Live 8 Release Notes

8.4.2 リリースノート

Improvements and feature changes:

  • Added control surface support for M-Audio Axiom Air 25, 49 and 61 keyboards.
  • Updated ReWire engine to support Mac OS X 10.9 Mavericks. 

Bugfixes:

  • The mouse and keyboard could sometimes become unresponsive after zooming or tweaking parameters on OS X 10.9 Mavericks.
  • Under certain conditions, Live would not launch and return an error message "The Side-by-Side configuration is incorrect" after installing it on Windows.
  • Live could crash when moving a VST or AU plug-in to a different track while having its GUI open.
  • Live could crash when deleting a AU plug-in device from a track while having its GUI open.

8.4.1 リリースノート

Improvements and feature changes:

  • Added a user satisfaction survey. After several hours of usage, Live will ask you to rate the software on the next startup. You can submit a star rating or simply dismiss the survey.
  • Added control surface support for Novation Launchkey series.
  • Added control surface support for M-Audio Axiom Air Mini 32.

Bugfixes:

  • (64-bit Windows) Exporting video at 48 kHz would not work.
  • (64-bit Mac) The video window could go black after toggling full-screen mode on and off.
  • (64-bit Mac) The content in the video window would sometimes not resize correctly in the 64-bit Mac version after when jumping in the playback position.

8.4 リリースノート

Improvements and feature changes

  • Live 8.4 introduces native 64-bit support. The 64-bit version of Live allows the use of more than 4 gigabytes of RAM. This means that Live users can now work with Live Sets (including Sets using third-party plug-ins and ReWire configurations) that are much larger and more memory intensive than in the 32-bit version. The 64-bit version of Live works with PCs running Windows Vista/7/8 (64-bit) and with Intel-Macs running OS X 10.5 and up. For more information, please refer to our knowledge base: (https://www.ableton.com/articles/what-are-limitations-64-bit-version-live/).
  • Improved the authorization dialog when launching Live as a Trial version.
  • Improved automatic updates.
  • The word size of the Live application is now shown in the splash screen.
  • Live is now showing the email address of the currently authorized user account in the "About" window.

Bugfixes

  • Live would not respond to time signature changes from a ReWire master.
  • Fixed a bug which could prevent VST plugins stored in the OS X system library folder to show up in Live's browser.
  • Fixed a bug in the 32-bit version, which could cause problems when resizing 32-Bit-Cocoa plugins.
  • Under certain conditions, the playback position in audio clips was incorrect after changing clip start markers in unwarped clips and then re-enabling 'warp' (regression from 8.2.7). 
  • Deactivating a playing clip and then reactivating it would leave the clip in an incorrect state. The clip would look as if it is playing, although it was actually stopped.
  • Fixed a problem with the Max for Live engine, which would cause Live to freeze when setting an audio buffer size smaller than 21 samples.
  • Live parameters would no longer update correctly after deleting a Max for Live device which was mapped to that parameter via live.remote~.
  • Mappings from Max devices to VST plugin parameters could get lost after saving an instrument rack preset and then reloading it.
  • Fixed a graphical glitch in the Session- / Arrangement View amoeba after toggling views (mixer, crossfader, etc.). 
  • The Session View selection frame of the APC40 or Launchpad could get stuck after deleting scenes or undoing the creation of scenes.
  • Under certain conditions, Live could hang when decoding MP3 files (Win only).
  • Fixed a bug which could cause a "memory corruption error".
  • Fixed a memory leak which could occur when previewing audio files in the Browser, using the "Complex" warp mode. 
  • Live could freeze when successively sending Program Change messages to a VST or AU plug-in (Mac OS X only).
  • Live could freeze when using the "Insert Time" or "Insert Silence" commands.
  • Live would crash when deleting a clip while recording.
  • Live would crash when saving an Audio Effect Rack containing devices with certain side-chain routings.
  • Live would crash when dropping MIDI Effect Rack presets onto Drum Rack pads or an Instrument Rack chain.
  • Live would crash when changing the sample rate for audio interfaces with dynamically changing channel configurations (Mac OS X only).
  • Live would crash when using the copy / paste time commands inside a group track.
  • Live could crash under certain conditions when importing extremely long MP3 files into Live (several hours long files). 
  • Live could crash under certain conditions when deleting a VST plug-in from a drum rack's return chain.
  • Live could crash under certain conditions when recording time signature changes.
  • Live could crash under certain conditions when triggering scenes containing time signature changes.
  • Live could crash under certain conditions when switching through rack chains (e.g. with the "Auto" select function) whilst renaming a device inside the chain.
  • 3 other rare crashes have been fixed.

8.3.4 リリースノート

Improvements and feature changes:

  • The word size of the Live application is now shown in the splash screen.
  • Live is now showing the email address of the currently authorized user account in the "About" window.
  • Improved the authorization dialogue when launching Live as a Trial version.

Bugfixes:

  • Fixed a bug which could cause a "memory corruption error" when launching Live.
  • Fixed a memory leak which could occur when using the "Complex" warp mode. 
  • The Session View selection frame of the APC40 or Launchpad could get stuck after deleting scenes or undoing the creation of scenes.
  • Live device parameters would no longer update correctly after deleting a Max for Live device which was mapped to that parameter via live.remote~.
  • Fixed a problem with the Max for Live engine, which would cause Live to freeze when setting an audio buffer size smaller than 21 samples.
  • Fixed a graphical glitch in the Session- / Arrangement View amoeba after toggling views (mixer, crossfader, etc.). 
  • Fixed a problem with the Windows installer which could lead to an incomplete installation on some computers. Symptom: The Live application would not launch at all and an error message "The application has failed to start due to a side-by-side configuration error" would be shown instead.
  • Under certain conditions, the playback position in audio clips was incorrect after changing clip start markers in unwarped clips and then re-enabling 'warp'. 
  • Fixed a bug which prevented some VST plugins stored in the OS X system library folder to show up in Live's browser.

8.3.3 リリースノート

  • Minor changes for usage data reporting.

8.3.2 リリースノート

Bugfixes:

  • Fixed a bug with the Rewire engine which occurred with Live 8.3.1.

8.3.1 リリースノート

Improvements and feature changes:

  • Added support for Mac OS 10.8 "Mountain Lion".
  • Improved performance when recording many MIDI CC data into MIDI clips.
  • The default takeover mode for control surfaces has been changed to "none" (this will only affect new installations).
  • Minor changes for usage data reporting. 

Bugfixes:

  • Fixed a bug which could lead to degraded resolution of automation data when recording automation for VST plugins running in Novation's automap shell.
  • Fixed a bug which prevented samples from being opened in an external sample editor.
  • Fixed a crash which could occur when importing two identical audio files into Live.
  • Fixed a bug which could lead to two undo steps when freezing a track.
  • Fixed a bug which could cause the save dialogue to disappear in OS X Lion.
  • Under certain conditions, Live's splash screen wouldn't appear on OS X Lion.
  • Opening an alias file of a Live set wouldn't work on OS X Lion.
  • Fixed login problems in the Soundcloud uploader on Windows.
  • Fixed a rare crash which could occur with automatic updates on certain Windows computers.

8.3 リリースノート

Improvements and feature changes:

  • A new "Upload to SoundCloud" option is available in the Export Audio/Video dialog. When enabled, Live will open an upload client after the file has been rendered to disk, so you can upload the rendered file directly to your SoundCloud account.
  • Added automatic software updating. When enabled, Live will automatically download and install software updates in the background. Users who update to Live 8.3 from an older Live version will see a dialog box when launching Live 8.3 for the first time, where Automatic Updates can be enabled or disabled. You can always change the settings in Live’s "Licenses/Maintenance" Preferences. More detailed information about Automatic Updates is available in our Knowledge Base.
  • Changed the naming of the Live application. The application is now called "Ableton Live 8" and does not include a specific revision number. The revision number can still be found in the About screen in the Help menu.
  • The Windows installer has been updated to a newer version.
  • The default installation path of the Live application has changed on Windows. More information can be found in our Knowledge Base.
  • Added usage data collection. When enabled, Live will send data about your Live installation and usage to ableton.com. This data will be used to help our developers identify bugs and improve the software. Usage data collection is optional and can be enabled/disabled in the "Licenses/Maintenance" Preferences. More information can be found in our Knowledge Base
  • Added control surface support for Akai MPK Mini.

Bugfixes:

  • Fixed a crash that could occur when modulating a parameter in the Corpus device with Max for Live.
  • Fixed crashes and audio dropouts that could occur when hot-swapping through AAS instruments. 
  • Fixed a crash that could occur when undoing the deletion of the last warp marker in an audio clip.

 

    8.2.8 リリースノート

     

    Improvements:

    • Added support for the Ableton Improvement Program, an automatic usage and data reporting tool. To enable, add this line to your Options.txt file:  
      -ImprovementProgramParticipation=On

      More information about the Ableton Improvement Program can be found in our forum announcement. 

      (For more information about using the Options.txt file, see http://www.ableton.com/pages/faq/options_text)

    Bugfixes:

    • Receiving MIDI CCs on a MIDI track’s input was causing a high CPU load on OS X Lion.
    • Fixed a bug in the "Beats" warp mode which could lead to unwanted clicks in rare cases.

     

    8.2.7 リリースノート

     

    Improvements and feature changes:

    • There is a new entry in the Options menu: "Reduced Latency When Monitoring", which toggles latency compensation on and off for tracks which have input monitoring on. When enabled, input-monitored tracks will have the lowest possible latency but may be out of sync with some other tracks in your Set. When disabled, all tracks will be in sync, but input-monitored tracks may have higher latency. Before, the option was only available via the 'StrictDelayCompensation' options.txt, and was ON per default. It now defaults to OFF.
    • When restarting after a crash, Live will now display a warning in the Help View if the crash was caused by an issue with a VST plug-in. Note: this is currently for Mac OS X only.

    Bugfixes:

    • Authorizing a full version of Live would sometimes activate a feature-limited version (Live Lite or Live Intro).
    • Fixed a bug that prevented setting the start marker of an audio clip before the sample start.
    • On Mac OS X, saving a Live Set could lead to an unresponsive Save dialog box, if the destination folder contained an alias file which points to an unavailable volume.
    • Fixed a crash which occurred when importing a Drum Rack with a routing to a return track.
    • 3 additional crashes were also fixed.

     

    8.2.6 リリースノート

    機能向上と機能変更

    • Novation Impulseコントローラに対応しました。

    バグフィックス

    • Live 8.2.5でAmpまたはMax for Liveを試用することができなかった不具合を修正しました。

    8.2.5 リリースノート

    Live 8.2.5では、Mac OS X 10.7 Lionに対応しています。

    Max for Liveユーザ向け注: Max for LiveをOS X 10.7 Lionに互換させるには、 Max 5.1.9 へアップデートする必要があります。

    機能向上と機能変更

    • LiveがMIDIクロックスレーブの場合のMIDI同期が向上しました。
    • (Liveブラウザから)インポートしたトラックは、トラックの元の出力ルーティングを変更できない場合は[Sends Only]ではなく[Master]にルーティングするようになりました。
    • [MIDI]環境設定の[テイクオーバーモード]のデフォルトは[ピックアップ]から[バリュースケーリング]に変更されました。
    • サードパーティプラグインのロケーションに、システムハードドライブのルート(WindowsマシンではWindowsシステムフォルダ)を選択できないようになりました。 選択すると、これらのフォルダにはサードパーティプラグインとして解釈されるファイルが含まれているため、Liveが起動時にクラッシュする原因となります。

    バグフィックス

    • OS X Lionで、MIDIデータを任意のMIDIポートに送信するとLiveがフリーズする不具合を修正しました。
    • ある一定の条件下で、トランジェントマーカーをクオンタイズするとワープマーカーが重複し、ワープマーカーまたはそのBPM値の編集時にさまざまな問題を生じていた不具合を修正しました。
    • ある一定の条件下で、「トランジェント」ベースの[Beats]ワープモードでダブルアタックが再生されていた不具合を修正しました。 このバグフィックスにより、クリップによっては聞こえ方がこれまでと異なる場合があります。
    • Live環境設定でVSTプラグインソースをオンにした後、1番目にスキャンされたプラグインが原因でLiveがクラッシュした場合、スキャン処理からプラグインを除外できない不具合を修正しました(Macのみ)。
    • サンプルレートが44.1KHz未満のEQ3を含むLiveセットをレンダリングすると完全に無音のオーディオファイルが生成される不具合を修正しました。
    • Live 8にないクリップカラー情報を持つLive 7セットを読み込むとクラッシュしていた不具合を修正しました。
    • 展開されているラックをホットスワップすると、デバイスがビュー外へスクロールするため詳細ビューの表示が空になっていた不具合を修正しました。
    • 新規録音中にグローバルトランスポートを巻き戻すと無限の長さのクリップが作成されていた不具合を修正しました。
    • Liveブラウザ内でLiveセットを展開するとトラック名が間違って表示されていた不具合を修正しました。 この不具合は、トラック内に含まれるインストゥルメントからトラック名が自動作成されている場合にのみ生じていました。 古いバージョンで保存されているLiveセットでは、ラック、Max for Liveデバイス、サードパーティプラグインを含むトラックのトラック名が正しく表示されないことがあります。 その場合、セットを保存し直すと問題を解消することができます。
    • Operatorプリセットの一部に、プリセットをロードしてからトラックを作成または移動すると聞こえ方に差が出ていた不具合を修正しました。
    • トラックを切り替える際にFrontier Design Tranzportが更新されなかった不具合を修正しました。
    • Mac OS XでLiveを使用する際に緑色のズームボタンが無効になることがあった不具合を修正しました。
    • トラックが録音待機状態でOVRがオフの場合、セッションビューでクリップを再開するとクリップがそのノートを再生しない場合があった不具合を修正しました。
    • OVRのオンとオフの切り替えが取り消し操作として記録される不具合を修正しました。
    • バージョン8.2より一部のライブラリコンテンツをLive Introユーザが使用できなくなっていた不具合を修正しました。
    • ループスイッチまたは[ループ長を設定]ボタンでクリップのループを有効にするとクリップが停止する場合があった不具合を修正しました。
    • 特定のドラムラックパッドをホットスワップするとクラッシュする場合があった不具合を修正しました。
    • その他11のクラッシュの不具合を修正しました。

    8.2.2 リリースノート

    機能向上と機能変更

    • Ampインスタントマッピングのバンク名を追加しました。Axiom DirectLinkコントロールサーフェスの問題を解消しました。
    • 整数でないサンプルレートに関連するMbox2の問題を解消しました。
    • Akai Professional LPD8コントロールサーフェス対応を追加しました。
    • 今後、ベータは初回起動後、毎週アップデートを確認するようになります。
    • Axiom Proの[Peek]ボタンはモメンタリのコントロールとして機能するようになりました。

    Max for Liveの機能向上と機能変更

    (注:変更のほとんどは最新バージョンのMaxへのアップデートが必要です。アップデートは http://cycling74.com/downloads/ からダウンロードできます)

    • ラック内のデバイスにMax for Live APIからアクセスできるようになりました。
    • リターントラックをMax for Live APIから確認できるようになりました。

    Liveデバイスとパラメータは、これまで以上に簡単にMaxデバイスのコントロールにマッピングできるようになりました。 デバイスは、既存のマッピングを解除することなくLiveセット内を安全に移動させることができます。 また、既存のマッピングを解除することなくデバイスとセットを保存しロードできます。 これらは以下の変更により可能となりました。

    • [live.path live_set view selected_parameter]を使用して、選択されているパラメータをMax for Live APIから簡単に確認することができるようになりました。 たとえば、カスタムの「マップモード」を構築してLiveセットのパラメータをMaxデバイスのコントロールにすばやくマップするのに使用できます。
    • トラック、クリップ、パラメータなどのLiveオブジェクトは、移動、保存/復元、カット/ペースト、削除/取り消しなどの操作中にもそれぞれの識別値(id nn)を保持します。識別値はグローバルで、MaxのSendとReceiveオブジェクト経由で通信できます。
    • [live.object][live.observer][live.remote~]は、Liveセットまたはプリセットが保存および復元される際、またはオブジェクトをLiveセット内で移動した際に、対象オブジェクトを記憶できるようになりました。
    • Abletonにより保護されているサンプルを[Live.drop]オブジェクト経由でMax for Liveデバイスで使用できるようになりました。
    • クリップ移動時にクリップスロットがidを消失する問題を解消しました。
    • LiveAPIを介したコントロールサーフェスの操作と確認に関する問題を解消しました。
    • [live.path]オブジェクトで[goto control_surfaces]を繰り返し呼び出すとそのたびごとに異なるidが生成されていた問題を解消しました。
    • [Remote~]がいずれかのMacroノブをコントロールしているMax for Liveデバイスが含まれるラックを削除してから削除操作を取り消すとクラッシュする不具合を解消しました。
    • Live Object Modelの操作が約2倍高速化しました。
    • オートメーションされたMax for Liveデバイスを含むトラックを移動するとクラッシュする不具合を解消しました。
    • 特定のモジュレーションが存在する場合に1つのMax for Liveデバイスを別のデバイスを取り替えるとクラッシュする不具合を解消しました。
    • Max for LiveデバイスにマップされているネイティブのAbletonデバイスにパラメータがある場合、Abletonデバイスのホットスワップ後にマッピングが保存されます。
    • [Track/Chain Activator]と[Song Tempo]は[selected_parameter]プロパティ経由で操作可能になり、それぞれのパスは問い合わせ可能になりました。
    • [live_app]と[live_app view]をMax for Live API内で持続させることが可能になりました。
    • APC40(一例)のミキサーコンポーネントの一部のMax for Live APIを経由したマッピングは、APC40の[Pan]または[Send]を押してからではないと機能しませんでした(押すとコンポーネントがリセットされます)。 この不具合を修正しました。
    • トラックが1つあるセット内の[goto live_set tracks 2 devices]はid -1を生成していましたが、これは誤りです。 id 0が生成されるよう修正しました。
    • オブサーバのLOM idが持続している場合、LOMオブジェクトのプロパティは、たとえメッセージを使用してダイナミックに変更されても持続されます。
    • [Application]オブジェクト([live_app (live_app view)]など)またはLiveバージョンとドキュメント名に関する情報([get_major_version (focus_view)]など)をコントロールするMax for Liveデバイスはセットをロードすると動作し、ユーザ操作は必要ありません。

    バグフィックス

    • マップオン/オフスイッチまたはセレクタスイッチの範囲がデフォルト値でない場合に生じる入れ子のマクロマッピングの問題を解消しました。 このような場合、正しい値が表示されますが、誤った値が内部では使用されていました。

    : この修正により表示どおりに聞こえるようになりますが、以前に保存されたバグを含むセットでは聞こえ方が異なる場合があります。

    • アレンジメントビューでタイムを削除すると場合によってはクロスフェードが削除されることがありました。
    • APC40とScratch Liveを使用するとScratch LiveがAPCに同期しますが内部ではリターントラックが表示されていました。
    • VSTプラグインフォルダにディスク上の別ロケーションのファイルへのショートカット/エイリアスが含まれる場合、Live起動時に毎回フォルダの再スキャンが行われていました。 この不具合を修正しました。
    • [再生開始時に選択]がオンの場合にキー/MIDIマッピングまたはAPC40などのコントロールサーフェスを介してシーンをラウンチするとマスタートラックが選択されていました。 これにより、選択されているデバイスがマスタートラックのデバイスに切り替わっていました。 リモートコントロールを介してシーンをラウンチする場合もマウスでラウンチする場合と同じ動作になりました。デバイス選択は変更されません。
    • [メディアファイルが不明です]が表示中にステータスバーをクリックするとき、およびマクロノブの調整直後にクラッシュする不具合を修正しました。
    • オーディオクリップの追加、クリップビューでのスクラブ、スクラブのためマウスボタンが押されている際の取り消しでクラッシュする不具合を修正しました。
    • Macで、特定のオーディオインターフェースを切り替えるとクラッシュする不具合を修正しました。
    • クラッシュを防ぐよう[Complex Pro]ライブラリが更新されました。
    • Akai MPK61と88のTransportボタンの動作が修正されました。
    • 非常に大型のLiveセットを開くとクラッシュする不具合を修正しました。
    • サンプルを参照しているクリップがクリップボードにあり、(ファイルマネージャまたはクリップビューの)編集ボタンを押してサンプルをオフラインに設定してからオンラインに戻すとクラッシュする不具合を修正しました。
    • MIDIクリップの録音中にノートを押したままにし、ノートを押したままの状態でトランスポートを停止すると再生中に無音のノートが作成される不具合を修正しました。
    • クリップがゲートモードの場合、ラウンチクオンタイゼーション時間内にトリガーキーをリリースするとクリップがラウンチされてしまう不具合を修正しました。
    • ゲートラウンチモードのクリップが別のクリップをクリックした後にも再生を継続する不具合を修正しました。
    • MIDIエフェクトラックのレーテンシーの扱いに関する不具合を修正しました。 チェーンが互いに正しく補正するようになりました。

    8.2.1 リリースノート

    機能向上と機能変更

    • Ampプリセットが向上しました。フォルダ構成、ギターおよびベースアンププリセットの追加、その他の変更が含まれます。
    • Drum Machinesのサウンドクオリティが向上しました。
    • 多数のラックプリセットでパフォーマンスが最適化されました。
    • 多数のディレイデバイスでディレイトランジションモードに[Fade]を使用できるようになりました。クリックノイズを防ぎます。
    • Latin PercussionのサウンドすべてがクロマチックチューニングのSimplerプリセットとしても使用可能となりました。

    バグフィックス

    • AmpがAbleton Suiteのトライアルバージョンでも使用可能になりました。
    • 重複するAmpプリセットを取り除きました。
    • Session DrumsとDrum Machinesプリセットのホットスワップ動作を修正しました。
    • OS Xで、1入力だけのサウンドカードが使用できないバグを修正しました。
    • ReasonなどのReWireスレーブを使用中にLiveのクリップで参照されているスレーブデバイスを操作するとクラッシュする不具合を修正しました。

    8.2 リリースノート

    機能向上と機能変更

    • Seratoとの共同プロジェクト The Bridge に対応。 The BridgeはLive/Suite 8ユーザ様に無償でご提供させていただきます。 The Bridgeについて、詳しくはこちらをご覧ください。
    • ギターアンプとキャビネットのモデリングエフェクト Amp 。 AmpはSuiteユーザ様に無償でご提供させていただきます。 Ampについて、詳しくはこちらをご覧ください。
    • [ヘルプ]ページを一部変更。クラッシュのレポート方法とサポートへの連絡方法に関する変更です。 クラッシュ後にLiveを再起動すると[Ableton Crash Report... .alp]という名前のファイルが、Liveの[ヘルプ]メニューで[サポート...]を選択すると[Ableton Status Report... .alp]という名前のファイルが作成されます。

    バグフィックス

    • Antares Harmony VSTへの互換性の向上。 トラックにインサートする際、これまでは5チャンネルがアクティブになっていましたが、[Stereo]モードでも動作するようになりました。
    • Liveが一時プロジェクトを削除できないバグを修正しました。
    • [環境設定]で選択されているコントロールサーフェスにより、Abletonデバイスをトラックからトラックへと移動した後トラックを別の位置へと移動させるとクラッシュする不具合を修正しました。
    • グループトラックのクリップを含むトラックの移動を取り消した後(特定のLiveセットの状態の場合のみ)にクラッシュする不具合を修正しました。
    • Max for Liveデバイスがクリップボードにあるときにマッピングモードをオンにするとクラッシュする不具合を修正しました。
    • 「停止スロット」をトリガーした後パンチリージョンの外を録音するとクラッシュする不具合を修正しました。
    • Del(デフォルトに戻る)を押した後、少なくとも2つのラックチェーンのボリュームを1度に編集するとクラッシュする不具合を修正しました。
    • Liveがスレーブの場合、オーバーダブ可能なMIDIクリップを含むLiveセットを開くと、セットの読み込み中に取り消し履歴が準備できてないうちにトリガーされてクラッシュする不具合を修正しました。
    • ユーザが[コピーを保存]を使って上書きしたLiveセットをクラッシュ後に復元すると破損したドキュメントが作成されるバグを修正しました。 [コピーを保存]を使って現在のセットを上書きすると、[保存]と同じ動作をするようになりました。
    • クリップのプロパティの編集中にシーンをリモートで変更する際にクラッシュする不具合を修正しました。
    • Macで、CoreAudioドライバが外部サンプルレートの変更に反応するようになりました。
    • 空のMIDIトラックへのインストゥルメントのペーストを取り消すとクラッシュする不具合を修正しました。 他のケースでもクラッシュが生じていた可能性がありますが、ここでは代表的なケースだけを挙げています。
    • 制限外のドキュメントを読み込む(Operatorを含むLiveセットをOperatorがアンロックされていないコンピュータで開くなど)とクラッシュする不具合を修正しました。
    • メモリ破損の原因となる、丸め誤差が原因でクラッシュする不具合を修正しました。
    • グループトラックが展開されていない状態でのトラックグループスロットのマッピングはできませんでした。 マップモードをオンにすると選択範囲が変化し、スロットをマッピングすることができ、正しい選択を復元できるようになりました。
    • 別のトラックへの「getpath」オブジェクトを含むMax for Liveデバイスを移動させるとクラッシュする不具合を修正しました。
    • 録音中にソング内をジャンプするとクリップパラメータの変更がハングする不具合を修正しました。
    • 一部のシステムでは、2 GBを越えるLiveパックを作成することができても読み込むことができませんでした。 ライブラリのパッキングを更新し、この不具合を修正しました。
    • 1つ目のワープマーカーをオーディオ録音に挿入しようとするとまれに(The Bridgeを使用すると生じますがThe Bridgeに直接関係はありません)クラッシュする不具合を修正しました。
    • すでに存在しないMIDIが呼び出されるとクラッシュする不具合を修正しました。 たとえば、セッションビューで2つのMIDIクリップが選択されており、1つのトラックに少なくとも1つのデバイスが含まれている場合にトラックをフラット化すると生じます。
    • 取り消し履歴からセットを再構築するとクラッシュする不具合を修正しました。
    • 特定の種類の破損したドキュメントを開こうとするとクラッシュする不具合を修正しました。
    • コンピュータのキーボードを使ってのVSTプラグインの値編集(プラグインのAbletonビューのみ、プラグイン独自のインターフェースではない)ができない問題。 VSTの仕様のため、Liveは値を正確に設定できません。
    • Macで、開いているオーディオインターフェースのチャンネル数を変更するとクラッシュする不具合を修正しました。 たとえば、一部のデバイスのサンプルレートを変更すると、入力および/または出力の数が変更されてしまっていました。
    • アレンジメントビューでのMIDIクリップ録音中のノート描画の不具合を修正しました。
    • [Complex Pro]使用時のメモリ破損の原因となる多数の不具合を修正しました。 [Complex Pro]でストレッチすると192 kHzファイルに歪みが生じるバグも修正しました。
    • アレンジメントでのループするMIDIクリップ表示の不具合を修正しました。これは、録音中にMIDIノートが正しく描画されない不具合の修正( viewtopic.php?f=25&t=149012 )により生じたものでした。
    • 外付けドライブを取り外した場合など、Liveパックをアンインストールしライブラリを使用不可能にするとクラッシュする不具合を修正しました。
    • メッセージボックスに「デッドキー」を使用する([このLiveセットを保存しますか?]ダイアログボックスが表示された際に「z」を押すなど)とクラッシュする不具合を修正しました。
    • MIDI学習モードでMIDIコントローラのフェーダまたはノブを動かし、同時にLiveを終了するとクラッシュする不具合を修正しました。
    • ドキュメントの読み込み中にMIDIメッセージがLiveに届くとクラッシュする不具合を修正しました。 この問題は、取り消し履歴が作成されていないのに受信メッセージが取り消し履歴にアクセスする必要があったため生じていました。
    • 日本語入力の不具合を修正しました。 トラック名などを日本語に変更できなかった不具合を修正しました。