多数のアプリやハードウェア製品に付属するLive 11 Lite。 Live 11の簡易版として、ワークフロー、インストゥルメント、エフェクトといった機能の基幹部分を搭載。ソングの録音、お持ちのコントローラを使った制作、アプリで作成した音楽の編集など、多くの操作に必要な機能がすべて備わっています。

主要機能
シーン x 16
センドトラック/リターントラック x 2
オーディオ入力(モノラル)x 16
オーディオ出力(モノラル)x 16
すばやく直感的な作曲、フレキシブルな演奏、インプロビゼーションを可能にするLive独自のセッションビュー
ノンディストラクティブ編集、取り消し無制限
最高32ビット/192kHzのマルチトラックレコーディング
パワフルなソフトウェア/ハードウェアインストゥルメントのMIDIシーケンス
先進的なワーピングとリアルタイム・タイムストレッチング
8 オーディオとMIDIトラック
グループトラック グループトラックを複数の階層で作成して、細かなアレンジメントを容易に管理する機能。
VST2、VST3、Audio Units v2/v3に対応
拍子記号の変更
コンピング Live 12 Liteに追加 複数のテイクを録音したあとに、うまく演奏できた部分をつなぎ合わせて理想の演奏を作り出す機能
複数のオートメーションレーン
MIDIポリフォニック・エクスプレッション コードを構成するノートのひとつひとつで、ベンドやスライドといった奏法や、鍵盤を押す力(プレッシャー)による操作が可能になります。 演奏で繊細な違いをつけることはもちろん、異なるコードにモーフィングさせたり、テクスチャーを次々と変化させたりと、幅広い演奏表現が実現します。
トラックのフリーズ
Capture MIDI 録音状態ではないときに演奏したフレーズをさかのぼってMIDI録音する機能。
テンポ追従 入力される音声のテンポをリアルタイムで検出して、Liveのテンポを自動で調節する機能。Liveのテンポに合わせてバンドが演奏するのではなく、バンドの変化に富む演奏にLiveが柔軟に追随します。
自動プラグインディレイ補正
MIDIリモートコントロールとインスタントマッピング
ハードウェアシンセへのMIDI出力
MIDIクロック/同期
マルチコア/マルチプロセッサー対応
WAV、AIFF、MP3、Ogg Vorbis、FLACファイル対応
Ableton Link ワイヤレス・ネットワークを使用して複数のLiveインスタンスとiOSアプリを同期させるAbletonの新テクノロジー
Noteの互換性 iOSアプリのNoteで始めた音楽のアイデアを、Ableton Cloudを使ってLiveに送信することができます。
Instrument Racks 複数のインストゥルメントとエフェクトを単体のデバイスとしてまとめ、カスタマイズされたマクロコントロールを使用してサウンドを分割またはレイヤーできます。
MIDI Effect Racks 複数のMIDIエフェクトを単体のデバイスに組み合わせ、カスタマイズされたMIDIプロセッシングチェーンをシンプルに操作できるマクロコントロールを作成できます。
Drum Rack クラシックな16パッドのグリッドでサンプル、シンセ、エフェクトをレイヤリングできるインストゥルメント
ワープモード“Complex” オーディオストレッチの先進アルゴリズム、ミックス済オーディオやフルトラックの作業に最適。
グルーヴプールとグルーブ抽出 シーケンスのタイミングと「フィール」のテンプレート - 既存のオーディオ素材からタイミングを抽出し、独自のテンプレートを作成可能。
チューニングシステム Live 12で新登場

コアライブラリに含まれるプリセット、または任意のscalaファイルを使って、様々なチューニング・システムを使用することができます。

キー/スケールの設定 Live 12で新登場

MIDIエフェクト、デバイスパラメーターとMIDI ツールを、再生クリップのスケールに同期できるようになりました。

スクリーンリーダー Live 12で新登場

視覚障害を持つミュージシャンの方が、スクリーンリーダーなどの支援テクノロジーを使用して、Liveのメインのワークフローを扱えるようになりました。

類似したサウンドの検索/ブラウザーの向上 Live 12で新登場

選択したサウンドに似たサウンドを表示させることができます。

ユーザーのカスタムタグ Live 12で新登場

作成したサウンドにタグを付けることで、タグでのフィルタリングや、Liveのキーワード検索を使用しての検索が可能になります。

カスタムブラウザラベル Live 12で新登場

検索結果や有効なフィルターにカスタムラベルを振って、サイドバーに保存することができます。 フィルター用タグや検索条件として後から簡単にアクセスすることが可能になりました。

ブラウザ履歴 Live 12で新登場

ブラウザ履歴を過去に遡ったり進めたりできるため、以前の検索を簡単に確認できます。

内蔵コンテンツのタグ付け Live 12で新登場

Liveの全エディションで、Packを含むあらゆるコンテンツにタグが振られています。

インストゥルメント
Drum Rack クラシックな16パッドのグリッドでサンプル、シンセ、エフェクトをレイヤリングできるインストゥルメント
Impulse 複雑なモジュレーション機能を搭載したドラムサンプラー。
Instrument Rack 複数のインストゥルメントとエフェクトを単体のデバイスとしてまとめ、カスタマイズされたマクロコントロールを使用してサウンドを分割またはレイヤーできます。
Simpler クラシックシンセパラメーターを搭載した簡単操作のパワフルなサンプラー。
Drift

A characterful MPE-capable synth capable of a wide variety of sounds from every era of modern music. For all Live Editions.

Pack
Beat Tools Live 12 Lite/Intro/Standardに追加 120を超えるDrum RackおよびInstrument Rack、スライスできる180以上のループ、微調整可能なエフェクト・チェーンなど、Beat Toolsにはハンズオンのビートメイキングに必要な全てのサウンドが含まれています―特にPushに最適です。
Build and Drop Live 12 Lite/Intro/Standardに追加 Build and Dropは、包み込むようなベース、強烈なドラム、多様な上昇音、サイレン、サウンド・エフェクトなど、高揚感のあるリード・サウンドを厳選したコレクションです。盛り上がりと解放感を期待せずにはいられない雰囲気を演出するクリエイティブなツールボックスとなっています。
オーディオエフェクト
Audio Effect Rack 複数のオーディオエフェクトを単体のデバイスに組み合わせ、複雑なエフェクトチェーンをシンプルに操作できるマクロコントロールを作成できます。
Auto Filter エンベロープフォロワーとLFOを搭載したクラシックなアナログフィルターのエミュレーション。
Beat Repeat 受信信号を意図的またはランダムにリピートしてビートを作成。
Channel EQ さまざまな音素材に合わせて周波数曲線とゲインレンジを柔軟に変えられるシンプルなEQ。
Chorus-Ensemble

音の厚みを演出するほか、フランジャーやビブラートを生み出します。 70年代のストリングシンセサイザーで使われていた、3本の経路のディレイ信号による分厚いコーラスエフェクトに着想を得たデバイス。

Compressor パンチやラウドネスを加えるダイナミクスプロセッシング。
Delay ピンポンディレイの動き、フィルターのモジュレーション、入力信号を無限に反復させる機能などを備えたシンプルなディレイエフェクト。
EQ Three クラシックなDJミキサーをモデルとする、キルスイッチを搭載した3バンドEQ。
Erosion オーディオ信号に「デジタル」なアーチファクトやノイズを加える。
Limiter 絶対出力上限を設定、マスタリングに最適。
Phaser-Flanger

周波数の帯域とモジュレーションの適用範囲が広くなり、さらにみずみずしい音色を生み出します。

Redux

とげとげしいディストーションや、エイリアシングによるデジタルな音色変化、さらにサチュレーションの効いた8ビットのあたたかい質感など、初期のデジタル機材に特有の幅広いエフェクトを、新しくなったReduxが提供します。

Reverb 実際または非現実の室内空間の音響をシミュレート。
Saturator ダート(汚れ感)、パンチ、温かみを加える波形ディストーション。
Tuner Tunerには入力ピッチとその半音までの隔たりが表示され、楽器をすばやく簡単にチューニングできます。
Utility ゲイン、位相、ステレオ幅などの調整に使用できる多用途ツール。
MIDIエフェクト
Arpeggiator Live 12でアップデート 押鍵されているコードのそれぞれのノートを取り込み、リズムパターンで再生。
Chord Live 12でアップデート 最大6つのピッチを入力MIDIノートに追加し和音を作成。
MIDI Effect Rack 複数のMIDIエフェクトを単体のデバイスに組み合わせ、カスタマイズされたMIDIプロセッシングチェーンをシンプルに操作できるマクロコントロールを作成できます。
MIDI Monitor 入出力されるMIDIデータの測定
MPE Control MPE対応コントローラの演奏に対するLiveの感度を調節します。
Note Length Live 12でアップデート 入力MIDIノートの長さを変更したり、ノートオフを介してノートをトリガー。
Pitch Live 12でアップデート 指定の単位でMIDIノートをトランスポーズ。
Random Live 12でアップデート 確立ベースのランダムなトランスポーズをMIDIノートに適用。
Scale Live 12でアップデート 入力MIDIノートを別の出力MIDIノートに再マップ。
Velocity MIDIノートベロシティをランダマイズまたは圧縮。
Modulators
Expression Control Live 12でアップデート

ベロシティ、モジュレーション、ピッチベンド、アフタータッチ、キートラックなどのMIDIパラメータをLiveセット上の任意のパラメータとペアリングするためのデバイス。

音素材やプリセットを含むLiveのコアライブラリが付属

ラック

  • インストゥルメント·ラック × 274(25種類の専用MPEプリセットを含む)
  • ドラムラック × 78
  • オーディオエフェクト·ラック × 134
  • MIDIエフェクト·ラック × 18

MIDIクリップ

  • ドラム用のMIDIクリップ × 101
  • 音程のある楽器用のMIDIクリップ × 242

プリセット

  • インストゥルメントのプリセット × 40
  • オーディオエフェクトのプリセット × 226
  • MIDIエフェクトのプリセット × 94

テンプレート

  • テンプレート × 3(8トラック録音用テンプレート|デモ作成/下書き用テンプレート|ポッドキャスト用テンプレート)

サンプル

  • ループ × 205
  • ドラムの打音 × 1626
  • マルチサンプリングした音/効果音/その他の単発音 × 667