授業1:映画の音を探究し、組み合わせる

授業の概要

現代映画の予告編は多くの場合、似ている音楽や音響的な要素を使用しています。 授業1では、生徒は映画の予告編の音と音楽を調べ、分析します。 教材に付属している映画のサンプル音源を調べたり、重ねたりして、音楽的なアイデアを生徒たちで共有します。

学習目的

  • 分析と聴解力 - 音楽的な音と、非音楽的な音を識別して説明する
  • 技術リテラシー – MIDIデバイスを効果的に使用する
  • 批評的な思考力–音の組み合わせがどんな音楽を生み出すか考える

準備(10~15分)

  • ネットワーク経由で動画教材にアクセスできることを確認する
  • 動画コンテンツが生徒に適しているか確認する
  • 付属のLiveセット“Explore and Combine Cinematic Sounds”をダウンロードして、生徒がアクセスできるようにする
  • この授業では追加教材を使用して、授業での教えやすさを促すことを意識する

授業(50~90分)

  • ステップ1:はじめに - 生徒は映画の予告編を聞き、どんな音や音楽が聞こえるかを確認する(5~10分)
  • ステップ2:クラスの議論* - 映画の予告編で使われている音や音楽を積極的に聞いて定義し、説明する(5~10分)
  • ステップ3:課題の実践 -Liveセット“Explore and Combine Cinematic Sounds”を使って、生徒は実験して音を組み合わせる(15~30分)
  • ステップ4:まとめ – 生徒が音楽のアイデアをクラスで共有する(5~10分)

課題を実践する別の方法

* 授業の目的に応じて教材を拡張して、効果音(フォーリーサウンド)、音響効果、映画音楽の違いや共通点をさらに明確に述べるよう生徒に問うことができます。

はじめに:映画予告編の音と音楽

教材に付属された映画予告編は、生徒に予告編の中の音や音楽のテーマを導き、この学習指導案で生徒が作っていく音楽の種類についての知見を与えてくれます。

ヒント:教室を映画館にしましょう。

映画館のような体験を真似して、きちんとした音響システムのある暗い部屋で、スクリーンや大型テレビに映し出された映像を見てみましょう。素晴らしいリスニング体験を提供してくれます。

『スター·ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編

『スター·ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編では、効果音と台詞がJohn Williamsの映画音楽と合わさっています。

※台詞は英語です。

Q. どんな種類の音が聞こえますか

ヒント:クラスでは目を閉じたまま聞いてもらいます。 生徒の注意を音楽的な要素だけに向けて、どんな映画が映っているか想像しましたか、と質問してみましょう。

『インセプション』の予告編

『インセプション』の予告編では、典型的なHans Zimmerのサウンドスケープが流れています。 John Williamsの映画音楽とは違い、焦点が音楽的なだけではなく音響的にも先行して、楽器を効果音として使用しています。

Q. この予告編の音色はどんな感じなのか、説明してみましょう。

ヒント:ホワイトボードを使って、生徒とブレインストーミングします。 間違った答えはないこと生徒に意識させましょう。

『ストレンジャー·シングス - シーズン2』の予告編

『ストレンジャー·シングス』シーズン2の予告編は、ハリウッドの超大作とレトロなシンセサイザーサウンドが融合しています。

※台詞は英語です。

Q. この予告編で認識できる音や楽器はどんなものがありますか?

ヒント:すべての予告編に含まれる共通の楽器、音色、質感を認識するように生徒に指示しましょう。

授業のヒント:能動的なリスニング力を身につける 

映画予告編の音楽を見たり聞いたりするとき、生徒が受動的に予告編を見ることから、自らそれぞれの音の要素を積極的に聞けるようになることが目標です。

サウンドトラックを見たり聴いたりするとき、生徒は以下のことができるでしょうか

  • 台詞、効果音(フォーリーサウンド)、音響効果、音楽の違いを識別できますか
  • 個々の音の音色や質感を説明できますか
  • 音と音楽の目的を考え、定義できますか

「生徒に音楽を深く聴かせることは、音楽的成長のために重要なことです。 映画予告編の音の特徴を調べて異なる要素を識別し、説明する能力は挑戦的ではありますが、やりがいのある課題です。」— マット・リッジウェイ(Matt Ridgway)

焦点を絞った質問

  • 映画予告編を聞いていると、どんな音が聞こえてきますか
  • 会話や台詞以外に、何の音が聞こえますか
  • 効果音(フォーリーサウンド)と映画音楽の違いは何ですか
  • どんな楽器の音が聞こえますか
  • 台詞でも効果音(フォーリーサウンド)でもない、音楽以外の音はありますか
  • これらの音を聞いたことのない人にどのように説明できますか
  • 作曲家はなぜこのような非音楽的な音を使っていると思いますか

課題の実践:映画の音を使う

生徒はひとりで、または2人組でこの短い課題を実践します。ダウンロード可能なLiveセット“Explore and Combine Cinematic Sounds”で提供されているサウンドを重ね合わせて、簡単な音楽のアイデアを探っていきます。

「数時間後、生徒は自分の好きな音を認識し、音楽的な好みに基づいて美的判断を下すことができるようになるはずです。これは創造性が成長し、形成される役割を果たします。」— マット・リッジウェイ(Matt Ridgway)

焦点を絞った質問

  • 好きな音の組み合わせは何ですか
  • どんな映画なら音を想像できますか
  • どの音が好きですか、 なぜ好きなのでしょうか

ヒント:

  • 生徒が別の生徒やスタッフと音楽を一緒に聞くためのヘッドフォン用の音声分配器があると、この学習指導案の授業で役立ちます。
  • 時間がない場合は、教室の前方にある教師用のワークステーションを用いて、クラス全体で音の組み合わせを探ってみるのもいいかもしれません。
  • 課題の準備として、以下のダウンロードからLiveセット“Explore and Combine Cinematic Sounds”が各生徒のワークステーションにあることを確認してください。

課題の順序

  1. 教師がサンプルのリアルタイム再生をMIDIコントローラーを使って実演する
  2. 生徒はMIDIコントローラーを使用して、サンプルやループを組み合わせ重ねる
  3. 生徒は一緒に鳴っている音の組み合わせを認識する
  4. 生徒は自分の音の組み合わせを仲間やスタッフと共有し、議論し合い、説明をする
  5. 教師は「生徒の思考を促すための質問」をして、生徒に自分がした選択について説明させたり、話をさせる

Liveセット“Explore and Combine Cinematic Sounds”

授業1のLiveセットには、古典的な大ヒット映画のヒット曲とパーカッションのループが64種類含まれており、すべてMIDIコントローラーで演奏することができます。

【ダウンロード】Liveセット“Explore and Combine Cinematic Sounds”

  1. オーケストラを録音した単発音とドラマチックなループがDrum Rackに64種類読み込まれています。
  2. Liveセットの収録物の概要。

授業のヒント:生徒が作品を共有するための方法と促進

作品を共有する実践的なヒント

  • 「AUXのオーディオケーブルを通す 」方法で、生徒の音楽作品を再生する
  • 全生徒の前でライブパフォーマンスする
  • 実施された過程に対して、意見を述べる

生徒への指示

  • 使用した音を説明し、実演してみる
  • 自分の音は、どんな映画のサウンドトラックに合っているのか
  • 自分の音が演奏されたときに生まれる感覚や雰囲気を3つの言葉で説明する

「生徒がクラスの前で自分の作品を共有したり話したりすることを推奨します。そうすることで生徒が自分の音楽制作に積極的に参加し、前向きになり、つながりを感じる機会となります。」— マット・リッジウェイ(Matt Ridgway)