mad-zachでタグ付けされているポスト

Live 9.2がリリース

News

Live 9.2がリリース

Ableton Live 9.2が公開されました。この無償アップデートにはLiveおよびPushの主要な機能向上と機能追加が含まれており、Live 9をご所有のお客様全員に対してダウンロード配布中です。新機能について詳しくは以下をお読みください。 レイテンシー補正 Live 9.2には、レイテンシー関連の機能向上がいくつか追加されています。Max for Liveデバイスやサードパーティ製プラグインのレイテンシーがさらに低下。また、オートメーションがレイテンシー補正に対応しました。ワープ機能の向上、Tuner、Max 7など Live 9.2では、Liveのオーディオ・ワーピング・エンジンにいくつかの機能向上が追加されています。[Complex]モードおよび[Complex Pro]モードでのトランジェントはよりパンチのあるものになり、強拍検出機能は向上し、ワーピングはより正確になりました。新しい[選択対象をワープ]コマンドでは、サンプルの選択部分を指定の小節長さにワープさせることができます。その他数々の機能向上に加えて、Live 9.2では新たに便利なデバイスTunerが追加されたほか、Max for Liveは最新かつ最もパワフルなMaxバージョン、Max 7をベースとしています。 LiveツアーPushの64パッド・モード、無償Pack Live 9.2では、64パッドすべてを使用してドラムをプレイできるようになりました。また、ステップ・シーケンシング用に16パッドにすばやく切り替えることもできます。すぐに使い始められるよう、64パッド・モードがもたらす機能を最大限に活用できる無償Packをご用意。Rack5つ分に匹敵するハイクオリティのドラム、パーカッション、ループ、ワンショットのサンプルを提供します。64 Pad Labは、Pushをご所有のお客様だけでなく、Liveユーザーも見逃せない無償Packです。64 Pad Lab無償PackをダウンロードMad Zachが64 Pad Lab Packを解説 64 Pad Lab PackはたぐいまれなフィンガードラマーMad Zachが手がけており、彼のPushパフォーマンス・ビデオを見れば、64パッド・モードでのPushの可能性が一目瞭然となることでしょう。新作ビデオの中で、Mad Zachは64パッド・レイアウトでのプレイの方策、個々のサウンドの微調整、パンチのあるドラム・サウンドを得るための制作におけるヒントを、64 Pad Lab Packをベースに紹介しています。Pushの機能がさらに向上 Live 9.2では、Pushパッドのアフタータッチ機能が向上し、Liveの主要ライブラリ・サウンドの多くにアフタータッチ機能が追加されています。さらに、Pushのタッチストリップをモジュレーション・ホイール・コントロールおよびピッチ・ベンドに使用できるようになりました。Live 9.2は、Live 9をご所有のお客様全員に対してダウンロード配布中です。Live 9.2リリースノートを読む

Live 9.2パブリック・ベータ公開中

News

Live 9.2パブリック・ベータ公開中

Live 9.2が近日リリースされます。この無償アップデートにはいくつかの主要な機能向上と機能追加が含まれており、現在パブリックベータ版が公開中です。 ワープ機能の向上Live 9.2では、Liveのオーディオ・ワーピング・エンジンにいくつかの機能向上が追加されています。[Complex]および[Complex Pro]モードには、思い切った設定であってもよりパンチの強いトランジェントが得られます。オーディオのテンポが一定(エレクトロニック・ミュージックでは一般的)で正確にワープしている場合の自動ワープと強拍検出機能も向上しています。 レイテンシー補正Live 9.2には、レイテンシー関連の機能向上もいくつか追加されています。Max for Liveデバイスやサードパーティ製プラグインのレイテンシーが低下しています。また、オートメーションがレイテンシー補正に対応しました。 Tunerが追加さまざまな内部機能向上に加えて、Live 9.2には新たにTunerデバイスが追加されています。ギタリストやハードウェア・インストゥルメントをご使用の方に便利です。 Pushユーザー向け64パッドPushユーザー向けに、Live 9.2アップデートでは64パッドすべてを使用してドラムをプレイできるようになりました。また、ステップ・シーケンシング用に16パッドにすばやく切り替えることもできます。フィンガードラマーの名手Mad ZachがPushのパッドすべてを使用してリズム・ワークアウトを行う様子をご覧ください。

Liveとハードウェア・シンセを使用する - Mad ZachとDJ Tech Toolsのチュートリアル

Tutorials

Liveとハードウェア・シンセを使用する - Mad ZachとDJ Tech Toolsのチュートリアル

Ableton Liveは、サードパーティ製ツールに対しても非常にオープンな環境です。Liveは、VSTとAudio Unitの両プラグイン、および幅広いオーディオ・インターフェースとMIDIコントローラーにも対応しています。Liveはまた、ハードウェア・シンセサイザーでのシーケンシング、レコーディング、オートメーション、エディットにもフレキシブルに対応するツールです。DJ Tech ToolsのMad Zachによるこのチュートリアルで詳しくご覧ください。 DJ Tech Toolsで詳しく見る

Mad Zachからヘルプ! ― Blendを使用した新しいコラボレーティブなEP

Downloads

Mad Zachからヘルプ! ― Blendを使用した新しいコラボレーティブなEP

Mad Zach、新EPを制作中 Mad Zachは現在新EPを制作中ですが、彼が皆さんの助けを必要としています(はい、本当です)。奇抜な手法で、ZachはAbleton Liveユーザーのコミュニティにアプローチし、コラボレーションを呼びかけています。セット共有プラットフォームBlendを使用し、彼のこれまでの作業内容を一般に公開しています。Zachのセット(さまざまに展開可能なサンプルがたっぷり含まれています)をダウンロードし、ユーザー独自の何かを作成しましょう。うまくいけば、完成EPの一部となるかもしれません。詳しくは、下のビデオをご覧ください。 Blendを使用するには招待が必要となります。Mad Zachからの特別招待を受けるにはこちらから。