堤 秀樹 / Hideki Tsutsumi

  • 福岡 日本

堤 秀樹は日本の音楽プロデューサーである。現在はA-HEAD RECORDSの音楽教育者として、また邦楽奏者やアートとのコラボレーション作品や映像音楽作品を手掛ける作曲家、アーティストとして福岡市を中心に活動している。またここ数年、主宰するLOVE LAB MUSICにて日本の子供たちが世界レベルの音楽を創れるよう指導している。

指導歴
2007
プロフィール
トレーナー
言語
日本語
連絡先
[javascript protected email address]
その他のリンク
YouTubeFacebookSoundCloudFacebookWebsiteArtist website

堤秀樹は日本の音楽プロデューサーのひとりである。1991年小比類巻かほる『Silent』で作編曲家、サウンドクリエイターとしてデビューした後、1997年に発表されたZeppet Store『Cue』を皮切りに音楽プロデューサーとして活動を開始した。プロデューサー笹路正徳氏が主宰したハートミュージックに1996年から4年間、2001年からVictor Music Artsの専属プロデューサーをほぼ20年間務めた。代表作はMIYAVI『MYV・POPS』『雅歌・独奏』、Fuzzy Control『First Control』『Twice』『Chicken』、普天間かおり『Precious』、Script『Script』、SUKITA MUSIC『Universe』、HAKU『美しい』等多岐にわたる音楽ジャンルの制作プロデュースを行っている。自身のプロデュースの価値観は、その音楽は「美しい」のかどうか?心が動くのかどうか? 教育活動は2007年からTSM渋谷校でのオーケストレーションクラスの担当から始まる。近年は福岡市にてA-HEAD RECORDS内『FUKUOKA Future Music Academy』や個人レッスンにてLive11を使用した中上級者向け音楽制作レッスンをオンライン(zoom)で大人子供共に提供している。今後Push2を使用したパフォーマンス系音楽コンテンツの制作セミナーやLiveのスケール機能などを活用した作曲、音楽理論、サウンドデザインなどのクラス等を計画している。特に日本の子供達がLIVEを使用した世界レベルの音楽制作を行なうことを目的とするLOVE LAB MUSIC(https://lovelabmusic.com)は日本の未来の音楽にコミットする重要な活動だと感じている。

現在ブルガリアにある教育機関『Film Scoring Academy of Europe』でオーケストレーションや ゲーム音楽にも対応する現代的なデジタルプログラミングを学び直している。(2022年10月卒業予定)

注: Ableton認定トレーナーおよびAbleton認定トレーニング機関は独立する個人および団体であり、Ableton関係者および代理者ではありません。また、Ableton AGおよびAbleton Inc.およびAbleton KKはこれらの個人および団体の運営に関わっておりません。コース提供およびカリキュラムの責任はすべてトレーナーおよびトレーニング機関にあります。Abletonは、トレーナーまたはトレーニング機関の行為に対して一切の債務および法的責任を負いません。