operatorでタグ付けされているポスト

Operatorで「Look At Me Now」 ー Dubspotの新チュートリアル

Tutorials

Operatorで「Look At Me Now」 ー Dubspotの新チュートリアル

パーフェクトなタイミングのクラップ、ディープなベースライン、バスタ・ライムスの熱いバース ― これらすべての要素が絡み合い、「Look At Me Now」を魅力的なシングルにしています。しかしビートはいきいきとしたリード・シンセでなければなりません。それがトラックでDiploとFree SchoolとコラボレートしたAfrojackの手のかかったビートの特徴です。Dubspotの新チュートリアルでは、Adam PartridgeがOperatorを使用してこのシンセを(ピッチモジュレーションの細部に至るまで)再現します。 チュートリアルセットをDubspotからダウンロード

Operatorでジェネレーティブで進化するドローン・サウンドを作成する

Tutorials

Operatorでジェネレーティブで進化するドローン・サウンドを作成する

みずみずしいパッドや単一のローノートなど、持続するドローン・サウンドはトラックの肉付けに非常に有効です。よりミニマルなサウンド・パレットなら、これでトラックを作成することも可能です。Computer Musicの新チュートリアルでは、Operator、Max for Liveのモジュレーション・デバイス(LFOなど)、LiveのMIDIエフェクトを使用し、パラメーターに合わせて時間経過と共に変化するドローン・サウンドをシンセサイズする方法について学べます。 Computer Musicでさらに詳しく

Tutorials

Soundboy Death Ray ― Raz MesinaiとDubspotとシンセ・パーカッションを作成

BadawiおよびLadies Man名義、そして本名でも活躍するAbleton認定トレーナーRaz Mesinaiは、幅広い音楽ジャンルにおいて深い知識を持つことで知られています。Razはサウンド・デザイナーとしても知られており、以前にも、シンセで砂丘や嵐の音を模倣する方法についての彼のDubspotチュートリアルを取りあげたことがありました。 Razの最新Dubspotチュートリアルでは、Operator、Drum Rack、Liveエフェクトを使用して個性的なベース/パーカッションサウンドをシンセサイズする方法を3回にわたって紹介しています。「Soundboy Death Ray」と名付けられたこのシリーズは下からご覧いただけます。 RazとDubspotで開講されている彼のクラスについてさらに詳しく

Operatorを使用したベース・デザイン - Music Tech Magazineの新チュートリアル

Tutorials

Operatorを使用したベース・デザイン - Music Tech Magazineの新チュートリアル

FM合成、減算合成、加算合成の各ツールを搭載したOperatorは、あらゆる種類のサウンド・デザインに使用できる極めて多用途なシンセです。新しい詳細チュートリアルでは、Music Tech MagazineのLiam O'MullaneがOperatorを使用したベース・サウンドの作成方法をガイドします。さまざまなFM合成アルゴリズムを使用し、ハーモニクスを追加して各波形をシェイピングする方法などを学べます。

Christian Kleineの新アルバム、Max for Liveシンセ、Operator/Analogプリセット

Downloads

Christian Kleineの新アルバム、Max for Liveシンセ、Operator/Analogプリセット

Abletonの一員であり、アーティストとしても活躍するChristian Kleineは、Max for LiveデバイスとOperatorプリセットの開発者として定評を受けています。90年代半ばから、Christianは、「プリンカーポップ」と呼ばれるジャンルで活躍するデュオHerrmann & Kleine名義で数々のアルバムやリミックスを発表してきました。