dj-tech-toolsでタグ付けされているポスト

Liveとハードウェア・シンセを使用する - Mad ZachとDJ Tech Toolsのチュートリアル

Tutorials

Liveとハードウェア・シンセを使用する - Mad ZachとDJ Tech Toolsのチュートリアル

Ableton Liveは、サードパーティ製ツールに対しても非常にオープンな環境です。Liveは、VSTとAudio Unitの両プラグイン、および幅広いオーディオ・インターフェースとMIDIコントローラーにも対応しています。Liveはまた、ハードウェア・シンセサイザーでのシーケンシング、レコーディング、オートメーション、エディットにもフレキシブルに対応するツールです。DJ Tech ToolsのMad Zachによるこのチュートリアルで詳しくご覧ください。 DJ Tech Toolsで詳しく見る

Tutorials

Liveでピッチビルド・エフェクトを作成 ― Lenny Kiserによる新チュートリアル

最も汎用で意外なサウンドほど、エフェクトを「誤った」方法で使用することから生まれることがよくあります。Liveのディレイ・エフェクトはすべてデジタルですが、[RePitch]モードを使用してディレイタイムを調整することで、アナログスタイルのサウンドを得ることができます。DJ Tech Toolsの新チュートリアルでは、認定トレーナーのLenny Kiserがこのエフェクトを使用してピッチビルドを作成する方法を説明します。 ビデオで使用されているLiveセットをDJ Tech Toolsからダウンロード Lenny Kiserのレッスン受講をご希望の方は、2月8日からサンフランシスコにて次回コースが開講されます。

優れたスネア・ドラム・サウンドを作成する - Lenny Kiserのチュートリアル

Tutorials

優れたスネア・ドラム・サウンドを作成する - Lenny Kiserのチュートリアル

認定トレーナーのLenny Kiserはこう説明します。「ソング内で、スネアとキックがどちらも目立ちすぎてけんかしてしまっていることはよくあります」スネア・ドラムのサウンドをデザインし、ミックス内でのバランスをとることは、重要でありながら困難を伴うことが多い作業です。DJ Tech Toolsの新チュートリアルでは、これをテーマにLennyが熟練したテクニックを披露しています。下のビデオからご覧ください。 DJ Tech Toolsで詳しく見る Lennyのレッスンにご興味がおありでしたら、こちらから次期開講のコースについてご覧ください。サンフランシスコのFader Labで12月7日開講です。

Wax to Tracks - 5名の新進プロデューサーをフィーチャーしたDJ Tech Toolsコンテスト、無償ダウンロードも提供

Downloads

Wax to Tracks - 5名の新進プロデューサーをフィーチャーしたDJ Tech Toolsコンテスト、無償ダウンロードも提供

DJ Tech ToolsのWax to Tracksコンテストは、世界各国から集まった5名の新進プロデューサーをフィーチャーし、Live 9を使用してさらなる高みを目指す試みです。ゼロからのトラック作成やプロダクションのミックスまでさまざまなシナリオを想定し、えり抜きのAbletonユーザーが参加して行われるWax to Tracksは、その動向に目が離せないコンテストとなるでしょう。