Sounds

Synthology

作成者 Undrgrnd Sounds

Synthology by UNDRGRND SOUNDS コンテンポラリなエレクトロニック作品向け 不朽のアナログ/デジタル・シンセ・ラック

無償デモを試用

USD 59

新登場

業界の中でも比較的ニューフェイスのUNDRGND SOUNDSによる膨大なプロジェクトSynthologyは、有名アナログ/デジタル・シンセのパワーをLiveに注入します。熱狂的なファンを持つハードウェア・インストゥルメントの数々――ローランドJuno-60やSH-2、Sequential Circuits Prophet-5、Oberheim SEM、コルグWavestationなど――を活用し、現代のあらゆるジャンルに適した8GBにわたるこの巧みなマルチサンプル・ライブラリには、轟く超低域、胸を打つベース、想像力を刺激するドローンやみずみずしいパッド、ファンキーなコードや強烈なリードまで、ありとあらゆるサウンドが取り込まれています。

4種類のRack、148のプリセット

Synthologyの148のエミュレーションは、[Bass](ベース)、[Synth](シンセ)、[Chord 1](コード1)、[Chord 2](コード2)の4種類のSelector Rackに包含されています。各[Selector]には各種類のサウンドが最大50収録されており、[Synth Selector]マクロノブを使用して順に選択できます。サウンドはそれぞれ独自の[Chain](チェーン)となっており、ソースであるSimplerの生サンプルをシェイピングし洗練させてミックスに使用できるサウンドへと調整するさまざまなエフェクトが使用されています。プロセットごとにカスタムで作成されたマクロは、重要なプログラミング要素――フィルター、LFOモジュレーション、サチュレーション、アンビエンスなど――をユーザーフレンドリーなインターフェースに抜き出し、入念な操作が可能。Pushに自動マッピングされるので即時にハンズオン・コントロールが行えます。グローバルのMaster FX Rackは、直接あるいは各Selectorのトップレベル・マクロから調整することで、さらなるプロセッシングが行えます。ベロシティ、モジュレーション・ホイール、アフタータッチのアサインは、プリセットに表現力豊かなパフォーマンス的側面を提供します。

4種類のSelector Rackには必要なすべてが揃っていますが、各Synthologyプリセットには完結型のInstrument Rackも含まれており、お探しのサウンドがどのようなものなのかがはっきりしており、CPU負荷を上げないようLiveプロジェクトを軽く保ちたい場合に最適です。

シンセ天国

ハウス、テクノ、フューチャービート、トラップ、エレクトロニカのプロデューサーを意識して作成されているSynthologyは、Live Rackフォーマットの利便性、柔軟性、携帯性で、有名ヴィンテージ・シンセへの無類のアクセスを提供します。手軽なプリセットをお探しの方にとっても、独自のサウンド・デザインの起点として活用したい方にとっても、直感的なワークフロー、インスピレーションを刺激するプレイアビリティ、基本中の基本といった音から複雑で形式化されたものまで幅広いトーンと音色により、エレクトロニック・ミュージックのためのパワフルかつユニバーサルなツールボックスとなることでしょう。

新登場

USD 59