micah-frankでタグ付けされているポスト

John CageにインスパイアされたPuremagnetikのインストゥルメント、Prepared Piano & Amplified Cactus

Downloads

John CageにインスパイアされたPuremagnetikのインストゥルメント、Prepared Piano & Amplified Cactus

Micah Frankのプリペアド・ピアノ 実験音楽家ジョン・ケージは、音楽の概念と演奏に新たな概念をもたらし、20世紀の音楽に極めて重要な足跡を残しました。彼の影響は今日の文化にも波及し続けています。サンプリングのパイオニアであるケージは、一般に「音楽的」とみなされるソースと「非音楽的」とみなされるソースとの間の境界を曖昧なものにし、作曲プロセスに偶然性と予測不可能性をもたらしました。 Puremagnetikの設立者でありサウンド・デザイナーのMicah Frankは、2つの新しいLive Packを作成しました。サボテンとプリペアド・ピアノのサンプルをベースとするこのインストゥルメントは、ケージが行った同様の実験的音楽へと遡ります。Abletonは、ケージの影響、サボテンのとげをつま弾くこと、ホテルのピアノにプリパレーションを施すことについて、Micahに話を聞きました。お読みになる前に、下から「Hotel Prepared Piano」をお聴きください。 サンプリングに対するあなたの考えにおけるケージの影響とはどのようなものですか? ケージは、音楽とサウンド、物体と楽器について区別して説明することはありませんでした。私たちは、自分たちの頭の中で「これは音楽」「これはサウンド」と領域を分けて考えてきました。この区別は非常に微妙ですが、私たちが生み出し耳にするものの幅を大きく制限すると私は思います。ケージは楽器を、正しくも、間違った形でも使用しました。彼は、巻き貝、サボテン、ターンテーブル、ラジオも使用しました。何か意味のあるものを表現するのであれば、それが何であるかは彼にとって関係なかったのだと思います。数年前に、ケージの興味深いインタビューを見る機会がありました。ケージが突然部屋を飛び出し、ニューヨークの喧騒に耳を傾けたのです。彼が真剣に聴いているのが分かりました。彼にとって、それはただの騒音ではなかったのです。 サンプリングでは、それと同じような方法でアプローチするよう心がけています。「楽器というものは…」という縛りを設けないようにしています。楽器だけでなく、電化製品、植物、環境雑音、デジタルアーチファクトも録音します。ある日、私は自分のローズ・ピアノを修理していました。誤ってはんだごてでピックアップに触ってしまったとき、かなり変わった音がしたので、それを録音しておきました。近いうちに、使用可能なフォーマットにして提供できればと思っています。 サボテンを録音中のMicah あなたはインストゥルメントAmplified Cactusをどのように使用されますか? まずスタンダードなパーカッション楽器として使用できます。とげに音響特性があるので、メロディに使用することもできます。本当にサボテンを演奏しているような感覚が得られればいいなと思って、とげをつま弾く音をすべてノートオフサウンドでプログラムしています。 「ひっかき」音は、幼虫を捕食しているエイリアンみたいな、SFやホラーなどにぴったりではないでしょうか。 ピアノのプリペアに使用した素材はどのようにして選んだのですか? 素材はすべて、場所と時間の制約から選択されたものです。このピアノはごく一般的な方法で、つまりマルチサンプルのアップライトとして録音するつもりでした。録音の準備が整ったところで、5キロほど先に高速があり、録音に支障が出ることが分かったのです。大きな崖の上に立つホテルの中だったので、あらゆるところから騒音が入ってくる状況でした。5分ほど途方に暮れたあと、この制約を利用することに決めました。貝殻、プラスチック製フォーク、ペーパークリップ、小枝など、ホテルの部屋にあるものなら何でも使用してみました。こうした即席のプリパレーションは楽しいし面白くもありますが、適切なプリパレーションを施したプリペアド・ピアノの芸術性を過小評価するつもりはありません。 ケージにインスパイアされたPackをダウンロード プリペアド・ピアノは美しく挑戦的ないくつかの作品に使用されていますが、ここ数年、再び注目が集まっています。プリペアド・ピアノが使用されたお気に入りの作品をいくつかご紹介しましょう。まず、ケージ自身の「A Valentine Out of Season」です。 2001年にリリースされたAphex Twinのアルバム「Drukqs」は、アグレッシブなビートと、「Jynweythek Ylow」のようなプリペアド・ピアノのメロディとのバランスが特徴的です。 こちらは、Hauschka名義で活躍するドイツのVolker Bertelmannによる、インスピレーション豊かなプリペアド・ピアノの生演奏です。