サポートに問い合わせる または 他のLiveユーザーに質問する

Ableton Live 8.4ベータで64ビットに対応

64bit_webbanner_556.png

Abletonは、64ビットにネイティブ対応したLive 8.4のベータ版を発表いたします。 64ビットに対応したことにより、Live 8ではより大容量のメモリを使用することができ、また64ビット対応のサードパーティ製プラグインや64ビットReWire構成を利用することができるようになります。 Live 8、Suite 8、IntroまたはLive Lite 8の登録ユーザ様は、今すぐベータをダウンロードしていただけます。

ベータをダウンロード

64ビットバージョンのLiveは、Windows Vista/7/8(64ビット)を実行するコンピュータおよびOS X 10.5以降で動作するIntel Macでご使用いただけます。 64ビットバージョンのLiveは、Max for Live、ビデオ、The Bridgeに対応していません。 Abletonは現在パートナー各社と提携し、これらの機能への対応を進めています。

64ビットバージョンのLive 8の利点と制限について詳しく見る

リリース版のLive 8.4は追って入手可能となります。Live 8、Suite 8、Live Intro、Live Lite 8の登録ユーザ様には、無償アップデートとして提供されます。