artistsでタグ付けされているポスト

Troy Pierceのリミックスチュートリアル - Point Blankの新ビデオ

Tutorials

Troy Pierceのリミックスチュートリアル - Point Blankの新ビデオ

MinusでのソロワークやLouderbachでの活動、またレーベルItems & Thingsの共同設立者(Marc HouleとMagdaと共同)として、Troy Pierceは、Ableton Liveを使用した音楽制作における経験が豊富です。そんなTroyが、Tomas Moreの「No One Is Out」のLouderbachリミックスをLiveセット題材に、自身のリミックスのテクニックについてPoint BlankのMarcus Barnesとともに説明しています。下からビデオをご覧ください。

Nosaj Thing & Chance the Rapper - Pushを使用したゼロからのコラボレーション

Artists

Nosaj Thing & Chance the Rapper - Pushを使用したゼロからのコラボレーション

Yours Trulyの「Songs from Scratch」シリーズでは、LAを中心に活躍するNosaj Thingと人気急上昇中のChance the Rapperのコラボレーションによる、長くクリエイティブなワンセッションでの「Paranoia」のトラックメイキングが紹介されています。NosajがPushについて語る「Paranoia」制作ドキュメンタリーをご覧ください。

オルガン、コーラス、コントロールバイナル - Jake WilliamsとMax for Live

Artists

オルガン、コーラス、コントロールバイナル - Jake WilliamsとMax for Live

最近のパフォーマンス作品での活動に平行して、Jake WilliamsはMs. PinkyコントロールバイナルをLiveでコントローラーとして使用するためのMax for Liveデバイスのセットを作成しました。ライブバンドとともに、Jakeはこのバイナルを使用してビートやパラメーターをトリガー&マニピュレートします。下のビデオでは、聖歌隊のサンプルを使用したカスタムのグラニュラーシンセも操作しています。

ハーモニックトライアングル - Christopher Willitsが説明するPushでのメロディ作成

News

ハーモニックトライアングル - Christopher Willitsが説明するPushでのメロディ作成

Christopher Willitsは、自身のビデオシリーズ「CREATE」の第1回で、アルバム「Ancient Future」での坂本龍一とのコラボレーションについて紹介しています。CREATE最新エピソードで、ChristopherはPushとそのインキーモードに焦点を当てています。「これまで長い間、僕たちは皆、ピアノではないものに対してピアノインターフェースを使用することから逃れられずにいました。これで、そのような状態から解放されます」

Machinedrum:周波数の深淵へ

Artists

Machinedrum:周波数の深淵へ

これまで10年にわたり、Machinedrum名義で活躍するTravis Stewartは、ヒップホップ、ジューク、ジャングル、ハウスのインストゥルメンタルフュージョンである自身のサウンドをより洗練されたものへと磨き上げてきました。また、複雑な作品をダンスフロア用に加工する手法を理解している冒険的なプロデューサーとしても高い評価を得ています。2011年、彼はPlanet Muからリリースしたアルバム「Room(s)」で賞賛を浴びました。その後ベルリンへと居を移し、Machinedrum名義のソロとして、またはSepalcureのメンバーとしてめまぐるしいツアースケジュールをこなしながら、ベースに比重を置いたサウンドを探求するいくつかのシングル、EP、ミックスをリリースしています。