Sounds

Guzheng

作成者 Soniccouture

古箏は、秦王朝(紀元前200年頃)から伝わる中国の伝統楽器です。 アジア一帯に見られるツィター属の楽器や日本の琴の起源ともいわれています。 可動式の柱の付いた21絃のものが代表的です。

USD 79USD 63

1月11日まで20%オフ

古箏は、秦王朝(紀元前200年頃)から伝わる中国の伝統楽器です。 アジア一帯に見られるツィター属の楽器や日本の琴の起源ともいわれています。 可動式の柱の付いた21絃のものが代表的です。絃には金属にナイロンを巻き付けたものが使用されますが、古いものには絹製の絃が使用されています。 絃は中空の桐製胴に張られており、楽器の全長は約1.7メートルです。 絃は、柱を動かし、つまみで張りを調整することでチューニングします。 一般的に、亀の甲羅製の爪を装着した右手で絃をはじいて演奏します。 左手はあまり使いませんが、柱より左側の絃に触れることで音高を変化させたりビブラートを加えたりすることもあります。 大家になると、両手に爪を装着して演奏する場合もあります。 その他の奏法には、トレモロ(高速で繰り返される音)、ハーモニクス、グリッサンドなどがあります。

Soniccouture Guzhengは、24ビット/44.1kHzステレオで録音されています。 右手(フィンガーピッキング)、左手(指当たり)、ハーモニクス(フィンガーピッキング)の3つのアーティキュレーションがサンプリングされています。 最大10つのベロシティレベル、右手用にラウンドロビンのサンプル3つ、左手用にラウンドロビンのサンプル2つが用意されています。 これにより、自然なアタックトランジェントが得られ、同音連打がより自然になります。 21絃で1,027サンプル、2 GBを超えるボリュームです。 Guzhengは、オリジナルのチューニングと半音階のチューニングの両方で演奏できます。

1月11日まで20%オフ

USD 79USD 63