Sounds

Clav

by Soniccouture

Clavは、Hohner D6クラビネットのオーセンティックなサウンドをAbleton Liveにもたらします。ファンキーなニュアンスを余すところなく捉えており、ビンテージサウンドと弦をはじいたような音色を加えます。

詳細

緊張感。メロディック。ファンキー。
Hohner D6クラビネットのように、ファンクマニアの垂涎の的となる楽器はそう多くありません。クラシカルなハープシコードをモデルに製作されましたが、このクラビネット音響的にはピアノよりもエレキギターに近く、弦をはじいたようなその音色は、グルーヴに心地よくメロディックな緊張感を与えます。象徴的なファンクサウンドを実現するのに、しばしばワウペダルと組み合わせて使用されます。

Clav Front

D6の内部
D6には60本の弦が組み込まれており、2つのピックアップにより増幅されます。1つは弦の上のブリッジの近く(アッパーピックアップ)、もう1つは弦の下(ロウアーピックアップ)に取り付けられています。鍵盤を使用して演奏します。鍵盤を押さえるとハンマーが起動し、弦を叩きそのままとどまります。鍵盤(とハンマー)が離れると、弦の端にダンパーが消音します。

Clav Strings

サンプリング用に特別な変更を追加
Hohner D6はデリケートで手がかかる機構のため、入手が困難になりつつあります。今回使用したD6はそのままでも使用可能な状態でしたが、Soniccoutureは12カ月にわたって大規模な修復を行い、さまざまな変更を加えました。このようにデリケートな楽器を100%完璧に機能させるには、熱心な作業が必要となるのです。絶妙のサウンドを得るため、Soniccoutureはさらにいくつかのカスタム変更を加えました。この楽器の内部機構をモデリングするために、各ピックアップを個別に録音するためのダイレクトXLRアウトプットを追加しました。D6に搭載されているピックアップ切り替えと位相反転を、マクロノブを動かすだけでAbleton Liveで再現できます。

Clav Wires

こちらもおすすめ

  • Sounds

    Electric Pianos

    by Soniccouture

    Rhodes Stage 73やWurlitzer 200Aといったエレクトリック・ピアノのサウンドを忠実に再現しました。 ビンテージ機材を使用してさまざまなベロシティで精緻にマルチサンプルされており、極めてリア ルなサウンドとフィールを提供します。 クラシックなキーボードサウンドを提供する70のインストゥルメントラックを内蔵しています。

    USD 89

  • Sounds

    Retro Synths 1980s

    by Puremagnetik

    ヤマハDX7、ローランドJupiterシリーズなどの有名シンセからマルチサンプルされたインストゥルメントのコレクションです。

    USD 49

  • Sounds

    Studio Grand Uptown

    by e-instruments

    Uptownは、コンサート用グランドピアノの特徴的なサウンドと表現力を捉えています。 上質なこのコンサート用グランドピアノのサウンドを忠実に再現するよう、丁寧にプログラムされています。 広々としたオーケストラホールで録音されたUptownは、クラシックピアノの演奏や録音で聴くことのできる豊かで表現力に溢れる音色の雰囲気をもたらします。

    USD 99