packsでタグ付けされているポスト

Downloads

Puremagnetik Effect Racks: Instant Sound Sculpting

RackPakシリーズで、Puremagnetikのサウンド・デザイナーたちは、Liveのエフェクトデバイスをビルディングブロックとして使用したサウンドマニピュレーションの幅広い可能性を探ってきました。クランチーなギターアンプモデリングからワイルドでグリッチ豊かなディレイまで、Puremagnetik Effect Rackには、200を超えるラック・コレクションが1つのLive Packにまとめられています。下からサウンドをご試聴ください。 Puremagnetik Effect Racksについてさらに詳しく

Drumdrops A Fistful of Drum Kits - 個性あふれる3種のキットに無償のハイブリッドドラムが付属

News

Drumdrops A Fistful of Drum Kits - 個性あふれる3種のキットに無償のハイブリッドドラムが付属

ドラムキットはサウンドに欠かせない要素ですが、まったく同じサウンドを奏でるキットはありません。ときには優しく、ときには力強く叩く必要があります。DrumdropsのA Fistful of Drum Kitsに収録されている3種類のキットは、それぞれ異なる範囲のサウンドを提供します。最高級のビンテージ機材を使用してプロのドラマーとエンジニアによりレコーディングされたサウンドにはそれぞれ最大16のマルチサンプルが含まれており、ごく自然で人間味にあふれたサウンドをもたらします。また、各キットには最大4種類のバリエーション(スネアのダンピングあり/なしなど)が用意されており、さらに幅広いオプションを提供します。 キットはこちらからご試聴いただけます。 DrumdropsのRecording Hybrid Kitは、マルチサンプル、マルチベロシティのYamahaドラムセットからなる無償Packです。いくつかのドラムセットの要素から作成されたHybridは、サウンドに優れた多目的なキットです。

UppercussionのVocalisms:人間の声から生まれた個性的なビート

News

UppercussionのVocalisms:人間の声から生まれた個性的なビート

人間の口は、パーカッション・ノイズを生み出すことにかけては極めて万能な楽器です。キックのようなポップ・ノイズからハイハットのような歯擦音まで、無数の可能性を持っています。Uppercussionによる新Pack、Vocalismsには、ビートボクシングで使用されることの多いサウンドや、これまで聞いたことのないような変わったサウンドが多数収録されています。58のドラムキットに分類されたVocalismsは、パーカッションにひらめきを与えます。下からPackをご試聴いただけます。 PackストアでVocalismsを見る

ビットとビート - 8 bit banditの新しい無償サンプル

Downloads

ビットとビート - 8 bit banditの新しい無償サンプル

Mario made with Clips - from Doublercat, https://www.facebook.com/Doublercat ゲーム音楽(チップチューンや8ビットとも呼ばれる)の美は、必要に迫られて誕生したものでした。初期のゲーム機は、高いビット深度でオーディオをシンセサイズやプロセッシングすることができなかったためです。これらの古いシステムから影響を受けたアーティストたちは、こういったピコピコ音へのノスタルジアと、未来的なシーケンシングとソングライティングを巧くバランスした音楽スタイルに昇華させています。こちらは、Beckの「Girl」をチップチューンにアレンジしたもので、ビデオは同じくレトロなWyldfileによるもの。 こちらはより強烈な、ブレイクコアの影響が見えるDJ Scotch Eggのトラックです。 自分でもやってみたくなりましたか?なんと8 bit banditは、8ビット・スタイルの無償(かつロイヤリティフリーの)サウンド1万種類をセレクトした「Bit Crate Vol. 1」を無償公開しています。「Bit Crate Vo. 1」にはサウンドのブラウズとプレイ用のInstrument Rackも収録されています。下からサウンドをご試聴いただけます。 「Bit Crate Vol. 1」をダウンロード チップチューン・サウンドに興味をそそられた方は、Retro Computers by Puremagnetikもおすすめです。 8 bit banditでさらに詳しく

Herse:サウンドを分解し洗練さを加える

News

Herse:サウンドを分解し洗練さを加える

誰でも、あまりにも変化に乏しく思えるループを扱ったことがあるでしょう。微妙なアレンジを加えたり、フィルターを調整したりロール/リピートで刺激を加えることで改善できる場合があります。あるいは、大胆に加工して、エクスペリメンタル/IDMスタイルのサウンドを作成するのも一案です。 繊細な変化も大幅な加工も、Herse by K-Devicesなら自由自在に行えます。スライスの並び替え、レゾネーター、ローパスフィルター、ロール、ウェーブシェイパーディストーションなどのエフェクトなど、Herseはスイス・アーミーナイフのように万能にリズム素材を生み出します。下からHerseによるサウンドをお聞きいただけます。 PackショップのHerseページ

Arsenal by SonArte:金属が奏でる音楽

News

Arsenal by SonArte:金属が奏でる音楽

Arsenal by SonArteは、さまざまな金属の物体が放つバラエティ豊かなサウンドをフィーチャーしています。独特の音響特性を持つことから選ばれたさまざまな管、筒、刃を弦、撥、手、口を使用して演奏し、それぞれの素材に特有の音楽的なエッセンスを捉えて抽出しました。 通常、金属管を資材以外のものとして考えることはあまりありませんが、Arsenalに収録されているインストゥルメントとループは、日常目にする素材にメロディやリズムのインスピレーションが潜んでいることを教えてくれます。Arsenalのサウンドはこちらでご試聴いただけます。 Arsenalの詳細および購入についてさらに詳しく

Tutorials

Dark Synthを大活用 - Amazing Noisesのチュートリアルビデオ

Dark Synthは、加算合成の無限の可能性を直感的でフレキシブルなインターフェースにもたらす、非常に用途の広いシンセサイザーです。新しいビデオチュートリアルでは、Dark SynthのクリエイターであるAmazing NoisesのMaurizio Giriが、Dark Synthの数々の機能について説明しています。パーシャルの個別調整、さまざまなフィルターの使用、パラメーターのモジュレート方法を学べます。70年代のプログレッシブスタイルのシンセから、オルガン、フューチャーショックなサウンドデザインまで、Dark Synthは非常に優れたインストゥルメントです。 Ableton PackショップでDark Synthを見る

e-instruments Studio Bass:Liveでクラシックなベース・ギターを

News

e-instruments Studio Bass:Liveでクラシックなベース・ギターを

ピック、タップ、ミュート ― あらゆる種類の音楽にはそれに適したベースの奏法があります。さまざまなケースで、エレクトリック・ベースはグルーヴに豊かな重みや深みを付加できます。 新登場のStudio Bass Live Packで、e-instrumentsはFender Precisionエレクトリック・ベースの特性を詳細に捉えました。ラウンドワウンドとフラットワウンドの両方の弦を使用し、ピックとフィンガーの両方で演奏したStudio Bassは、4種類のセットアップで提供されます。もちろん、数々のアーティキュレーションで収録。 Studio Bassは下から試聴できます。 PackストアでStudio Bassを見る

オマー・ハキム – ヒューマン・リズム

Artists

オマー・ハキム – ヒューマン・リズム

オマー・ハキムは、間違いなく40年のキャリアを持つ最も成功しているドラマーのひとりです。マイルス・デイヴィス、デイヴィッド・ボウイ、スティング、スティーヴィー・ワンダー、最近ではダフト・パンクなどのアーティストとコラボレートし、無数の伝説的レコーディングにグルーヴをもたらしています。Ableton Live用の初Packリリースの機会に、Abletonはロボットまでもが頼りにするヒューマン・ドラマーとなったその存在についてオマーにいくつか話を聞きました。 ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルが『Giorgio by Moroder』とあなたに関するエピソードを披露しています。「彼に近づいて行ったとき、とっても複雑なドラムンベースのプログラミングをハミングしてたら、彼が「こんな感じかい?」って(ドラムを叩く)。ハミングどおりなだけじゃなく、イメージより10倍もいいドラミングになってた。「すげぇ!自分のプログラミング・スキルに囚われて、こんないいドラミングを逃すとこだったなんて」って思ったね。そのパートはわずか2テイクほどだったんだよ」 マシンやアルゴリズムでは再現できない、ドラマーにしか実現不可能なものとはどのようなものだとお考えですか? あのときのことはよく覚えています。自分たちの欲しい音についてはっきりとしたイメージを持っていながら、そのアイデアを元に実験したりアイデアをふくらませる自由をくれるアーティストとスタジオにいると楽しいですね。 これこそ、マシンやアルゴリズムでは実現不可能なことだと思います。ミュージシャンとして、人間としての経験です。ギブアンドテイク、感情のやりとり、のびのびと自然にふるまい、瞬間を楽しんでいるときに起こる思いがけないうれしい驚き…。 (ダフト・パンクのように)エレクトロニック・ダンス・ミュージックをバックグラウンドに持つミュージシャンのリズムに対するアプローチが、ジャズやロック・ミュージシャンのアプローチと異なると感じたことはありますか? ドラムやパーカッションを演奏するミュージシャンとはリズムに対する考え方が異なっていることは確かですが、それは必ずしも悪いことではありません。実際の楽器を演奏しないので、その楽器のルールに縛られることがないのです。そのため、彼らは非常に興味深いクリエイティブな方法でパーカッション・サウンドを使用することにオープンです。 2014グラミー賞でダフト・パンクと共演するオマー・ハキムをチェック: 「ポケット」という言葉がよく聞かれますが、についてご説明いただけますか。 この質問をされるといつも困ってしまうんです!人間の感じるフィーリングと音楽を作るというプロセスを説明することはとても難しいので…。いろんな音楽文化を分析すると、とても興味深いことがわかります。どの文化にも、どの国にも、その人々が共感できるフィールやグルーヴがあります。それはもうDNAの一部のようなものです。世界のあるところには、人々の心を躍らせ身体を動かすダンス/EDMビートがある。また別のところには、8分の9拍子の不思議なグルーヴの音楽があり、人々を熱狂させ、踊らせている。 アーティストと仕事をするときは、(それがステージであってもスタジオであっても)グルーヴへの自分のアプローチについて考えすぎないようにしています。音楽に最も合う演奏をしようとだけ心がけています。 Live Packでご提供いただいたグルーヴやサウンドの使用方法として、どのようなイメージをお持ちですか? 本当に役に立つおもしろいアイデアの数々を提供できていればいいなと思っています。これらのグルーヴのいくつかが、クールなベースライン、興味深いリフ、メロディのコンセプトなど、曲の構築のインスピレーションにつながればうれしいです。 The Loop Loft Omar Hakim Drumsをチェック

新たなテリトリーを開拓しよう

News

新たなテリトリーを開拓しよう

EarthMomentsのサウンド・デザイナーたちは、西洋音楽という枠から飛び出し、インド、アフリカ、アジアのサウンドのエッセンスを捉えたコンストラクション・キットのシリーズZenPadのループやサンプル・インストゥルメントを作成しました。Ableton Packストアには3種類のZenPad Packがあります。 ZenPad - Bollywoodは、アップテンポのインド・リズムとオーセンティックなメロディのセレクションで、ポップ・ミュージック、映画、エレクトロニック・ミュージック、ボリウッド映画製作に最適です。 ZenPad - Mantraは、ニューエイジ、ヨガ、瞑想、エレクトロニック・ミュージック制作用にデザインされた、幅広いサウンドのセレクションです。 ZenPad - Orientalは、アラブスタイルのドラム・キット、さまざまなハンド・パーカッション、ネイ・フルート、クラリネット、バイオリン、オウドなど、バラエティ豊かな楽器を収録しています。 ZenPadの用途について、詳しくはEarthMomentsによるこちらのビデオをご覧ください。 ZenPad Packのお買い求めは、ぜひAbleton Packストアで。

ホリディに合わせてエレクトロニック・ビーツを無償提供

News

ホリディに合わせてエレクトロニック・ビーツを無償提供

ハッピーホリディ!Live 9とPushがリリースされた2013年。素晴らしい年となりましたが、これも皆様の力強いご支援のおかげです。Abletonコミュニティに感謝の気持ちを込めて、無償のサウンド・コレクションのプレゼントを用意しました。Sample Magicの協力により制作された無償PackBeat Selectionは、500MBを越える厳選エレクトロニック・ビーツのコレクションです。Live 9 Suite、Standard、Intro、またはLiteエディションをご所有のユーザー様全員にダウンロードしていただけます。Beat Selectionのサウンドの一部をこちらからプレビューできます。 Beat Selectionをダウンロード Ableton Packストアをブラウズ - 1月15日までPackが全品20%オフ この記事をFacebookでシェア

Glitchmachines Microsphere:最先端のサウンド・デザイン・ツールボックス

News

Glitchmachines Microsphere:最先端のサウンド・デザイン・ツールボックス

ミクロスフェアのサウンド・ソース 大ヒットSF映画用にハイテク武器効果音を構築したり、長編未来映画用にロボットのアーティキュレーションをデザインしたり、最先端のエレクトロニック・ミュージック・プロジェクト用に複雑にレイヤーされたトランジションを作成したり。Glitchmachines Microsphereは、あなたの作品を未知のテリトリーへと導く、たぐいまれなサウンド・パレットを提供します。 普通であれば聞こえない、機械から発せられる電子回路の周波数と、ハイエンドのシンセサイザーの両方を用いて、サウンド・デザイナーIvo IvanovはMicrosphereにユニークなサウンドとサウンド・エフェクトを詰め込みました。さらに、Microsphereには新たな音響可能性を広げるパラメーター・モーフィングが行えるカスタムのMax for LiveデバイスMicrosphere Sound Controlも付属しています。 Microsphere Sound Control Microsphereについてさらに詳しく

Uppercussion Monstrosities:クリエイティブなドラム・デストラクション

News

Uppercussion Monstrosities:クリエイティブなドラム・デストラクション

ドラムにタフさと個性を加えたいなら、Uppercussion Monstrositiesをおすすめします。Uppercussion Monstrositiesは、50のアグレッシブなドラムキットとダーティで歪んだ加工済みサウンドのコレクションです。LiveとPushを使用した強烈なビートの作成にエネルギーを注入します。下からMonstrositiesをプレビューできます。 Monstrositiesのキットは、強力なキックとスネア、激しいパーカッションとシンバル、ヒット、ストライク、ロアー、ブラストを含む800のサンプルから作成されています。このパックのサウンドは、さまざまな珍しいフィールド録音、スタジオでの実験、デジタル偏差から作成されています。 Packおよび購入方法について詳しくは、Packストアをご覧ください。

Soundiron Olympus Elements登場

News

Soundiron Olympus Elements登場

Olympus Elementsがリリースされました。Soundironによる、マルチサンプル63ボイスのプロフェッショナル・コーラスの新Packです。プロ作曲家、ソングライター、ホビイスト向けにデザインされたOlympus Elementsは、壮大なサウンド、効率に優れユーザーフレンドリーなバーチャルコーラスアンサンブルを提供します。複雑なフレーズ構築、チャンネルルーティング、煩雑な歌詞アレンジを必要としません。ゲーム・サウンドトラックや時代劇映画の音楽を作成する場合、あるいは壮大で美しい印象的なコーラスをお探しなら、Olympus Elementsをお試しください。 Olympus Elementsについてさらに詳しく

Retro Computers - デジタルチップのサウンド

News

Retro Computers - デジタルチップのサウンド

Puremagnetikによる新Live Pack、Retro Computersが登場しました。80年代にさまざまなビデオゲームのサウンドトラックに使用されたデジタルチップのサウンドをフィーチャーしています。デジタル音楽のシンセシスが生まれたばかりの時代にタイムスリップしませんか。8ビットサウンドとデジタルのビープ音がリビングに響き渡っていたあの頃に。Retro Computersは、コモドール64、Nintendo NES、Apple II、Atari 2600など、オールドスクール機器のデジタルインストゥルメントのコレクションです。

インスピレーション豊かな新Max for Liveデバイス

News

インスピレーション豊かな新Max for Liveデバイス

Max for Liveは、音響そしてビジュアルにおける無限の可能性を慣れ親しんだAbleton Liveのフレームワークとして提供します。本日リリースされた3製品は、強烈なインスピレーションを提供するデバイスです。熟練のMax for Liveデベロッパーによるこれらのデバイスは、たくさんのユーザーにサウンドと映像の新たなエリアを開拓してくれることでしょう。 まずビデオをご覧ください。各デバイスについての詳しい情報は下記をご覧ください。 Spectrum Effects by Amazing Noises Spectrum Effectsには、幅広いエフェクトを生み出す先鋭のプロセッシングデバイス2つが含まれています。オーディオに大胆な編集を行ったり、繊細なタッチを加えたり、思いのままの加工が行えます。スタジオでもライブでも、Spectrum Effectsはダイナミックな動きをLiveセットに加えます。 Spectrum Effectsについてさらに詳しく AutoBeat by K-Devices AutoBeatでルールを設定するだけで、リズムアレンジの可能性は無限大に広がります。AutoBeatはDrum Rackにシームレスに統合。また、メロディ用のフレキシブルなフレーズクリエイターとしても使用できます。 AutoBeatについてさらに詳しく RokVid by Adam Rokhsar RokVidは、ライブパフォーマー向けのパワフルなビデオソリューションです。シンプルな操作を念頭に開発されたRokVidでは、サウンドに反応する魅力的なビデオを簡単に生成できます。 RokVidについてさらに詳しく