Max for Live

IRCAMAX 2

作成者 IRCAM

IRCAM が何十年に及ぶ熱心な研究の成果として制作したMax for Liveデバイスの登場です。リアルタイムのオーディオ分析を通じ、彼らの高度なフィジカル・モデリング・シンセシス環境やその他の進んだテクノロジーにより、IRCAMAX 2 はあなたの想像をはるかに超えるような方法でサウンドの操作、加工、再創造を可能にします。

USD 199

音楽表現と最新の音響科学研究の探求で知られるパリを拠点とするIRCAM研究所が、Liveユーザーのための2つめのPackを発表しました。8つのオーディオ・エフェクト、2つの楽器、1つのMIDIエフェクトで構成されるこのコレクションは、高度なオーディオ処理、専門的なサウンド・デザイン、そしてクリエイティブな実験をすべて使いやすいMaxデバイスにおいて可能にします。

以下がPackに含まれる楽器とエフェクトの紹介です。

エフェクト

PsychHarmonizer.png

IM-PsychHarmonizer: モノフォニックのヴォーカル音を分離・マニピュレーションすることが出来るヴォーカル・ハーモナイザー。

Freezer.png

IM-Freezer: ライブ時または録音されたサウンドをフリージング、スクローリング、ストレッチングすることによりテクスチャーを作成することが出来るフリージング・エフェクト。

Ianalyzer.png

IM-Ianalyzer: リアルタイムでポリフォニック・オーディオからMIDIに変換出来るコンバーターで、信号の心理音響的特性をマニピュレート、及び再合成し、そのデータをMIDIとしてキャプチャーし再使用を可能にする。

NoteTracker.png

IM-NoteTracker: リアルタイムのオーディオ to MIDIコンバーターで、信号の予想ピッチと振幅を抽出しMIDI音符構成要素に変換する。

Chromax.png

IM-Chromax: コードを ハーモニックス・モデルに変換するスペクトル・ディレイで、その周波数をさらに変形することによりディレイ、フィードバック、フィルター形状を設定することが出来る。

ModalysFilter.png

IM-ModalysFilter: 広くあがめられているIRCAM Modalysエンジンを搭載した、信号のフィジカル・モデリング処理に使用出来るフィルター。

GrainDelay.png

M-GrainDelay: Liveのテンポとシンクロしたり、IRCAMAX MIDIのセンド/リターン・デバイスでグレインの転位をコントロールしMIDI音符として受信することを可能にするグレイン・ディレイ・エフェクト。

MultiFX.png

IM-MultiFX: ディレイ、リヴァーブ、コーラスとオートパンという4つのエフェクトがひとつにまとまり、あなたのどのシンセにも使用することが出来るシンプルなFXボックス・ツール。

MIDISend&Receive.png

IM-Midi Send/Receive: MIDIクリップからでもオーディオ・トラックのオーディオ分析からでも、このデバイスはLive Set内のIRCAMAXデバイスとの間で、自由なMIDIデータのセンド/リターンを可能にする。

楽器

ModalysSynth.png

IM-ModalysSynth: IRCAMの最も重要な、20年以上の研究と改良に基づくテクノロジー、Modalysフィジカル・モデリング・エンジンをベースにしたポリフォニック・シンセサイザー。

MatrixSynth.png

M-MatrixSynth: 3つのオシレーターと3つのエンベロープで構成され、マルチモードのフィルターと柔軟なモジュレーション・マトリックスを搭載したポリフォニック・シンセサイザー。

 

IRCAMAX 2 デバイスたちは  IRCAMのジーン・ロッカード氏、そしてMusic Unitのマニュアル・ポレッティ氏により開発されました。

IRCAM Logo.gif
MusicUnit For White Background.png

USD 199