池本 達 / Toru Ikemoto

  • Osaka Japan

アーティストとしての可能性をクラブミュージック上で挑戦し続け、その培った経験を次の世代へ継承すべく"OsakaAbletonUsergroup"の運営や、自身のミュージックスクールyellowを通じ音楽の楽しさをたくさんの人へ届ける活動も行う。

指導歴
2014
プロフィール
Trainer
言語
Japanese
連絡先
[javascript protected email address]
その他のリンク
WebsiteArtist websiteFacebookBeatportSoundCloudTwitterInstagram

クラブカルチャーに魅了され2000年に楽曲制作とDJをスタート、Hiphop、Drum'n'bass、Dubstep、EDM、House、Techhouse、Technoなどのクラブミュージックの基礎を自身のスタイルに取り入れその可能性を探る中、早くも2004年ドイツ名門レーベルMonoid Recordingsより楽曲をリリース、Techno、Minimalというジャンルにて可能性を発揮する。


2009年までにはスペイン、ロシア、ルーマニア、イタリアなど世界各国のレーベルよりリリースを重ねる中、"#CADFDF”と"16Sustainable"においては、生けるレジェンドであるRichie Hawtinも数々のclubでplay、またその他の楽曲においてもHito、Joseph Capriati、X-Press 2など数々のトップアーティストによりサポートを受け支持される。


2010年にはPlus Recordsのコンペティションにて入賞、2011年にはSven VathによるトップレーベルCocoon Recordings主催の日独交流150周年記念コンペティションにおいても入賞。
同年、オランダのオンラインミュージックマガジンに期待の新星としてインタビューを受け、2016年にリリースしたレコード"15such"は世界のDj専門誌Mixmagに掲載されるなどそのシーンでの功績は目覚ましい。

アーティスト活動を行う傍ら、2017年には"音楽の楽しさをたくさんの人へ"という強い思いを込め、大阪にDJと楽曲制作のスクールである"yell0w・イエロー大阪心斎橋校"を開校、またさらに深い知識の習熟にも力を注ぎ、マスタリングエンジニアとしての活動や、2018年にはアメリカ、ヨーロッパで高い人気を誇る楽曲制作ソフトAbleton Liveのオフィシャルトレーナーである"Ableton Certified Trainer"にも選出される。


その他にも様々なアーティストへの技術サポート、プライベートレッスンや、関西唯一となるAbletonの活動グループ"OsakaAbletonUsergroup"の運営、また東京、名古屋、福岡などの各地へ楽曲制作やマスタリングセミナーなどの登壇を行い、若き才能の育成にも力を注いでいる。

注: Ableton認定トレーナーおよびAbleton認定トレーニング機関は独立する個人および団体であり、Ableton関係者および代理者ではありません。また、Ableton AGおよびAbleton Inc.およびAbleton KKはこれらの個人および団体の運営に関わっておりません。コース提供およびカリキュラムの責任はすべてトレーナーおよびトレーニング機関にあります。Abletonは、トレーナーまたはトレーニング機関の行為に対して一切の債務および法的責任を負いません。