Push
新機能

Liveアップデートは毎回、Pushの新機能や機能向上を提供しています。最新の追加項目をご覧ください。

まもなくLive 10で使用可能

メロディック・ステップシーケンサーの新しいレイアウト

ステップシーケンサーの打ち込みと演奏をひとつのパッド・レイアウトで同時に行うことができます。レイアウトの下半分はリアルタイム演奏に対応し、上半分はステップシーケンサーの打ち込みに使用します。

MIDIノートビュー

打ち込んだパターンをPushのディスプレイ上で確認しながらMIDIノートを直接編集できます。MIDIノートの入力されているステップを長押しすると、詳細情報がスクリーンに表示され、ベロシティ、ポジション、長さなどの変更が可能になります。

Advanced effect visualization

Pushでは演奏中にWavetableやEchoの詳細な情報を見ることができます。ミックス時であれば、EQ Eightのスペクトラム分析や、EQのM/SモードとL/Rモードの情報などが表示されます。LiveのCompressorを使うときはリアルタイムな音の変化をPushのディスプレイ上で確認できます。スレッショルドの設定や効き具合を視覚的に判断できるほか、サイドチェーンの接続設定を行うことも可能です。

Live 9.7によりもたらされる新機能により、Pushでのビートのスライス、録音、プログラムはこれまで以上に向上。

TecBeatzがLive 9.7とPushをプレイする様子を観る

Live 9.7の新機能:

スライス機能が拡大

拍分割やリージョン単位、手動やトランジェントでサンプルを分割できます。より多用途なスライス機能により、リズムの可能性はさらに広がります。

16ベロシティ

ダイナミックなビートを素早く構築 ― Pushの新しいドラム・レイアウトにはパターン再生とプログラミング用の16のベロシティ・レベルが搭載。Drum RackとSimplerのスライシング・モードで機能します。

ハンズオンのオーディオ/MIDIルーティング

オーディオ/MIDIの入出力をPushから直接選択、録音。外部機器をサンプリングし、MIDIをさまざまなソース間でアサインしたりでき、フローを邪魔しません。

レコーディングやパフォーマンスでのビジュアル・フィードバック

Pushを使用してパッド、トラック、クリップを色分けし、パフォーマンスがより簡単に。クリップのフェーズやカウントインの新ビジュアル表示を使用して、レコーディングをタイトに。

さらに音楽的なプレイを

パッド感度がドラムやサステインコードなどプレイ内容に適応。

Live 9.6.2の新機能:

MIDIノート長を調整

Pushパッドを使用して、メロディ・モードとステップシーケンス・モードの両方でノート長を変更できます。

クリップをコピー&ペースト

[複製]ボタンを押し続けることで、セッション・モードのクリップのスロット間でコピー&ペーストできます。

Live 9.6.1の新機能:

ブラウズ機能の向上

[前をロード]/[次をロード]ボタンなど、ブラウズが向上およびスピードアップ。

よりスムーズになったズーム

向上したズームとオーバービューで、Pushからサンプルをより簡単にナビゲート。

追加スケール・レイアウト

オプションが増えたスケール・レイアウトで、メロディやハーモニーをさまざまな方法で再生できます。

Live 9.6の新機能:

アレンジメント録音

Pushを使用してセッション・モードでアイデアをキャプチャし、クリップを録音、ジャム演奏してアレンジメントでソングをスケッチ。さらに、Pushを使用してノートやオートメーションをアレンジに記録することができるようになりました。

ミュート、ソロ、クリップ停止の各ボタンをロック

一方の手でトラックのミュート、デバイスのバイパス、トラックのソロ、クリップの停止を、もう一方の手でインストゥルメントを再生したり、パラメーターを微調整しながら操作できます。

オーディオ・トラックでサンプルをロード

オーディオ・トラックにサンプルをロードしてホットスワップ。必要なループを探し、Simplerに変換して加工できます。

PushとLive 9.5は、タイトに統合された表現力豊かなハンズオンのミュージック・メイキング体験を提供します。

AbayomiがPushのみを使用して作品を仕上げる様子を観る

Live 9.5の新機能:

サンプルの操作

Pushから直接、スライス、再生、微調整ができるようになりました。 Push 2でのサンプリングについてさらに詳しく

ミキシング

エンコーダーを使用してミックスをハンズオンで調整。レベル、パン、センドはディスプレイに表示されるフィードバックを確認しながら調整できます。

サウンドデザイン

エンコーダーを使用してミックスをハンズオンで調整。レベル、パン、センドはディスプレイに表示されるフィードバックを確認しながら調整できます。

Ready to buy Push? See all Live and Push bundles