Sounds

Texture Beats

by Flatpack

Texture Beatsは、ダイナミックなエレクトロニックドラムサウンドとアナログテクスチャーを提供します。各ドラムキットには、独自のマクロコントロールセットが搭載されており、テクスチャーへのブレンドや、キット全体または各ドラムのサウンドのカスタマイズに使用できます。

詳細

Texture Beatsの8つのエレクトロニックドラムキットは、それぞれAbleton内でDrum Rackフォーマットのクリエイティビティを最大限に活用できるようデザインされています。各キットには4つのバリエーションがあり、それぞれに独自のテクスチャーが用意されており、オリジナル・サウンドにミックスすることができます。合計で、32の[Elektric]キット(16モノ - 16ステレオ)と32の[Simplex]キット(16モノ - 16ステレオ)があります。どちらのカテゴリも入念に選別されており、類似する特性を持つドラムキットを提供します。

Texture Beatsに含まれるパンチのあるダイナミックなサウンドは、興味深いさまざまな方法でベロシティに反応するようプログラムされており、最低ベロシティ値と最高ベロシティ値の間でドラマティックな変化をもたらします。ドラムサウンドは、サステインの長さに応じても変化します。つまり、ノート(キーボード上またはMPCコントローラのパッド上のキー)が押される時間が長いほど、サウンドはより変化します。クリップ内のMIDIノートの長さを変更すると、ドラムサウンドはそれに合わせてオーガニックに変化します。

各サウンドのさらなるプロセス、およびエフェクト、プリセット、ルーティングには、Drum Rackの[Chain]と[Device]ボタンからアクセスできます。カスタマイズのオプションについて、詳しくはLiveのメインメニューから[ヘルプビュー]を開いてご覧ください。

Texture Beatsは、業界をリードするサウンドデザイナーでありエンジニアのAlexander (Sasha) Lewisにより、ビンテージおよびモダンのアナログ機器を使用し、Flatpackに対して特別制作されています。

こちらもおすすめ

  • Sounds

    Designer Drums

    by Ableton

    Designer Drumsは、Ableton Live 9のインストゥルメントとエフェクトの多用途性とクオリティを証明するシンセドラムです。

    Live 9 Introに付属。

  • Max for Live

    sbx 2049

    by Skinnerbox

    BerlinのデュオSkinnerboxが、カスタムMax for Liveドラムマシンsbx2049を紹介します。

  • Sounds

    Digicussion 2

    by Uppercussion

    Digicussion 2は、エレクトロニックミュージックの制作のためのシンセドラムのブースターショットです。リズムトラックに新鮮なインスピレーションを提供するようデザインされています。

    Live 9 Standardに付属。

  • Sounds

    Digicussion 1

    by Uppercussion

    Digicussion 1は、多用途なシンセドラムのライブラリです。ビートを効かせたエレクトロニック制作、実験的なサウンド・デザイン、あらゆる種類のリズミックな音楽に最適です。

    Live 9 Introに付属。