Max for Live

Digital

作成者 Max for Cats

Max for Catsが、パワフルなポリフォニック・シンセDiGiTALを発表。加算、ウェーブテーブル、周波数変調、減算合成を融合させたシンセです。DiGiTALは、新しい複雑なサウンドを作成する、総合的でありながら操作の簡単なコントロールを提供します。

USD 39USD 31

1月11日まで20%オフ

オシレーター

DiGiTALの2基のオシレーターは、幅広いサウンドを生成できます。各オシレーターの波形は加算合成と周波数変調により算出され、ウェーブテーブルに保存されます。標準波形のプリセットに加えて、DiGiTALでは、パーシャル、その振幅と位相、および周波数変調とその位相を直接描画することで独自の波形を作成できます。加算合成?ウェーブテーブル?FM、あるいは減算合成?これらすべて、そしてそれ以上なのです。

フィルター/エンベロープ/LFO

波形に洗練と動きを与えるために、DiGiTALはマルチモード・フィルターと7つの異なる波形および調整可能な位相を含む2つのLFOを提供しています。4つのADSRエンベロープで、振幅、フィルター、ピッチ、追加モジュレーションをシェイピングできます。ピッチエンベロープは、上昇または下降のピッチモジュレーションを実現する、動作を反転する機能を搭載しています。

digital_sharp-copy-900x223.png

その他の機能

DiGiTALのサウンド・シェイピング機能は、サウンドのさまざまなパラメーターを正確に動作させるモジュレーション・マトリックスでさらにディープに活用できます。また、サウンドに厚みと造形を与えるオンボードのコーラスとEQ、チューニング可能なサブオシレーター、追加のFM変調、グローバルのサチュレーション/ディストーション設定も用意されており、新たなサウンド生成に無限の可能性を提供します。

シーケンサー

ビンテージのOberheim 2ボイス・シンセサイザーからインスピレーションを受けたDiGiTALにはパワフルなデュアルパーパス・シーケンサーが付属しています。パラメーター・シーケンサーは常時有効でモジュレーション・マトリックスでソースとして選択可能ですが、ノート・シーケンサーをアクティブにするとノート値、ベロシティ、長さ、ステップ単位のミュートをコントロールできます。さらに、シーケンサーは4種類のプレイバック・モードを提供するほか、LFO同様、自由にまたはグローバル・テンポに同期させて動作させることができます。

1月11日まで20%オフ

USD 39USD 31