racksでタグ付けされているポスト

Magic Racks:オールインワンのダンス・ミュージック・ツールキット、Sample Magicから登場

News

Magic Racks:オールインワンのダンス・ミュージック・ツールキット、Sample Magicから登場

Sample Magicが、オールインワンの制作/パフォーマンス・ツールキットとしてデザインされたRackの総合コレクションを発表しました。ダンス・ミュージック制作の基本をくまなくカバーし、カスタマイズ性にも優れたインストゥルメント、エフェクト、ミキシング、マスタリング用Rackは、トラックのあらゆる側面で思い通りのサウンド作りに活躍します。詳しくは、Magic Racks by Sample Magicをご覧ください。

Downloads

Free Stuff Friday: Techno Loops、Japanese Taishokoto & Vintage Noise Samples

「Free Stuff Friday」にようこそ。毎週金曜日にクールな無償パッケージを紹介する、新しいウィークリー記事です。Abletonコミュニティで見つけた優れたサウンド、パック、パッチ、インストゥルメントをピックアップして紹介。週末のトラック・メイキングにご活用ください。 Taishokoto / Fidelitarium Taishokotoは、大正琴のインストゥルメントです。右手で弦をはじき、左手で鍵盤を押さえて演奏します。はじく弦と共鳴する(ドローン)弦の両方が使用されています。FidelitariumのPhillip Jacksonは、Taishokotoのサンプルで作成された無償のInstrument Rackを公開しています。上記のリンクからプレビューし、FidelitariumサイトからLive用にダウンロードできます。 Noise, Hiss & Crackle / SampleRadar 現代のデジタル・レコーディングとプレイバックでは、テープのヒス、レコードのクラックル、その他のアナログ・ノイズは除去されがちですが、時にこういった特性をトラックに加えたいという場合もあります。たとえば、Burialの「Archangel」では、サンプリングされたレコード・ノイズがアナログ感を加えています。 MusicRadarのサンプル・パックで、アナログ・ノイズの無償サンプルを入手しましょう。ヒス、クラックル、その他のノイズ・サンプルを502種類も収録しています。 Techno & Funky House Loops / Loopmasters Loopmastersは、最新パックからいくつかの無償サウンドを公開しています。上記リンクでは、UMEKの「Sounds from Behind the Iron Curtain」のサウンドをプレビューできます。UMEKから無償サウンドをダウンロードするにはこちらから。 Sebastian Légerの「Funky Tech House」は、その名の通りファンキーなテック・ハウスのコレクション。90MBに上るループを無償でダウンロードできます。 来週もお楽しみに!公開したいサウンドがあれば、AbletonのFacebookまたはTwitterにメッセージをどうぞ。ハッシュタグは #FreeStuffFriday です。

Dark TouristがPushを語る

News

Dark TouristがPushを語る

新作ビデオでは、ベルリンを拠点に活動するプロデューサーDark TouristがPushを実演します。 気に入りましたか?「ブレードランナー」を彷彿とさせるメロディは、AnalogとMax for LiveデバイスをベースとするカスタムメイドのRackで作成されています。このRackを無償ダウンロードし、Pushでの独自の作品作りに使用できます。出来上がった作品はぜひ公開ください!FacebookまたはTwitterでトラックをシェアする場合はタグ #MadeWithPush を付けるのをお忘れなく。 さまざまなPushテクニックをカバーしたその他のビデオを観る Dark Touristについてさらに詳しく

Spy Guitar -  Antonio Sageによるマルチサンプル・ベースギター・インストゥルメント

Downloads

Spy Guitar - Antonio Sageによるマルチサンプル・ベースギター・インストゥルメント

フェンダーVIベースギターは、それまで一般的だった4弦ベースとは異なる6弦ベースで、印象的な音域を提供します。認定トレーナーのAntonio Sageは、フェンダーVIを精緻にサンプリングし、Live用無償インストゥルメントSpy Guitarを作成しました。 Spy Guitarは、アップストロークとダウンストロークのアーティキュレーション、ピチカート(短い音)、イーボウなど、さまざまな演奏スタイルを収録しています。このインストゥルメントには、リバーブ、トレモロ、ファズなどのクラシックなエフェクトをフィーチャーしたエフェクト・ラックが付属しています。また、Dennis FischerとAaron Levitzによりデザインされた付属のMax for Liveビジュアライザーを使用し、フレットボードでの演奏を視覚化できます。 Spy Guitarをダウンロード 他のベース・サウンドをお探しですか?e-instruments Studio Bassをお試しください。

Winterparkの無償Rackとチュートリアル

Downloads

Winterparkの無償Rackとチュートリアル

Winterpark名義で活躍するミュージシャンMatt Ridgwayは、発掘したたくさんのチュートリアルと無償Packのダウンロードを彼のサイトで紹介しています。(ギターやPushを含む)数々の楽器を操るエレクトロニック・ミュージシャンであるMattのチュートリアルでは、Liveを使用したギター処理などの役立つトピックをカバーしています。 また、Mattのダウンロードには、MIDIコード・エフェクト、サンプル・インストゥルメントなどが含まれています。(シューゲイザーやドリーム・ポップで聞かれるような)美しくみずみずしいサウンドがお好みなら、Mattの作品をお楽しみいただけるに違いありません。 Winterparkサイトでさらに詳しく

Wyatt AgardのPan Law Racks

Downloads

Wyatt AgardのPan Law Racks

Wyatt AgardのPan Law Rack 認定トレーナーWyatt Agardが、無償Rackをリリースしました。Liveでさまざまなパン・ロー(パン位置のレベル補正)を実行するRackです。Deadmau5からの公開リクエストに応えて作成されたこのRackについて、Wyattはこうコメントしています。 「問題を処理する3つのエフェクト・ラックからなるセットを用意したよ。どれも操作は同じ。エフェクト・ラックの1つ目のマクロは、パン・ノブとして使用する。64はセンター・ミックスだ。パンしていくうちに、センターから離れれば離れるほどラックによってボリュームが自動的にブーストされる。慣れ親しんでいるコンソールやプログラムによっては、DB Pan Law Rackをロードするのもいいかも」 Pan Law RacksをMC Audioからダウンロード

PerforModuleの無償Rack

Downloads

PerforModuleの無償Rack

作曲家Animus Invidiousは、PerforModuleシリーズを通じてAbleton Live 9用カスタムデバイスを豊富に公開しています。PerforModuleデバイスには、実用的なものからより実験的なものまでさまざまなエフェクトがあり、1ノブの「インスタント」エフェクトからより繊細で複雑なマルチエフェクトまで幅広く取り揃えられています。ここ最近公開されたEffects Rackの中から、LiveのVocoderを使用してリバーブのようなサウンドを生み出す「Vocoverb」Effect Rackのサンプルをお聴きください。 Performoduleの無償Live Rackをダウンロード

サイケデリックモーターサイクル - Detunizedの無償Live Pack

Downloads

サイケデリックモーターサイクル - Detunizedの無償Live Pack

バイクの音は、深夜に聞こえてくるとうっとうしいものですが、サウンドの観点から見れば興味深いサンプリング対象です。Detunizedは、新しい無償Live Pack「Track Day」で、さまざまなバイクサウンドをうなるエンジン音を強調したり大きく変更させるエフェクトでマップしたカスタムのInstrument Rackとして提供しています。

Whitebox Synth MakersのインストゥルメントとMax for Liveデバイス

Downloads

Whitebox Synth MakersのインストゥルメントとMax for Liveデバイス

Whitebox Synth Makersが、無償のLive Pack、Instrument Rack、カスタムMax for Liveデバイスなど、数々のお宝を提供しています。シンセ、サンプル、複雑なエフェクトセットアップをカバーするWhitebox提供による作品は、アンビエントなPixiphoneからシンプルで美しいSpotfieldまで、幅広い取りそろえとなっています。WhiteboxのMax for Liveシンセのサウンドをお聴きください。