artistsでタグ付けされているポスト

Tec Beatz: Now we

Artists

Tec Beatz: Now we're here

Killer Mike、Busta Rhymes、Nellyなどのプロデューサーとして活躍するTec Beatzは、エキサイティングなりズムとメロディックなレイヤーに優れた聴覚を持つ一流のビートメイカーとしてその地位を確立しています。いち早くPushを導入したTec Beatzは、ハードウェアのフローと即時性をAbleton Liveの柔軟性と組み合わせたワークフローを構築しています。下のビデオでは、音楽制作におけるTec Beatzのバックグラウンドとアプローチについてをご覧いただけます。

RBMA 2013のQ-Tipレクチャー

Artists

RBMA 2013のQ-Tipレクチャー

A Tribe Called Questのメンバーとして、ソロアーティストとして、そしてNas、De La Soul、Kanye Westとのコラボレーションで、Q-Tipは誰もが認めるヒップホップの伝説としてその名を知られています。ニューヨークで開催されたRed Bull Music Academyで、Q-TipはヒップホップジャーナリストのJeff Maoのインタビューに答え、自身のキャリア、影響、ラップ、プロデュース業について語っています。

スタジオ、クラブ、スクリーンまで - LOPAZZ & Casio Casinoインタビュー

Artists

スタジオ、クラブ、スクリーンまで - LOPAZZ & Casio Casinoインタビュー

大都市の喧噪とプレッシャーから離れた美しい街ハイデルベルクは、ジャンルに縛られることなく頭角を示すミュージシャンを数多く輩出してきました。1970代にクラウトロックで名をはせたGuru GuruとハウスのパイオニアMove Dは、丘上に城を擁するこの中世都市を基盤に今でも活動しています。ハイデルベルクのプロダクションチームLOPAZZ & Casio Casinoも、この街で活動するアーティストのひとりです。エレクトロニクスを使用してライブインストゥルメントをミックスする自由性と、フロアを一杯にする巧妙なクラブトラックや世界旅行ドキュメンタリー用の刺激的なサウンドトラックを作曲する冒険心にあふれるデュオです。 AbletonはLOPAZZ(Stefan Eichinger)& Casio Casino(Steffen Neuert)のスタジオを訪ね、音楽の進化、テープマシン、ソフトウェア、クラブミュージックと映画音楽の違いについて話を聞きました。また、LOPAZZ & Casio Casinoはトラックxxxを公開し、役立つ制作テクニックを説明してくれています。このトラックは無償Liveセットとしてダウンロード可能です。 Get Physicalレーベルから2枚の12インチを発表したばかりのお二人ですが、かなり長期間一緒に活動されていますね。チームとして、また個人としての音楽のルーツについてお教えください。 Casio Casino:今年で、一緒に音楽活動を始めてから20年になります。バンドを通じて活動を始めたのですが、当時LOPAZZはギターとボーカル、私はドラム担当で、グランジ、クラウトロック、インディーをプレイしていました。1997年に初めてドラムマシン(Roland R8)を購入し、そこからゆっくりとスタジオを構築していきました。長い間、エレクトロニック音楽とアコースティック楽器をミックスした「Bergheim 34」という構成で演奏してきました。最近は、LOPAZZとともに映画音楽とエレクトロニック音楽の制作を行っています。 LOPAZZ:80年代後半に自分のバンドのレコーディングを始めましたが、本気で取り組み始めたのは、90年代前半にテープマシンを使用して他のバンドのレコーディングを始めたときからです。あの頃は、Butthole SurfersやWeenのような、かなり変わった音楽を録音したカセットテープを山のようにリリースしていました。その後、2003年にFreundinnen/OutputからAndreas Baumeckerがリリースした私のトラック「I Need Ya」やそれに続いてGet Physical Music、Cocoon、Poker Flatからリリースされた作品のおかげで世界中をツアーするようになり、またDJ T.、Gerd Jansonなど他のアーティストのプロデュース、ミキシング、マスタリングも行うようになりました。 音楽にソフトウェアを使用し始めたのはいつですか?現在はソフトとハードをどのようにご使用ですか? CC:かなり長い間テープマシンを使用していました。その後、ハードディスクレコーダーが登場してループや小さなMIDIスタジオの構築が可能になり、2000年になってようやくオーディオを安定実行できるコンピューターが登場しました。最初に使用したのはCubaseとLogicでした。その後すぐ、タイムストレッチとオーディオのマニピュレーション機能にひかれてLiveを使用し始めました。 それからしばらくの間、新たな可能性にすっかり圧倒されてしまいました。ありとあらゆるプラグインやソフトウェアインストゥルメントを試さなければと思ったものです。音楽制作では1本指で作業するよりも10本指を使う方が便利だと分かるまで、相当な数のブレークポイントをマウスを使って描画しました。今はもっと気楽に、ほとんど手を使って演奏しています。また、結果さえ良ければ、ソフトウェアの機能のすべてを知っておく必要はないと思うようになりました。 L:もともと、ソフトウェアやコンピューターが好きではありませんでした。ソフトウェアの使用に慣れるまで、かなり長い時間がかかりました。オーディオエンジンを使用してライブ演奏できる(バージョン6)ようになってから、Liveしか使用していません。スタジオにはたくさんの楽器と外部機器がありますが、そこでもLiveを使用しています。また、出先での作曲用ソフトとしても使用しています。もちろん、ライブではシーケンサーとしても使用しますよ。ハードウェアドラムマシン、シンセサイザー、ボーカル、ギターなどの楽器の録音を扱うことが多いので、レイアウトが整然としていて、オーディオ素材をさまざまな方法で扱えることが私には重要です。 サウンドトラック制作を始めたきっかけは?また、どのような映画ですか? 1999年に、ここハイデルベルクのAlong Mekong Productionsの依頼で「Treasures of the World」というシリーズの2作品の音楽を作曲する機会を得たのがきっかけです。あらかじめ録音された音楽を使用する必要がないこと、音楽に注文を付けることができること、すべてがカスタムメイドであること、映画の編集に合わせて音楽を作成できることがプロダクションから評価されました。現在、ヨーロッパ国内のハイキングスポットと、ウィスキーやアブサンなどの蒸留酒に関する映画シリーズ、さらに東西ドイツ統一以降のドイツにおけるハウスおよびテクノシーンの始まりに関する映画を制作中です。さらにLOPAZZは、ベルリン映画祭で上映されたLaura Mahlbergの作品「Kalifornia」などの映画やさまざまなレーベルにサウンドデザインを提供しています。 映画音楽とクラブ音楽はどちらもある種の形式的制約を受けやすいものですが、特定のコンテキストで「機能」する音楽を作るという課題についてはどうお考えですか?やりがいを感じていらっしゃいますか? 映画音楽は、監督、編集者、映画のためのものです。映画音楽の作曲を始める際、まず映画の監督と原作者に会い、彼らのアイデアとビジョンについて話し合います。ここで得られる情報は作曲に欠かせないものです。これまでアラブ、アジア、アフリカ諸国に関するドキュメンタリー映画用の音楽を数多く制作しましたが、これにはいくらかの準備を必要としました。 クラブ音楽はDJとダンスフロアにいる人々のために制作されるものですが、その構成と制作はすべて自分次第です。もちろん、ここにも一定のルールはありますが、本質的に制限はありません。通常、スタジオではハードウェアを使用して作業するので、Liveは音楽を録音しアレンジするループサンプラーとして使用しています。できる限りセッションビューで作業し、トラックのラフアレンジが作成できた時点でアレンジメントビューのタイムラインに切り替えます。 -------------- LOPAZZ & Casio CasinoがトラックxxxのLiveセットを無償ダウンロード提供。クラブ向き素材とサウンドトラック用素材のちょうど中間にあたるこの作品では、彼らの制作スタイルをうかがい知ることができます。...

Red Bull Music Academyに登場したSimonne Jones

Artists

Red Bull Music Academyに登場したSimonne Jones

シンポジウム、音楽フェスティバル、ワークショップを組み合わせたRed Bull Music Academyは、エレクトロニック音楽における一大イベントです。例年どおりニューヨークで開催された今年のRed Bull Music Academyは、ブライアン・イーノやジョルジオ・モロダーといった正真正銘の伝説的ミュージシャンを含む名高いアーティストの数々を招き、世界各国から集まった若く新進気鋭のミュージシャン、プロデューサー、DJに対して先達の知識と経験を授ける場となりました。

Paula Templeが「Colonized」、Live 9、Pushについて語る

Artists

Paula Templeが「Colonized」、Live 9、Pushについて語る

熟練のエレクトロニックミュージシャンであり経験豊富なバイナル/デジタルDJでもあるPaula Templeの最新リリースには、Live 9とPushが活用されています。老舗レーベルR&Sからリリースされた「Colonized」は、ダークでアトモスフェリックなテクノサウンドスケープと同志Percによるリミックスを収録し、Paulaの新たなステートメントとなる作品となっています。

Christian Kleineの新アルバム、Max for Liveシンセ、Operator/Analogプリセット

Downloads

Christian Kleineの新アルバム、Max for Liveシンセ、Operator/Analogプリセット

Abletonの一員であり、アーティストとしても活躍するChristian Kleineは、Max for LiveデバイスとOperatorプリセットの開発者として定評を受けています。90年代半ばから、Christianは、「プリンカーポップ」と呼ばれるジャンルで活躍するデュオHerrmann & Kleine名義で数々のアルバムやリミックスを発表してきました。

Troy Pierceのリミックスチュートリアル - Point Blankの新ビデオ

Tutorials

Troy Pierceのリミックスチュートリアル - Point Blankの新ビデオ

MinusでのソロワークやLouderbachでの活動、またレーベルItems & Thingsの共同設立者(Marc HouleとMagdaと共同)として、Troy Pierceは、Ableton Liveを使用した音楽制作における経験が豊富です。そんなTroyが、Tomas Moreの「No One Is Out」のLouderbachリミックスをLiveセット題材に、自身のリミックスのテクニックについてPoint BlankのMarcus Barnesとともに説明しています。下からビデオをご覧ください。

Nosaj Thing & Chance the Rapper - Pushを使用したゼロからのコラボレーション

Artists

Nosaj Thing & Chance the Rapper - Pushを使用したゼロからのコラボレーション

Yours Trulyの「Songs from Scratch」シリーズでは、LAを中心に活躍するNosaj Thingと人気急上昇中のChance the Rapperのコラボレーションによる、長くクリエイティブなワンセッションでの「Paranoia」のトラックメイキングが紹介されています。NosajがPushについて語る「Paranoia」制作ドキュメンタリーをご覧ください。

オルガン、コーラス、コントロールバイナル - Jake WilliamsとMax for Live

Artists

オルガン、コーラス、コントロールバイナル - Jake WilliamsとMax for Live

最近のパフォーマンス作品での活動に平行して、Jake WilliamsはMs. PinkyコントロールバイナルをLiveでコントローラーとして使用するためのMax for Liveデバイスのセットを作成しました。ライブバンドとともに、Jakeはこのバイナルを使用してビートやパラメーターをトリガー&マニピュレートします。下のビデオでは、聖歌隊のサンプルを使用したカスタムのグラニュラーシンセも操作しています。

ハーモニックトライアングル - Christopher Willitsが説明するPushでのメロディ作成

News

ハーモニックトライアングル - Christopher Willitsが説明するPushでのメロディ作成

Christopher Willitsは、自身のビデオシリーズ「CREATE」の第1回で、アルバム「Ancient Future」での坂本龍一とのコラボレーションについて紹介しています。CREATE最新エピソードで、ChristopherはPushとそのインキーモードに焦点を当てています。「これまで長い間、僕たちは皆、ピアノではないものに対してピアノインターフェースを使用することから逃れられずにいました。これで、そのような状態から解放されます」

Audio-reactive visuals: Interview with Synnack & 0xf8

Artists

Audio-reactive visuals: Interview with Synnack & 0xf8

Synnack is the artistic moniker of Clint Michael Sand, experimental electronic artist and creator and host of the user community for Max for Live on www.maxforlive.com. Starting in 2007, Sand teamed up with Jennifer McClain aka 0xf8 to create live visuals for Synnack performances, in which custom footage is remixed and manipulated in real time. We recently spoke to Clint and Jennifer about their unique, reactive audio-visual performance setup.