもしれませんが、仕組みを知り、実際にMaxでパッチングを行うことでたくさんのことが学べます。Point Blankは、パッチングに関する初心者向けの新しいビデオ・シリーズを制作しました。Max経験がなくても大丈夫。パート1では、MaxとMax for Liveの操作の概要について説明しています。

パート2では、はじめてのMax for Liveインストゥルメントとしてシンセサイザーを作成します。

最終回のパート3では、デバイスにコントロールやオートメーションを追加する方法を学びます。

Point Blankでその他のチュートリアルを見る