chordでタグ付けされているポスト

Tutorials

Arpeggiatorでメロディをプログラミング & キーを変えずに編集 - Quantize Coursesの新チュートリアル

LiveのMIDIエフェクトは単体でも非常に万能ですが、組み合わせることでさらに便利に使用できます。Chordエフェクトを使用する場合、通常は(トリガーされた)根音に応じてトランスポーズされた1音のコードが聞こえます。しかし、Arpeggiatorをミックスに加えることで、より複雑なサウンドを得ることができます。Quantize Coursesの認定トレーナーKeith Millsの説明をご覧ください。 さらに進んで、同じキーのまま新しいシーケンスをピアノロール表示で編集する方法も学べます。 Quantize Coursesによるその他のチュートリアル

ベースラインに合う和音のメロディを作成する ― Ben MonoとProducertechによるチュートリアル

Tutorials

ベースラインに合う和音のメロディを作成する ― Ben MonoとProducertechによるチュートリアル

トラックでの作業中、優れたベースラインが出来上がっているのに、いいメロディが生まれてこない場合は?ベースのグルーヴに合うメロディが必要な場合、同じシーケンスを使用するのはいかがでしょう。Producertechの新しいチュートリアルビデオでは、ベルリンを拠点に活動するBen Monoが、ベースのシーケンスとLiveのChordとScaleのMIDIエフェクトを使用してハウスなメロディを作成する方法を実演説明します。 Producertechのその他のLiveチュートリアルを見る

Downloads

Holy Scale - 8bitbanditによるコード進行ラック

LiveのChordエフェクトは、複雑なコードをノートひとつで簡単に作成できます。8bitbanditの新しいMIDI Effect Rack、Holy Scaleはその進化形ともいえるもので、さまざまなキーのコード進行をカスタム作成できます。Holy Scaleをダウンロードし、好みのキーでロードし、いろんなノートでそのコードが再生されるか確認しましょう。 Holy Scaleをダウンロード