Abletonベータプログラム

目的

Abletonでは、Ableton Liveが安定性に極めて優れたソフトウェアとなるよう万全を尽くしています。Liveは非常に広範なワークフロー、ハードウェアセットアップ、プラグインインストールに対応しているため、すべてのシナリオを独自に検証することは不可能です。そこで、ユーザーの皆様にご協力をお願いしています。ベータプログラムの目的は、最新リリースバージョンには存在しないが、最新ベータバージョンに含まれている意図されていない動作すべてを発見し、再現することです。

条件

  • ライセンス: Abletonベータプログラムにご参加いただくには、Ableton Suite 8またはフルバージョンのLive 8の登録済みライセンスが必要です。
  • 自動アップデート: 自動ソフトウェア・アップデートは、すべてのベータバージョンに対して常に有効となっており、無効に切り替えることはできません。必ず最新バージョンでご検証いただきます。
  • 使用データ: 使用データの送信は、すべてのベータバージョンに対して常に有効となっており、無効に切り替えることはできません。データはお客様のAbletonアカウントに結び付けられ、特定の問題の解決と調査が必要な場合にスムーズな対応ができるよう役立てられます。
  • コミュニケーション: メールにてご意見やご感想をお尋ねする場合があります。

応募方法

リリースバージョンではなく最新ベータバージョンをご使用いただくと、プログラムの安定性に関する情報を含む使用データが弊社に提供されます。

しかし、生じる不具合を完全に分析するには、お客様の積極的な関与が必要となります。そのため、AbletonではGet Satisfactionにコミュニケーション用の専用フォーラムを作成しています。このページを利用することで、発見した不具合について議論したり、他のユーザーに同じような問題が生じていないかどうかを確認できます。条件にご同意いただきますと、ダウンロードページに移動します。Get Satisfactionページへは、ダウンロードページのフィードバックリンクをクリックすることで移動できます。

注: ベータバージョンにはバグフィックスやその他の機能向上が含まれていますが、公式リリースとは異なり十分な検証が行われているわけではありません。スタジオ作業やステージ演奏などの重要な作業を行う場合は、リリースバージョンをご使用いただくことをおすすめします。

ベータに参加

Ableton Live 9ベータは、現在最大定員数に達しています。ベータが進むにつれテスター数を徐々に拡大していく予定ですので、定期的に募集状況をご確認ください。