Live 10 Liteのダウンロード

Live Liteのシリアルナンバーをお持ちであることをご確認ください。 使い始めに

多数のアプリやハードウェア製品に付属するLive 10 Lite。 Live 10の簡易版として、ワークフロー、インストゥルメント、エフェクトといった機能の基幹部分を搭載。ソングの録音、お持ちのコントローラを使った制作、アプリで作成した音楽の編集など、多くの操作に必要な機能がすべて備わっています。

ビデオ「Live Liteとは」をチェックする

楽曲の録音

ひとりでの作曲だけでなく、バンドの録音にも、素早く柔軟に動作するLive Liteをお使いになれます。 感覚的に操作可能な機能とワークフローで録音を行えるほか、思いついたアイデアをその場で試すことが可能。 インストゥルメント、サウンド、エフェクトなど、制作を始めてから、音作りをして、楽曲を仕上げるまでに必要な素材がすべて搭載されています。

Live 10を学ぶ:オーディオ・インターフェースの設定

指先の操作で音楽をプロデュース

自由に設定してお気に入りのコントローラからLiveを感覚的に操作できます。デバイス、サウンド、独創的な機能などを指先で変更すれば、躍動的な制作やパフォーマンスが可能に。

Live 10を学ぶ:MIDIの設定

アプリで思いついたアイデアを膨らませる

Live Liteでは、音楽制作アプリで出来上がったフレーズを本格的に仕上げていくことができます。 作成したものを“Liveセット”として保存して、お使いのコンピュータに取り込めば、自分だけのアレンジとミックスが可能。 作りかけのMIDIパートの変更や、オーディオのスライスのほか、トラックのリミックスや大胆な作り変えも自由自在。

エクスポート機能対応アプリをチェック

iOSよりLiveセットへの書き出し方をご覧下さい

使い始めに

1. Live Liteのシリアルナンバーをお持ちであることをご確認ください

Live Liteのシリアルナンバーの入手場所シリアルナンバーの入手場所がわからない場合は、 こちらをご覧ください

2. Live Liteのダウンロード

3. インストールと登録

Liveのインストールでご不明な点がある場合は、こちらをご確認ください。 インストールの完了後、お使いのLive Liteのオーソライズを行ってください。 オーソライズには、有効なシリアルナンバーとAbletonのアカウントが必要です 。 アカウントをお持ちでない場合は、オーソライズの途中で作成できます。

4. 制作の始め方

ヘルプページで、よくある質問やLive 10のマニュアルのほか、チュートリアルビデオ「Liveを学ぶ」をご案内しています。

システム要件

PC

  • Windows 7(SP1)、Windows 8またはWindows 10(64ビット)
  • 64ビット Intel®Core™またはAMD multi-core processor(Intel®Core™ processor以上を推奨)
  • 4 GB RAM(8 GB以上を推奨)

Mac

  • OS X 10.11.6以降
  • Intel® Core™2 Duo Processor(Intel® Core™i5 processor以上を推奨)
  • 4 GB RAM(8 GB以上を推奨)

【注意】Live 10は、64ビットのみです。Linuxには対応していません。