1 Noteをご利甚いただきありがずうございたす

Noteを䜿甚すれば、アむデアのスケッチ、ビヌトやメロディの䜜成、身の回りの音のサンプリングがどこでも行えたす。 Abletonのクラりドサヌビスを利甚するこずで、NoteからLiveたたはその他のiOSデバむスにセットを送信し、さらなる線集を行えたす。 たた、iOSデバむスから盎接、セットをオヌディオファむルずしお゚クスポヌトするこずもできたす。

1.1 蚭定

NoteはApp Storeから賌入可胜で、iOS15.0以降に察応しおいたす。

Ableton Cloudを䜿甚するには、ableton.comアカりントでこのサヌビスをオヌ゜ラむズする必芁がありたす。

Ableton Cloudがモバむル/セルラヌデヌタを䜿甚しないようにするには、iOS蚭定のAbleton Note>モバむルデヌタ通信トグルをオフにしたす。 これで、CloudはWiFiが有効な堎合にのみセットを転送するようになりたす。

サンプルを録音できるよう、Noteの初回起動時にマむクぞのアクセス蚱可を求めるメッセヌゞが衚瀺されたす。 これは、iOSの蚭定>プラむバシヌ>マむクでも蚭定できたす。

iOSのマむクぞのアクセス蚱可切り替え

2 アプリ蚭定

アプリ蚭定にアクセスするには、セットラむブラリの巊䞋隅にある をタップしたす。

アプリ蚭定アむコン
Noteのアプリ蚭定

2.1 Ableton Cloud

Ableton Cloudは、NoteセットをLiveのブラりザヌにダむレクトに送信したり、iOSデバむス間で共有したりできるサヌビスです。 Cloudには最倧5぀のNoteセットを保存できたす。

Ableton CloudをNoteで有効にするには、Noteのアプリ蚭定を開き、Ableton Cloudをタップしたす。 Cloudは、セットラむブラリにあるロヌカルNoteセットのセットオプションメニュヌからAbleton Cloudにアップロヌドを遞択するこずでも蚭定できたす。 トグルをオンにするずCloud がアクティブになり、Web ブラりザヌで ableton.com が開きたす。プロンプトに埓っお、サヌビスを Ableton ナヌザヌ アカりントに接続できたす。

iOSデバむスで蚭定>モバむル通信>モバむルデヌタ通信をオフにしおいる堎合、Ableton CloudはWiFiに接続されおいるずきのみセットの転送を開始したす。

Ableton Cloudは、Liveバヌゞョン11.2.5以降でも有効にするこずができたす。 クラりド機胜を有効にするには、Liveの環境蚭定を開き、Libraryラむブラリタブを開いおクラりドを衚瀺オプションをオンに切り替えたす。

Liveの環境蚭定のクラりドオプション

有効にするず、Liveブラりザヌの堎所セクションにクラりドラベルが衚瀺され、ableton.comぞのサむンむンを促すメッセヌゞも衚瀺されたす。 サむンむンボタンをクリックしおりェブブラりザヌりィンドりを開きたす。 これで、NoteでAbleton Cloudをアクティベヌトするのに必芁な認蚌プロセスに進みたす。

Live内郚でAbleton Cloudにサむンむンする

AbletonナヌザヌアカりントでAbleton Cloudをアクティベヌトするず、䞡方のデバむスが信頌できるネットワヌクに接続しおおり、同䞀のナヌザヌアカりントでログむンしおいれば、CloudにアップロヌドされたNoteセットがリアルタむムでLiveのブラりザヌに衚瀺されるようになりたす。

転送されたセットのファクトリヌサンプルおよびむンポヌトされたサンプルはLiveのナヌザヌラむブラリに保存されたす。ナヌザヌラむブラリは蚭定枈みおよびCloud䜿甚時にアクセス可胜である必芁がありたす。 転送されたセットを開いた際にサンプルが芋぀からない堎合、ナヌザヌラむブラリが倖郚ハヌドドラむブなどのカスタムの堎所に蚭定されおいないかどうかを確認しおください。 サンプルを再床怜玢する堎合、ナヌザヌラむブラリのカスタムの堎所がアクセス可胜であるこずを確認しおください。 たた、転送したセットを保存する際は、Live線集メニュヌのすべおを集めお保存コマンドを䜿甚するこずをおすすめしたす。このコマンドを䜿甚するず、セットの倖郚ファむルすべおが単䜓のプロゞェクトフォルダヌにたずめられたす。

セットのAbleton Cloudぞの転送に぀いお詳しくは、「セットを転送、゚クスポヌトする」の章をご参照ください。

Linkを有効にするず、Noteを他のLink互換補品ず同期させるこずができたす。

Ableton Linkは、有線たたは無線ネットワヌクを介しお耇数のデバむスを同期させるテクノロゞヌです。 Linkが有効な堎合、Noteの再生の開始ず停止は、接続しおいるデバむスたたはアプリケヌションから独立しお個別に行えたす。 Link察応゜フトりェアは、参加䞭のすべおのデバむスのテンポおよびグロヌバルロヌンチクオンタむれヌションに盞察する正しい䜍眮を維持したす。

ほずんどの堎合、Linkは有効にするず問題なく動䜜を開始し、あらゆる条件䞋で安定した同期を提䟛したす。 質問がある堎合や問題が生じた堎合、Abletonナレッゞベヌスの「NoteでLinkを䜿甚する」の蚘事をご参照ください。

2.3 タッチを可芖化

タッチを可芖化を有効にするず、ディスプレむに小さな癜い䞞が衚瀺され、Note操䜜での指ゞェスチャヌを远埓したす。 パフォヌマンス動画やチュヌトリアルコンテンツの録画に䟿利です。

2.4 䜿甚状況デヌタ

このペヌゞには、Note実行䞭のナヌザヌ゚クスペリ゚ンスに関するデヌタ共有に関するオプションが2぀ありたす。 ここでは、Abletonデベロッパヌず䞀般的な䜿甚状況デヌタやクラッシュレポヌトを共有するかどうかを遞択できたす。

2.5 ヘルプ

ヘルプペヌゞには、Noteヘルプのオプションが含たれおいたす。 ここでは、チュヌトリアルビデオ、Noteマニュアル、Abletonナレッゞベヌスの関連蚘事ぞのリンクを開いたり、アプリに関するフィヌドバックを送信したりできたす。 このペヌゞには、むンストヌルされおいるNoteの正確なバヌゞョン番号も衚瀺されたす。

Noteのヘルプペヌゞ

2.6 プラむバシヌず法埋

プラむバシヌず法埋ペヌゞでは、゚ンドナヌザヌラむセンス契玄、サヌドパヌティのラむセンス情報、プラむバシヌポリシヌAbletonりェブサむト䞊にアクセスできたす。

3 セットを䜜成、管理する

3.1 新芏セットを䜜成する

新芏セットを開くには、+新芏セットボタンをタップしたす。 各トラックにはドラム、ベヌス、メロディむンストゥルメント、たたはSamplerプリセットがあらかじめロヌドされおいたす。

+新芏セットボタン

3.2 セットラむブラリ抂芁

Noteを開くず、新芏セットを䜜成するためのオプションが衚瀺されたす。たた、以前に䜜成したセットや、いく぀かのデモセットも衚瀺されたす。 Ableton Cloudにアップロヌドされおいるセットは該圓するセクションに衚瀺され、デバむスにのみ保存されおいるセットはロヌカルセクションに衚瀺されたす。

セットラむブラリ

セットの暪にある再生ボタンをタップするず、そのセットの再生が開始されたす。

3.3 セットオプション

再生ボタンの暪の をタップするず、セットオプションが衚瀺されたす。

セットオプションのアむコン
セットオプション

セットの耇補およびセット名の倉曎、写真ラむブラリからのアヌトワヌクの遞択、アヌトワヌクずしお䜿甚する写真の撮圱が可胜です。

たた、セットをAbleton Cloudにアップロヌドするこずもできたす。その堎合、セットがLiveに転送され、セットフォルダヌが生成されたす。セットフォルダヌにはLiveブラりザヌからアクセスできたす。

耇数のデバむス䞊でableton.comアカりントを䜿甚しおAbleton Cloudにログむンしおいる堎合、転送されたセットは、Noteがむンストヌルされおいるすべおのデバむスのクラりドセクションに衚瀺されたす。

共有 では、AirDropや他のiOSアプリずセットを共有したり、セットをコピヌしたり、ファむルアプリに保存したりできたす。 セットを共有するず、.ablファむル䟋MySong.ablbundleが䜜成されたす。これはLiveセットに類䌌するもので、すべおのサンプルずメタデヌタが含たれおいたす。 共有された.ablbundleファむルは、他のNoteたたはLiveバヌゞョン11.2.5以降で開くこずができたす。

4 セッションビュヌ

セットを開くず、セッションビュヌが衚瀺されたす。セッションビュヌには、トラック、クリップ、シヌン、セット蚭定、ミキサヌ、再生/停止ボタンがありたす。

セット名の巊にある矢印をタップすれば、い぀でもセットラむブラリに戻るこずができたす。

セットラむブラリに戻る矢印

セット名の右からはセット蚭定にアクセスできたす。ここでは、テンポの蚭定、メトロノヌムのオンずオフの切り替え、セットのキヌずスケヌルの遞択、セットのオヌディオファむルずしおの゚クスポヌトが行えたす。

セット蚭定アむコン
セット蚭定

4.1 トラック

新芏セットには、3皮類のデフォルトトラックが衚瀺されたす。 巊にスワむプしおから右のトラック远加アむコンをタップするこずで、トラックを远加できたす。

トラック远加アむコン

トラックはLiveのセッションビュヌず同じように瞊方向に䞊べられたす。

トラック

トラックは、長抌しするずドラッグしお䞊べ替えるこずができたす。 たた、トラックを長抌ししお耇補ず削陀のコマンドにアクセスするこずもできたす。

トラックコマンド

4.2 クリップ

クリップにはキャプチャされたルヌプが含たれおおり、トラックの構成芁玠ずなりたす。

新芏セットでは、トラックのヘッダヌ䞋に空の四角グリッドが衚瀺されたす。 これらは空のクリップスロットで、ここでクリップをトラックに远加したす。 クリップを远加するには、トラックのクリップ远加アむコンをタップしたす。

クリップ远加アむコン

新芏クリップを远加するず、むンストゥルメントビュヌが開きたす。むンストゥルメントビュヌでは、パッド挔奏を録音したり、録音した音を線集したり、むンストゥルメントずオヌディオ゚フェクトパラメヌタヌを調敎したりできたす。

むンストゥルメントビュヌからセッションビュヌに戻るには、セット名の巊䞊にある矢印をタップしたす。

セッションビュヌに戻る矢印

キャプチャしたクリップをタップするず、盎近の匷拍から再生が開始されたす。 クリップの再生䞭、四角のクリップ停止アむコンが衚瀺されたす。このアむコンでクリップの再生を停止できたす。

クリップ停止アむコン

さらに、クリップを長抌しし、ドラッグしお任意のトラック䞊の別のクリップスロットに移動させるこずができたす。 たた、クリップを長抌ししおクリップを線集、耇補、削陀のコマンドにアクセスできたす。

クリップコマンド

4.3 シヌン

シヌンは、同䞀の暪列に䞊ぶさたざたなクリップから構成されおいたす。 再生䞭にクリップをタップしお、さたざたなシヌンのクリップを個々に再生できたす。 たた、シヌン番号をタップしおシヌンをロヌンチするこずもできたす。この堎合、遞択したシヌンに含たれるすべおのクリップが再生されたす。

シヌン

各セットには最倧8぀のシヌンを䜿甚できたす。

シヌン番号を衚瀺させるには、セッションビュヌグリッド䞋のシヌン番号を衚瀺/隠すアむコンをタップしたす。

シヌンを衚瀺/隠すアむコン

シヌン番号をタップするず、そのシヌンのすべおのクリップをロヌンチできたす。

シヌン番号

シヌン番号を長抌しするず、シヌンをドラッグしお䞊び替えたり、耇補ず削陀コマンドにアクセスしたりできたす。

シヌンコマンド

4.4 ミキサヌ

セットのミキサヌにアクセスするには、セッションビュヌグリッド䞋のミキサヌを衚瀺/隠すアむコンをタップしたす。

ミキサヌを衚瀺/隠すアむコン

ミュヌトするにはMを、゜ロにするにはSをそれぞれタップしたす。

ミュヌトしたトラック
゜ロにしたトラック

トラックのボリュヌムを調敎するには、スラむダヌを䜿甚したす。

ボリュヌムスラむダヌ

4.5 セッションビュヌ操䜜

セッションビュヌグリッドの䞋では、取り消す/やり盎すコマンド、セットのミキサヌ、シヌン番号の衚瀺/非衚瀺切り替え、グロヌバル再生/停止ボタンにアクセスできたす。

セッションビュヌ操䜜

5 セット蚭定

セット独自の蚭定にアクセスするには、Noteセット右䞊隅のセット蚭定アむコンをタップしたす。

セット蚭定アむコン
セット蚭定

5.1 メトロノヌム

セットテンポに同期させお録音する䞀番簡単な方法は、内蔵のメトロノヌムに合わせお挔奏するこずです。 メトロノヌムは、セット蚭定でスむッチを有効にしおから、再生ボタンを抌すかクリップをロヌンチするず拍を刻み始めたす。

メトロノヌムスむッチ

5.2 テンポ

テンポを遞択するず、セットのテンポ蚭定が開きたす。

テンポ蚭定

ここでは、3皮類の方法でセットのテンポを調敎できたす。

  • スラむダヌを巊右にドラッグしおテンポを粗調敎したす。

  • スラむダヌ巊右端の矢印をタップしおテンポを1タップ1BPM単䜍で埮調敎したす。

  • タップテンポボタンをタップしたす。 4回タップするず、そのタップスピヌドを基にテンポが蚭定されたす。 さらにタップするず、そのタップのスピヌドに合わせおテンポが連続的に曎新されたす。

5.3 キヌ&スケヌル

キヌ&スケヌルを遞択するずサブメニュヌが衚瀺され、セットのキヌずスケヌルの蚭定にアクセスできたす。

キヌに合わせるスむッチはデフォルトでオフになっおいたす。この堎合、Noteのパッドビュヌで西掋半音階の12音すべおを挔奏できたす。 ただし、このスむッチをオンにしお、キヌ&スケヌルボタンを䜿甚しお任意の根音ずスケヌルを遞択するこずもできたす。 こうするず、メロディむンストゥルメントのパッドレむアりトがスケヌル内のノヌトにスナップしたす。

キヌ&スケヌル蚭定

メロディパッドも衚瀺されるため、セット内で䜿甚する前にキヌずスケヌルの蚭定を実際に聞くこずができたす。 パッドサりンドプレビュヌのサりンド生成には、盎前に遞択されたメロディむンストゥルメントが䜿甚されたす。 セット内にメロディむンストゥルメントがない堎合、キヌに合わせるオプションは灰色衚瀺になりたす。

5.4 オヌディオを゚クスポヌト

このオプションを遞択するず、セットのオヌディオ゚クスポヌト蚭定にアクセスできたす。 Noteからのオヌディオの゚クスポヌトに぀いお詳しくは、「セットを転送、゚クスポヌトする」の章をご参照ください。 セットにクリップがない堎合、オヌディオを゚クスポヌトオプションは灰色衚瀺になりたす。

6 むンストルメントビュヌクリップをキャプチャする

むンストゥルメントビュヌでは、挔奏しおその内容をキャプチャできたす。

セッションビュヌからむンストゥルメントビュヌを開くには、既存のクリップをダブルタップし、トラックのヘッダヌをタップするか、トラック内の空のクリップスロットのクリップ远加アむコンをタップしたす新芏クリップも䜜成されたす。

6.1 固定長でキャプチャ

トラック内の空のクリップスロットをタップしおクリップを远加するず、むンストゥルメントビュヌが開きたす。 クリップ゚リア䞋の+アむコンをタップしお、1/2/4/8小節のクリップを远加したす。

クリップ远加アむコン

クリップを远加するず、パッドを挔奏できるようになり、ノヌトがクリップビュヌりィンドりに远加されおいきたす。 クリップは、パッドビュヌ䞋の远加ボタンをタップするたでルヌプを続けたす。远加ボタンをタップするず、ノヌトがクリップに远加されたす。 挔奏をキャプチャするこの手法を「固定長」ず呌びたす。

Noteのトランスポヌトが停止しおいお、初めおクリップをキャプチャする堎合、セットのテンポはナヌザヌの挔奏に基づいお自動で蚭定されたす。

固定長のクリップをキャプチャする
ノヌト远加ボタン

6.2 自由長でキャプチャ

クリップを远加しなくおも、パッドを挔奏しおその内容をキャプチャするこずができたす。 この方法を「自由長」ず呌びたす。

Noteのトランスポヌトが停止䞭の堎合、最倧8小節たで挔奏し、その埌キャプチャボタンをタップするず挔奏内容のクリップを䜜成できたす。

Noteのトランスポヌトが停止しおいお、初めおクリップをキャプチャする堎合、セットのテンポはナヌザヌの挔奏に基づいお自動で蚭定されたす。

トランスポヌトが停止しおいる状態で自由長のクリップをキャプチャする
キャプチャボタン

キャプチャボタン暪のXアむコンをタップするず、挔奏したノヌトすべおが消去され、挔奏をはじめから再開できたす。

ノヌト消去アむコン

Noteのトランスポヌトが動䜜䞭で、セット内に他のクリップがある堎合、挔奏を開始しおから、クリップ䜜成ボタンをタップしお挔奏をキャプチャできたす。 新たにキャプチャされたクリップはすべお、セットにすでにある䞀番短いクリップず少なくずも同じ長さになりたす。

トランスポヌトが動䜜しおいる状態で自由長クリップをキャプチャする
クリップ䜜成ボタン

クリップがキャプチャ枈みで、Noteのトランスポヌトが動䜜䞭の堎合、パッドを挔奏しお远加ボタンをタップするこずで、そのクリップにさらにノヌトを远加できたす。

キャプチャしたクリップにノヌトを远加する

キャプチャ枈みのクリップがあり、Noteのトランスポヌトが停止䞭の堎合、パッドの挔奏を再開するず新芏クリップがキャプチャされたす。

6.3 パッド挔奏オプション

パッド䞋のパッド挔奏オプションアむコンをタップするこずで、挔奏オプションにアクセスできたす。

パッド挔奏オプションアむコン

Drum Rackには次のオプションが衚瀺されたす。

パッド — Drum Rackはデフォルトでは4x4グリッドの挔奏パッドを䜿甚したす。 ただし、クリップの取り蟌み䞭に1パッドレむアりトに切り替えたり、必芁に応じお4x4グリッドず1パッドレむアりトを行き来したりできたす。

Drum Rackパッドレむアりト

1パッド — このレむアりトでは、1぀のドラムパッドの詳现なコントロヌルが可胜です。 パッドレむアりトを䜿甚しおいずれかのパッドを遞択しおから、1パッドレむアりトに切り替えたす。 4x4パッドが、ベロシティセンシティブな単䜓の倧型パッドに切り替わりたす。䞊半分が高ベロシティ、䞋半分が䜎ベロシティずなっおおり、䞊から䞋に行くに぀れおノヌトのベロシティは䜎くなりたす。 泚このオプションはDrum Rackにのみ衚瀺されたす。

Drum Rack1パッドレむアりト

リピヌト — このオプションを遞択するず、䞀般的な音の長さ音䟡が䞊ぶサブメニュヌが衚瀺されたす。 パッドを抌したたたいずれかのサブメニュヌボタンをタップするず、抌したたたのノヌトを繰り返し再生できたす。たた、拍分割を切り替えおリズムのバリ゚ヌションを䜜成するこずもできたす。 オフを遞択しおこの機胜を無効にするこずもできたす。 リピヌトはパッドずシングルの䞡方のレむアりトで䜿甚できたす。

Drum Rackパッドリピヌトサブメニュヌ1パッドレむアりトで衚瀺

メロディむンストゥルメントには次のオプションが衚瀺されたす。

パッド — メロディむンストゥルメントはデフォルトでは5x5グリッドの挔奏パッドを䜿甚したす。 ただし、キヌ レむアりト埌述に切り替えお、より䞀般的なキヌボヌド蚭定を䜿甚するこずもできたす。 たた、5x5グリッドずキヌレむアりトは必芁に応じおい぀でも切り替えるこずができたす。

メロディパッドレむアりト

鍵盀 — このレむアりトでは、パッドレむアりトが2オクタヌブの鍵盀に眮き換えられたす。 鍵盀はベロシティセンシティブで、䞊半分が高ベロシティ、䞋半分が䜎ベロシティずなっおおり、䞊から䞋に行くに぀れおノヌトのベロシティは䜎くなりたす。

キヌ&スケヌル蚭定でキヌに合わせるスむッチを有効にしおいる堎合、鍵盀レむアりトは同じ圢をした四角圢が䞊ぶ列ずしお衚瀺されたす。 このスむッチをオフにするず、シャヌプずフラットのノヌトを含むピアノず同じ半音階鍵盀が衚瀺されたす。

メロディ鍵盀レむアりトキヌに合わせる有効

オクタヌブ — このオプションは、パッドビュヌのオクタヌブを倉曎するサブメニュヌを衚瀺したす。

オクタヌブサブメニュヌ

リピヌト — 䞊のDrum Rackでの説明ず同じ方法でリピヌト機胜を䜿甚できたす。 泚リピヌト機胜は、パッドずキヌレむアりト䞡方で機胜したす。

リピヌトサブメニュヌメロディパッドレむアりト

最埌に、トラックのパッド挔奏オプションの状態はそのトラック固有で、セットず䞀緒に保存される点に泚意しおください。 たずえば、あるトラックで鍵盀レむアりトを䜿甚し、別のトラックでパッドレむアりトを䜿甚しおいお、リピヌトに8分音笊を遞択しおいる堎合、これらの蚭定はセットを閉じお再び開いた埌も維持されたす。

7 むンストゥルメントビュヌデバむスず゚フェクト

むンストゥルメントビュヌでは、トラックにプリセットを远加したり、さたざたな蚭定や゚フェクトを䜿甚しおサりンドを掗緎させたりできたす。

セッションビュヌからむンストゥルメントビュヌを開くには、既存のクリップをダブルタップし、トラックのヘッダヌをタップするか、トラック内の空のクリップスロットのクリップ远加アむコンをタップしたす新芏クリップも䜜成されたす。

7.1 プリセットを䜿甚する

Noteには、幅広く取り揃えられたむンストゥルメントプリセット、オヌディオプリセット、サンプルが付属しおいたす。

セットに新芏トラックを远加するず、トラックプリセットがロヌドされ、そこにはランダムにむンストゥルメントプリセット1぀、コアラむブラリからオヌディオ゚フェクト2぀がロヌドされたす。

ロヌドされたプリセット

トラックのプリセット名をタップするず、同じカテゎリで遞択可胜なプリセットのリストが衚瀺されたす。

プリセットカテゎリリスト

リスト内のプリセット名をタップするず、デバむスのサりンドのオヌディオプレビュヌがトリガヌされたす。 プリセット名をタップするず、プリセットリストの䞋にあるパッドビュヌのパッドでサりンドを詊聎するこずもできたす。 遞択したプリセットをトラックに远加するには完了をタップしたす。

プリセットをタップしお遞択可胜なむンストゥルメントカテゎリの党リストを衚瀺するこずもできたす。

プリセットカテゎリに戻る矢印
プリセットカテゎリ

7.2 デバむスパラメヌタヌ

遞択可胜なパラメヌタヌオプションは、トラックに含たれおいるのがドラムのプリセットか、メロディむンストゥルメントのプリセットか、Samplerむンストゥルメントかにより異なりたす。

ドラムのプリセットを含むトラックでは、フィルタヌ呚波数、フォルタヌレゟナンス、トランスポヌズ、デチュヌン、アタック、ホヌルド、ディケむ、パンニングの各パラメヌタヌがあり、これらはパッドビュヌ䞊の最初のタブにあるDrum Rack党䜓に圱響したす。

Drum Rackのグロヌバルパラメヌタヌ

メロディむンストゥルメントのプリセットを含むトラックには、パッドビュヌ䞊の最初のタブのトラックにあるむンストゥルメントの皮類に応じお、さたざたなグロヌバルパラメヌタヌがありたす。

メロディむンストゥルメントのグロヌバルパラメヌタヌ

Samplerむンストゥルメントを含むトラックでは、パッドビュヌ䞊の最初のタブに、フィルタヌ呚波数、フィルタヌレゟナンス、トランスポヌズ、デチュヌン、アタック、ディケむ、リリヌス、LFOアマりントの各パラメヌタヌがありたす。

Samplerむンストゥルメントのグロヌバルパラメヌタヌ

デバむスパラメヌタヌを調敎する際、ノブを䞊䞋にドラッグしお粗調敎を、巊右にドラッグしお埮調敎できたす。

7.3 サンプルビュヌ

Drum RackやSamplerなど、サンプルを䜿甚するむンストゥルメントを含むトラックには、パッドビュヌ䞊の2぀目のタブにサンプルビュヌがありたす。

Drum Rackのサンプルビュヌ

7.4 サンプルを䜿甚する

サンプルファむルをNoteにむンポヌトするには、AirDropたたはアプリ内の共有機胜を䜿甚したす。 NoteはWAV、AIFF、M4Aファむルに察応しおいたす。 M4Aファむルは、むンポヌトするずWAVファむルに倉換されたす。

サンプルは、Drum RackたたはSamplerむンストゥルメントを含むトラックに远加できたす。

サンプルを空のDrum Rackパッドに远加するには、Drum Rackをトラックに远加しおから、サンプルを远加したいパッドを遞択したす。

Drum Rackで遞択されおいるパッド

サンプルを読み蟌むをタップするず、むンポヌト枈みのファむル、Note内に保存した録音内容、コアラむブラリ、珟圚のセットのその他の録音枈みファむルからサンプルを遞択できたす。

サンプルを読み蟌むオプション

サンプルを録音をタップするず、新芏オヌディオファむルをDrum Rackパッドに盎接録音できたす。 録音が完了したら、赀になったパッドか、サンプルビュヌりィンドり右䞊の停止アむコンをタップしたす。

サンプルを録音する

パッドぞの録音䞭、別のパッドをタップするず、即座にそのパッドぞの録音が開始されたす。

録音されたサンプルは、最初に怜出されたトランゞェントから再生が開始するよう、自動でクロップされたす。 サンプル波圢を巊右にドラッグするず、別の開始䜍眮を蚭定できたす。 たたは、2本指のピンチ操䜜を䜿甚しお、開始䜍眮を調敎しながら波圢内をズヌムむン/アりトするこずもできたす。 サンプル波圢を䞊䞋にドラッグするず、サンプルのボリュヌムゲむンアマりントを+24〜-70dBの範囲で調敎できたす。

Samplerむンストゥルメントぞのサンプルの远加も同じように行いたす。サンプルをデバむスに読み蟌むか、録音したす。

SamplerはオヌディオファむルをC3パッド䞊でオリゞナルのピッチで再生したす。それ以倖の堎合、ナヌザヌがタップしたノヌトに応じお、サンプルがスケヌル党䜓にわたりトランスポヌズされたす。

7.5 Noteの出力をリサンプルする

独自のサンプルの録音に加えお、Noteのオヌディオ出力をリサンプルするこずもできたす。

セット内で他のクリップを再生䞭、Drum RackパッドたたはSamplerデバむスのサンプルビュヌのマむクのアむコンを長抌しするず、リサンプル出力録音オプションにアクセスできたす。

リサンプル出力録音オプション

これでNoteの出力を録音できたす。 録音が完了したら停止ボタンをタップしたす。オヌディオファむルがDrum RackパッドたたはSamplerデバむスに远加されたす。

Noteの出力をリサンプルする
Samplerでリサンプルされたオヌディオファむル

リサンプル出力アむコンを再床長抌しするず、マむク入力オプションに切り替わりたす。

マむク出力録音オプション

7.6 サンプルオプション

サンプルの波圢をタップするず、その他のサンプルオプションにアクセスできたす。 遞択可胜なオプションは、トラックにDrum RackたたはSamplerむンストゥルメントが含たれおいるかによりわずかに異なりたす。

Drum Rackには次のオプションが衚瀺されたす。

サンプルをチョヌク — このオプションを有効にするず、同じチョヌクグルヌプにある別のサンプルが再生されるずこのサンプルは停止したす。 Drum Rack1぀に぀き、チョヌクグルヌプは1぀です。

モヌド — サンプルにTriggerトリガヌたたはGateゲヌトモヌドを蚭定できたす。 Triggerを遞択するず、サンプルはノヌトがい぀終わるかに関係なく最埌たで再生されたす。Gateを遞択するず、サンプルはノヌトがリリヌスされるずすぐに再生を停止したす。

フィルタヌ — ここでは、Drum RackのメむンデバむスパラメヌタヌにあるFilter Freqパラメヌタヌに察しおロヌパスLPかハむパスHPを遞択できたす。

サンプルを保存 — このオプションでは、All SamplesディレクトリのRecordingsセクションにサンプルを保存できたす。 サンプルはDrum Samplerフォルダヌに保存されたす。 このオプションは、サンプルがDrum Rackに録音された堎合にのみ衚瀺されたす。

サンプルを亀換 — このオプションを䜿甚しお、セルのサンプルを別のサンプルず入れ換えるこずができたす。

Drum Rackのサンプルオプション

Samplerむンストゥルメントには次のオプションが衚瀺されたす。

モヌド — サンプルにTriggerトリガヌたたはGateゲヌトモヌドを蚭定できたす。 Triggerを遞択するず、サンプルはノヌトがい぀終わるかに関係なく最埌たで再生されたす。Gateを遞択するず、サンプルはノヌトがリリヌスされるずすぐに再生を停止したす。

フィルタヌ — ここでは、SamplerむンストゥルメントのメむンデバむスパラメヌタヌにあるFilter Freqパラメヌタヌに察しお、ロヌパスLP、ハむパスHP、バンドパスを遞択できたす。

サンプルを保存 — このオプションでは、All SamplesディレクトリのRecordingsセクションにサンプルを保存できたす。 サンプルはMelodic Samplerフォルダヌに保存されたす。 このオプションは、サンプルがSamplerむンストゥルメントに録音された堎合にのみ衚瀺されたす。

サンプルを亀換 — このオプションを䜿甚しお、セルのサンプルを別のサンプルず入れ換えるこずができたす。

Samplerむンストゥルメントのサンプルオプション

7.7 ゚フェクトを䜿甚する

Drum Rackたたはむンストゥルメントのプリセットをトラックに远加するず、2぀のオヌディオ゚フェクトがプリセットの䞀郚ずしお远加されたす。 この゚フェクトパラメヌタヌは、倉曎したり、別の゚フェクトず入れ換えたりできたす。

Drum Rackプリセットには、Pad FXずKit FXの2皮類のオヌディオ゚フェクトスロットが䜿甚できたす。

Pad FXタブは、パッドビュヌ䞊の巊から3番目のタブになりたす。 このタブのオヌディオ゚フェクトは、個々のDrum Rackパッドにのみ適甚されたす。

Drum RackのPad FXタブ

遞択されおいるオヌディオ゚フェクトの皮類に応じお、さたざたなパラメヌタヌが衚瀺されたす。 Send Amountセンドアマりントノブでは、遞択されおいるDrum Rackセル内のデバむスに適甚される゚フェクトの量を調敎したす。

゚フェクトのプリセット名をタップしお他の゚フェクトをブラりズし、デバむスに远加できたす。

オヌディオ゚フェクトプリセット名
オヌディオ゚フェクトリスト

遞択したオヌディオ゚フェクトをトラックに远加したい堎合は完了をタップしたす。オヌディオ゚フェクトが遞択されおいない状態で完了をタップするず、むンストゥルメントビュヌに戻りたす。

オヌディオ゚フェクトを入れ換える

パッドビュヌ䞊の巊から4番目にあるKit FXタブは、Pad FXタブに䌌おいたすが、こちらはDrum Rack党䜓に圱響したす。

Drum RackのKit FXタブ

Pad FXタブでの説明ず同じ方法で、オヌディオ゚フェクトプリセットを遞択、ブラりズできたす。 Dry/Wetドラむ/りェットノブでは、Drum Rackに適甚される゚フェクトの量を調敎したす。

メロディむンストゥルメントやSamplerむンストゥルメントが含たれるトラックには、オヌディオ゚フェクト甚にFX1ずFX2の2぀のスロットがありたす。

メロディむンストゥルメントのFX1ずFX2タブ

Pad FXタブでの説明ず同じ方法で、オヌディオ゚フェクトプリセットを遞択、ブラりズできたす。 Dry/Wetドラむ/りェットノブでは、むンストゥルメントに適甚される゚フェクトの量を調敎したす。

FX1のオヌディオ゚フェクトは、むンストゥルメントのサりンドに远加された埌、その結果がFX2に送信され、FX2から最終的なサりンドが出力されたす。

7.8 パラメヌタヌにオヌトメヌションを蚭定する

クリップ再生䞭にデバむスずオヌディオ゚フェクトパラメヌタヌに倉曎を加え、これらの倉曎をキャプチャしお自動で再生させるこずができたす。 この自動パラメヌタヌ倉曎を「オヌトメヌション」ず呌びたす。 オヌトメヌションは、サりンドにバリ゚ヌションを加えるのに䟿利です。

パラメヌタヌにオヌトメヌションを蚭定するには、たずNoteのトランスポヌトが動䜜䞭であるこずを確認しおから、デバむスたたはオヌディオ゚フェクトパラメヌタヌノブをドラッグしおオヌトメヌションを远加したす。

デバむスパラメヌタヌ䞋にあるクリップのミニプレビュヌりィンドりにオヌトメヌションが点線で衚瀺されたす。

オヌトメヌションが衚瀺されたクリップミニプレビュヌ

オヌトメヌション远加ボタンをタップするず、クリップにオヌトメヌションがキャプチャされたす。

オヌトメヌション远加ボタン

キャプチャされたオヌトメヌションは、ミニプレビュヌりィンドりに実線で衚瀺されたす。 オヌトメヌションが蚭定されおいるパラメヌタヌには、該圓するノブの暪に点が衚瀺されたす。 トランスポヌトの動䜜䞭、オヌトメヌションの倉化がパラメヌタヌのノブの動きに反映されたす。

オヌトメヌションをキャプチャした埌も、パラメヌタヌにさらに倉曎を加えるこずができたす。 パラメヌタヌを再床調敎するず、オヌトメヌションに新しい点線が衚瀺されたす。ここで適甚をタップするず、キャプチャしたオヌトメヌションは倉曎埌のものに曎新されたす。

Noteのトランスポヌトの動䜜䞭、パラメヌタヌを調敎しお远加ボタンを再タップするず、曎新がすべおオヌトメヌションに保存され、オヌトメヌション倉曎を远加できたす。

オヌトメヌションが蚭定されたパラメヌタヌを長抌しするず、次のコマンドを含むメニュヌにアクセスできたす。

挿入 — パラメヌタヌの珟圚の倀で盎線のオヌトメヌションを远加したす

削陀 — 遞択されおいるパラメヌタヌのオヌトメヌションをすべお削陀したす

ミュヌト — セットが開いおいる間、遞択されおいるパラメヌタヌのオヌトメヌションをすべおミュヌトしたす閉じおいるセットを再び開くずオヌトメヌションのミュヌトは解陀されたす

オヌトメヌションコマンド

8 むンストゥルメントビュヌクリップずノヌト

8.1 クリップずノヌトの抂芁

挔奏は、クリップず呌ばれるコンテナに含たれる個々のノヌトずしおNote内に保存されたす。

挔奏はクリップビュヌで線集できたす。クリップビュヌはNoteのむンストゥルメントビュヌの䞀郚です。 セッションビュヌからむンストゥルメントビュヌを開くには、既存のクリップをダブルタップし、トラックのヘッダヌをタップするか、トラック内の空のクリップスロットのクリップ远加アむコンをタップしたす新芏クリップも䜜成されたす。

8.2 クリップビュヌ

Noteのむンストゥルメントビュヌには、デバむスパラメヌタヌがフロントずセンタヌに、録音されたノヌトが䞋のミニプレビュヌりィンドりに衚瀺されたす。

クリップのミニプレビュヌ

ミニプレビュヌりィンドりをタップするずNoteのクリップビュヌが開き、キャプチャした挔奏の抂芁がより詳现に衚瀺されたす。

クリップビュヌ

クリップビュヌを折りたたむには、クリップ䞊のいずれかのタブをタップしたす。

むンストゥルメントビュヌのタブいずれかをタップしお展開されたクリップを折りたたむ

8.3 ノヌトを遞択する

クリップビュヌを展開した状態で、線集するノヌトを遞択できたす。

クリップミニプレビュヌりィンドりを展開するず、デフォルトではすべおのノヌトが遞択されたす。

ノヌト間の空きスペヌスをタップしお特定のノヌト列を遞択し、クリップ線集オプション次のセクションで説明を開きたす。 同じ空きスペヌスをもう䞀床タップするず、クリップ内のすべおのノヌトが遞択されたす。

ノヌト間の空癜郚分を再床タップするこずで、1行遞択ず党ノヌト遞択の間で切り替えるこずができたす。

個々のノヌトを遞択するには、ノヌトをタップしたす。

特定のノヌトグルヌプを遞択するには、遞択ボックスをドラッグしおノヌトを囲みたす。

クリップ内のノヌトのグルヌプを遞択する

クリップから離れ、再びクリップに戻るず、クリップビュヌ内で遞択されおいたノヌトは遞択されたせん。

8.4 ノヌトを線集する

ノヌトを遞択するず、クリップりィンドりの䞋にノヌトの線集、クオンタむズ、ベロシティの3぀の線集タブが衚瀺されたす。

遞択されおいるノヌトの配眮ずチュヌニングを線集するには、ノヌトの線集タブを䜿甚したす。

ノヌトの線集タブ

トランスポヌズボタンでは、遞択されおいるノヌトのピッチを䞊䞋に倉曎できたす。 内偎の矢印ボタンでノヌトを半音単䜍で、倖偎の矢印ボタンでノヌトをオクタヌブ単䜍でそれぞれ䞊䞋にトランスポヌズできたす。 メロディむンストゥルメントでは、トランスポヌズボタンは、セット蚭定でキヌ&スケヌルが有効な堎合、ノヌトをスケヌルの床にクオンタむズしたす。 察しお、Drum Rackでノヌトをトランスポヌズしおもピッチには圱響したせん。 トランスポヌズするず、ノヌトはラック内の別のサンプルパッドに移動したす。

ナッゞセクションはボタンが2列に分かれおいたす。 䞊の列には、遞択されおいるノヌトを巊右に動かすナッゞボタンが巊ず右に、遞択しおいるノヌトを削陀する削陀ボタンゎミ箱アむコンが䞭倮にありたす。 䞋の列には、䞀般的な音䟡を瀺すボタンがありたす。遞択されおいるノヌトは、ここで遞択した音䟡単䜍でナッゞされたす。クオンタむズに圱響されずより现かな倀でナッゞしたい堎合はOFFを遞択しお䞊のナッゞ矢印を䜿甚したす。

3連笊スむッチでは、遞択されおいる音䟡の盎近の3連笊を䜿甚できるよう、䞊のナッゞセクションの動䜜に修正を加えるこずができたす。 たずえば、3連笊を有効にしお、ナッゞの倀に1/4を遞択するず、ノヌトを拍の1/3単䜍でナッゞするこずができたす。

クオンタむズタブは、遞択されおいるノヌトを、グリッド䞊で遞択した音䟡の拍にスナップさせたす。 これを行うには、垌望の倀に該圓するクオンタむズグリッドボタンをタップしたす。 遞択察象をグリッドの元の䜍眮に戻したい堎合はOFFをタップしたす。

クオンタむズタブ

ノヌトの䜍眮をすばやく調敎するもうひず぀の方法は、むンストゥルメントビュヌ䞋のメニュヌバヌにあるクオンタむズアむコンを䜿甚するこずです。 このアむコンを1回タップするず即時にすべおのノヌトがクオンタむズされ、長抌しするずクオンタむズタブ䞊参照が衚瀺されたす。

クオンタむズアむコンはむンストゥルメントビュヌに衚瀺される

最埌のベロシティタブでは、ノヌトのベロシティを線集したす。 遞択されおいるノヌトのベロシティは、瞊方向のスラむダヌで瀺されたす。このスラむダヌを䞊䞋に動かしお、ベロシティを増枛させるこずができたす。 耇数のノヌトのベロシティを線集する堎合、2本指で同時に2぀のノヌトのベロシティを蚭定できたす。

ベロシティタブ

8.5 クリップ長を線集する

展開したクリップビュヌりィンドり䞋に衚瀺される数字は、クリップ長を倉曎するのに䜿甚したす。

2小節クリップのクリップ長むンゞケヌタヌ

数字が入っおいる小節を右にスワむプしお耇補、巊にスワむプしお削陀したす。 特定の小節をタップしおルヌプさせるこずもできたす。再床タップするずルヌプ境界がクリップの党長に戻りたす。

たた、小節を長抌ししお耇補、クロップ、削陀のコマンドにアクセスするこずもできたす。

クリップ長コマンド

8.6 むンストルメントビュヌ操䜜

パッドビュヌ䞋には、取り消し/やり盎しコマンド、パッド挔奏オプション、クリップ耇補コマンド、ノヌトクオンタむズボタン、グロヌバル再生/停止ボタンがありたす。

むンストゥルメントビュヌ操䜜

9 セットを転送、゚クスポヌトする

セットは、NoteからAbleton CloudにアップロヌドしおLiveに送信したり、セットのオヌディオファむルをNoteから゚クスポヌトしおデバむスに保存しお他のアプリず共有したりできたす。

9.1 Ableton Cloudを䜿甚しおセットを転送する

Ableton Cloudを䜿甚しお、NoteセットをLiveたたはNoteがむンストヌルされおいる他のiOSデバむスず共有できたす。

セットの再生ボタン暪の をタップし、Ableton Cloudにアップロヌドを遞択しおセットをクラりドにアップロヌドしたす。

セットオプションのアむコン
Ableton Cloudにアップロヌドオプション

Ableton Cloudぞのアップロヌドが完了するず、セットはLiveのブラりザヌにある堎所のクラりドフォルダヌ、および、同䞀のメヌルアドレスでAbleton Cloudにログむンしおいる他のiOSデバむスのNoteで遞択可胜になりたす。

たた、セットがNoteのセットラむブラリにあるAbleton Cloudセクションに移動しおいるこずも確認できたす。

Ableton Cloudにアップロヌドされたセット

Liveでは、アップロヌドされたセットのフォルダヌが堎所のクラりドに远加されおいるのが確認できたす。このフォルダヌは、Liveプロゞェクトフォルダヌに䌌おいたす。 個々のサンプルや録音にアクセスしたり、Set.ablファむルを展開しお個々のトラックにアクセスしたりできたす。 たた、.ablbundleファむルをダブルクリックしおLiveセットずしお開くこずもできたす。

LiveブラりザヌのNoteセット
.ablbundleファむルをLiveで開くずLiveセットになる

重芁NoteコンテンツをLiveで䜿甚するNoteセットの.ablファむルをLiveセットずしお開く、たたは、Noteセットに含たれる個々のサンプルや録音を䜿甚する堎合、Liveのファむルメニュヌからすべおを集めお保存オプションを遞択し、必ず該圓するLiveセットに保存する必芁がありたす。 こうするこずで、珟圚のセットが参照する倖郚ファむルすべおが収集、保存され、Noteセットをクラりドから削陀しおもコンテンツが倱われたせん。

NoteずLive間でのセットの共有は䞀方通行であるこずに぀いおも留意したしょう。NoteのセットをLiveで開くこずはできたすが、LiveのセットをNoteで開くこずはできたせん。

9.2 オヌディオを゚クスポヌトする

オヌディオファむルをWAVたたはM4AずしおNoteから盎接゚クスポヌトし、保存したり、AirDropや他のアプリの機胜を䜿甚しお共有したりできたす。

セット蚭定メニュヌでオヌディオを゚クスポヌトを遞択するず、オヌディオ゚クスポヌト蚭定が開きたす。 オヌディオファむルには、セット内の党シヌンを䞊から順に䞊べたものが含たれたす。 各シヌンの䞀番長いクリップにより、録音されるファむルにおけるそのシヌンの長さが決たりたす。

Noteからオヌディオを゚クスポヌトする

゚クスポヌトされるオヌディオには、非圧瞮のWAVファむル48kHz/16-bitたたはM4Aファむル48kHz/32-bitを遞択できたす。 垌望のファむルタむプを遞択し、゚クスポヌトを抌しお続行したす。

オヌディオを゚クスポヌト蚭定

オヌディオファむルの曞き出しが開始され、凊理の進捗状況を瀺すバヌがNoteに衚瀺されたす。 完了するず、完成した録音内容のオヌディオプレビュヌが開きたす。

Noteでのオヌディオ゚クスポヌトプレビュヌ

共有をタップするずiOS共有メニュヌが開き、゚クスポヌトしたファむルをデバむスに保存したり、他のアプリず共有したりできたす。

キャンセルをタップするず、オヌディオプレビュヌが終了しおセッションビュヌに戻りたす。