k-devicesでタグ付けされているポスト

Alter EchoとHolder登場:クリエイティブなサウンドデザインのためのパワフルな新デバイス

News

Alter EchoとHolder登場:クリエイティブなサウンドデザインのためのパワフルな新デバイス

新しいサウンドを探し求める過程で、時としてエフェクト・チェーンや複雑なルーティングの迷路にはまってしまうことがあります。何かを探し求めるとき、1つ2つとプロセッシング・ツールを追加してしまうことはよくあります。それよりも効率の良い方法は、さまざまなエフェクトのベストな要素を組み合わせ、単体のパワフルなユニットへとまとめたプラグインを使用することです。これなら、膨大な数のエフェクトの微調整に延々と時間をつぎ込むことなく、サウンド自体に集中することができます。Alter EchoK-Devicesの新Max for Liveデバイスは、まさにこれを行ってくれるプラグインです。Alter Echoは、ステップ・シーケンサーのペアを介してエコーを展開するリズム・パターンへと変化させるディレイ・モジュールです。トランスポート同期のこのステップ・シーケンサーは、既成観念からあなたを解放してくれます。[What]と[When]と名付けられたコントロールは、ディレイ・ユニットに送られるオーディオの量と、ディレイが聞こえるタイミングの両方を制御します。また、柔軟な角やダイナミクスをディレイに加える傾斜角度と形状にもさまざまなオプションが用意されています。[Texturize]セクションは、オリジナルのエコー信号に対して前方または後方に動作するセカンド・ディレイを提供します。内蔵フィルターと便利なサイドチェーン・コンプレッサ―を搭載したAlterEchoは、ステレオ・フィールド内でのサウンドのダッキングやウィービングがすばやく直感的に行えます。HolderHolderは、オーディオ信号のスライスを取り込み、まったく別の何かに変化させるデバイスです。好奇心をかき立てるコントロール・セットは、自由な実験的操作を可能にします。ユーザーインターフェースを占めるスペクトログラフでは、入力信号の特定の断片を分離しフリーズできます。オーディオを手動でフリーズしたり、HolderをLiveのテンポに同期させて任意のレートでスライスを取り込んだりできます。特に面白いセクションが[void]、[swarm]、[blur]設定を含む[dronizer]パネルで、変わったオーディオ・ランドスケープへとユーザーをもたらします。ドラム・ヒットを無限のシュールなパッドへ変化させたり、グレインを耳に残るサウンドへと変化させたりします。Holderは、Alter Echoと一緒に使用しても優れた機能を発揮します。共にリターン・トラックに置き、奥行き感覚が変わるのを自分の耳で体験してみましょう。まるでステレオ・フィールドがルービックキューブのように変化するのが感じられるはずです。PackページでAlter Echo & Holderについてさらに詳しく

Herse:サウンドを分解し洗練さを加える

News

Herse:サウンドを分解し洗練さを加える

誰でも、あまりにも変化に乏しく思えるループを扱ったことがあるでしょう。微妙なアレンジを加えたり、フィルターを調整したりロール/リピートで刺激を加えることで改善できる場合があります。あるいは、大胆に加工して、エクスペリメンタル/IDMスタイルのサウンドを作成するのも一案です。 繊細な変化も大幅な加工も、Herse by K-Devicesなら自由自在に行えます。スライスの並び替え、レゾネーター、ローパスフィルター、ロール、ウェーブシェイパーディストーションなどのエフェクトなど、Herseはスイス・アーミーナイフのように万能にリズム素材を生み出します。下からHerseによるサウンドをお聞きいただけます。 PackショップのHerseページ

AutoBeat徹底分析 - Quantize CoursesとAskAudioのチュートリアルとレビュー

Tutorials

AutoBeat徹底分析 - Quantize CoursesとAskAudioのチュートリアルとレビュー

AutoBeat by K-Devices 重み付けランダマイズなど洗練のオプションを含む幅広いシーケンシング機能を搭載したK-DevicesのAutoBeatは、リズム・アレンジに無限の可能性を提供します。ドラムやメロディに使用することで、インスピレーション豊かな驚きのサウンドが生まれます。 今回は、AutoBeatを特集した2つの記事をご紹介。まず、Quantize Courses創立者であり認定トレーナーのKeith Millsが、AutoBeatの概要を説明するビデオを公開しています。 次は、Ask Audio MagazineのG.W. Childs IVによる、簡潔かつ参考になるレビューです。シーケンシング機能や独自のフィル機能など、AutoBeatについて詳しく知ることができます。 PackストアでAutoBeatを入手しませんか。今年のホリディ・シーズンは、20%オフとなる特別セールを開催中です。

Sooleeが最新Live Packについて語る

Tutorials

Sooleeが最新Live Packについて語る

Maxとオーケストラ。一見合いそうにもない組み合わせですが、認定トレーナーSooleeの最新ビデオを見れば、考えは変わるでしょう。Pushを演奏し、Max for LiveデバイスSpectrum EffectsとAutoBeatとOrchestral Ensemble Essentials 2を使用することで、Sooleeはストリングスとマレットをきらめくビートに変化させています。下からビデオをご覧ください。 フィーチャーされているPackについてはこちらをご覧ください。 Spectrum Effects by Amazing Noises AutoBeat by K-Devices Orchestral Ensemble Essentials 2 by ProjectSAM

インスピレーション豊かな新Max for Liveデバイス

News

インスピレーション豊かな新Max for Liveデバイス

Max for Liveは、音響そしてビジュアルにおける無限の可能性を慣れ親しんだAbleton Liveのフレームワークとして提供します。本日リリースされた3製品は、強烈なインスピレーションを提供するデバイスです。熟練のMax for Liveデベロッパーによるこれらのデバイスは、たくさんのユーザーにサウンドと映像の新たなエリアを開拓してくれることでしょう。 まずビデオをご覧ください。各デバイスについての詳しい情報は下記をご覧ください。 Spectrum Effects by Amazing Noises Spectrum Effectsには、幅広いエフェクトを生み出す先鋭のプロセッシングデバイス2つが含まれています。オーディオに大胆な編集を行ったり、繊細なタッチを加えたり、思いのままの加工が行えます。スタジオでもライブでも、Spectrum Effectsはダイナミックな動きをLiveセットに加えます。 Spectrum Effectsについてさらに詳しく AutoBeat by K-Devices AutoBeatでルールを設定するだけで、リズムアレンジの可能性は無限大に広がります。AutoBeatはDrum Rackにシームレスに統合。また、メロディ用のフレキシブルなフレーズクリエイターとしても使用できます。 AutoBeatについてさらに詳しく RokVid by Adam Rokhsar RokVidは、ライブパフォーマー向けのパワフルなビデオソリューションです。シンプルな操作を念頭に開発されたRokVidでは、サウンドに反応する魅力的なビデオを簡単に生成できます。 RokVidについてさらに詳しく

REF - 新しい無償Max for Liveエンベロープフォロワー

Downloads

REF - 新しい無償Max for Liveエンベロープフォロワー

Max for Liveデバイスコレクションに新たに加わったK-DevicesのエンベロープフォロワーREFは、あなたの予想を裏切るデバイスになるかもしれません。ピークレスポンスカーブを好みに合わせてカスタマイズし、思いがけないサウンドを生み出すことができます。実演の様子を下からご覧ください。 REFは2013年5月31日まで無償で入手が可能です