synthesizersでタグ付けされているポスト

Max for Cats: 先進のシンセサイザー - ネコでも分かる優れた操作性

News

Max for Cats: 先進のシンセサイザー - ネコでも分かる優れた操作性

その名に反して、Max for Catsはシンセサイザーに途方もない情熱を持つ人間によるプロダクトです。Max for Live用Packとして提供されているEnsembleおよびDiGiTALは、ハードウェア・シンセとMaxパッチングへの長年にわたる情熱を示しています。 Ensemble by Max for Cats アンサンブルを構築 クラシックな1970年代のストリング・シンセをベースとするEnsembleは、センチメンタルなプログレロックのコード、レトロフューチャリスティックなサウンドトラック、きらびやかなディスコ・スタブの精神をとらえています。内蔵のフェイザーおよびコーラス・エフェクトがサウンドをふさわしいビンテージ・ヴァイブで包み込みます。これらのエフェクトは、さらに個別のデバイスとしてEnsembleに付属されています。 Ensembleをチェック DiGiTAL by Max for Cats デジタル・ラブ ウェーブテーブル、FM、加算、減算合成を用いたDiGiTALは、新しいサウンドのイメージング向けにデザインされたフューチャリスティックなインストゥルメントです。美しい設計でユーザーフレンドリーなコントロールを使用して、新たなサウンドの世界を創造できます。 DiGiTALをプレビュー

Tutorials

リード・サウンドをLiveで作成 - Ambrus Deakのチュートリアル

優れたリードは名曲を作るための重要な要素です。ミックス全体とエフェクトの動きに合ったリードを見つけることでオーディエンスの頭から離れないサウンドを生み出すことができ、ロック曲における歌詞にも匹敵するほどの重要性を持っています。この新しいチュートリアルでは、認定トレーナーAmbrus Deak aka AMBが、AnalogとLiveのエフェクトを使用してダイナミックで流れるようなリード・サウンドを生み出す方法を説明しています。 リードのインスピレーションをお探しですか?Abletonおすすめのリード・サウンドをいくつかご紹介しましょう。まずはごく最近のリリースから、Sophieの「Bipp」: Zombie Nationの名曲「Kernkraft 400」: 強烈なサウンドが印象的なHudson Mohawkeの「Octan」: 最後に、ジャングルトリルが特徴のµ-Ziqの「Hasty Boom Alert」: 個性的な独自のリードを作成してみましょう。記事先頭のAMBによるチュートリアルもどうぞお見逃しなく。 この記事をFacebookでシェア

Liveとハードウェア・シンセを使用する - Mad ZachとDJ Tech Toolsのチュートリアル

Tutorials

Liveとハードウェア・シンセを使用する - Mad ZachとDJ Tech Toolsのチュートリアル

Ableton Liveは、サードパーティ製ツールに対しても非常にオープンな環境です。Liveは、VSTとAudio Unitの両プラグイン、および幅広いオーディオ・インターフェースとMIDIコントローラーにも対応しています。Liveはまた、ハードウェア・シンセサイザーでのシーケンシング、レコーディング、オートメーション、エディットにもフレキシブルに対応するツールです。DJ Tech ToolsのMad Zachによるこのチュートリアルで詳しくご覧ください。 DJ Tech Toolsで詳しく見る

Dark Synth: 直感的な加算合成

News

Dark Synth: 直感的な加算合成

加算合成という言葉に聞き覚えがなくても、その音をは耳にしたことがあるはずです。倍音の豊かなオルガンサウンド、ディープで強烈なベース、無調のパッドなど、加算合成は幅広いリッチなサウンドが作成可能な用途の広いテクニックです。 Amazing NoisesのDark Synthは、加算合成の莫大な可能性と直感的なインターフェースを組み合わせた、極めて先進的な新しいMax for Liveシンセサイザーです。サウンドシェイピングの優れたスターティングポイントとしてだけでなく、Dark Synthはサウンドデザインにまったく新しいアプローチを提供します。Dark Synthが動作する様子を下のビデオからご覧ください。 Dark Synthとその他のサウンド例について詳しくはPackショップをご覧ください。

Simplerを使用した無償ウェーブテーブルシンセ

Downloads

Simplerを使用した無償ウェーブテーブルシンセ

他とは違う新しいシンセサウンドをお探しですか?AbletonのSimplerはひとつの波形をサイクル再生させてウェーブテーブルシンセのように使用できます。Subaqueous名義で知られるIsaac Cotecは、カスタム波形とオーディオエフェクトを使用してSimpler用のユニークなウェーブシンセを構築する無償Instrument Rackを作成しました。詳しくは下のビデオからご覧ください。 Subaqueousから(aq) Cycle Wavetableをダウンロード